転職面接前の女性必見!基本的な服装マナーとおすすめコーデ

転職面接で第一印象を大きく左右するのが服装です。男性に比べて選択肢が多い女性は、何を着ていけばいいのか迷う方も多いはず。転職面接の服装マナー、業界ごとのポイント、おすすめのコーディネートを詳しくご紹介します。

転職面接にのぞむ前に要チェック!女性の服装マナー

転職面接で大切なことは、面接官に「一緒に働きたい」と感じてもらうこと。その要素の一部が服装です。誰にでも好感を持ってもらえるような、シックでシンプルな服装を心がける必要があります。そして何より清潔感があり、ビジネスの場にふさわしいかが重要です。

スーツはデザイン性の高いものではなく、一般的なビジネススーツがいいでしょう。

転職面接に適したスーツの色・デザイン・サイズ

スーツはブラック、ネイビー、ダークグレーなどベーシックな色合いにのものを選びましょう。ジャケットのラペル(襟)の形も微妙に違うので、自分の体型や輪郭に合うものを選ぶことで印象が変わります。
また、サイズの合わないスーツはだらしない印象を与えてしまいます。肩幅や身幅、袖丈などを確認し、ジャストフィットのスーツを選びましょう。
男性と違って女性は、ジャケットのボタンはボタンの数に関係なくすべて留めます。

インナーは胸元が開きすぎるものはNG。肌の露出を控えたシンプルで品のあるブラウスやカットソー、シャツがおすすめです。
また、企業から服装の指示があった場合は、その内容に従いましょう。

▽服装で悩み中の方必見!転職活動中の人々と意見交換してみませんか?
転職活動中のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20190111120959j:plain出典:fotolia

女性はスーツじゃなくてもOK?スーツ以外の選択肢とは

企業から「私服でお越しください」「服装自由です」と言われた場合や、ITなど業界や企業によっては、スーツ以外の服装でも問題ありません。企業が服装を指定する理由とスーツ以外の選択肢についてご紹介します。

転職面接で企業が服装を指定する理由とは?

1.応募者の判断力、常識があるかを確認している

面接の場であることをわきまえて、TPOに合った服装ができるかどうかを見ています。

2.パーソナリティを見極める

社風に合うか、パーソナリティを見極めるためです。

3.自由な社風であることを知ってもらいたい

応募者に自由な社風であるということ、風土や雰囲気を伝えるという意図があります。

スーツ以外の女性の服装は?

女性がスーツ以外で面接にのぞむ場合、上下を組み合わせて着用するセットアップやワンピースにジャケットを組み合わせるビジネスカジュアルのスタイルがおすすめです。
「カジュアル」と言ってもジーンズやTシャツ、派手な色目や奇抜なデザイン、肌の露出が多すぎるような服装はNGです。あくまでもビジネスシーンにふさわしいスタイルであることが前提です。 

新卒時とはどう違う?転職面接にふさわしい服装の特徴

新卒の就職活動ではリクルートスーツが定番ですが、キャリア採用(中途採用)の転職面接では経験年数や年齢相応のスーツを選ぶことが大切です。
第二新卒の場合、リクルートスーツを着用しても違和感はありませんが、社会人経験3年以上の方は、リクルートスーツは面接官に幼い印象を与えてしまいます。
また、応募する企業の業界特性や社風、職種に合わせて服装を選ぶのもいいでしょう。

パンツスーツ

営業職や専門職を目指す方は、ベーシックカラーやライトグレー、無地ピンストライプのパンツスーツで活動的でキャリアがある女性を演出しましょう。

スカート

スカートはタイトかセミタイト。サイドプリーツのスカートは歩きやすく、座位のスタイルが美しく見えます。丈は立った状態でひざが隠れる程度、座った状態で膝上5cmが基本です。

セットアップスーツ

ブラック、ネイビーのジャケットにグレーやベージュのスカートやパンツのセットアップは、IT企業や外資系、美容業界など女性が活躍する業界におすすめです。
セットアップは、インナーに白を合わせ、全体を2色でまとめることがポイントです。 

インナー

ブラックやネイビーの無地のスーツにシャツを合わせる場合は、淡いピンクやブルー、ピンストライプを選びましょう。白いシャツは新卒のように見えるので、要注意。
丸首やVネックのブラウスを着用する時は、挨拶した時に胸元が見えないか必ず確認しましょう。
白のボウタイブラウスは落ち着いた印象を与えるので、キャリア層におすすめです。

業種・職種別のおすすめの服装

メーカーや商社、金融系など堅いイメージの業種の場合、ブラックやネイビーのベーシックカラーのスーツで、スカートをおすすめします。

転職女性におすすめの服装は?スーツのコーデ例

転職面接におすすめのスーツのコーディネートを季節ごとにご紹介します。

春・秋

スーツはネイビー、グレー、ベージュなどがおすすめ。ピンストライプはストライプの間隔が狭くなるほど、エレガントになります。
インナーにはシフォン素材のブラウスを合わせると、デコルテがすっきり見えて柔らかな印象を与えます。春先や晩秋などの肌寒い時期にコートを着る場合は、ベーシックなトレンチコートを選びましょう。

ライトグレーやベージュのスーツに白のインナーを合わせると爽やかで涼しげな印象になります。襟元はノーカラーのブラウスやカットソーですっきり見せましょう。

スーツはブラック、ネイビー、ダークグレーなどがおすすめ。
コートはシンプルなデザインのものにしましょう。ファーが襟についたものやフードつきは面接の服装に適していません。
インナーは首元が寒々しく感じないように襟付きのブラウスやシャツ、ボウタイのブラウスを合わせます。

転職女性におすすめの服装は?スーツ以外のコーデ例

スーツ以外で面接にのぞむ場合、フォーマルすぎず、ビジネスの場に合う適度にカジュアルで、かつ清潔感と品位を損なわないスタイルがおすすめです。
ジャケットを基本にボトムとインナーを組み合わせます。トップスとボトムは濃淡を組み合わせ、しまって見せたい方を濃い色にします。

春・夏

ネイビー、ベージュのジャケットにひざが隠れる程度のフレアースカートを合わせると女性らしく、九分丈程度のクロップドパンツを合わせるとくるぶしが見えて、爽やかな印象になります。
綿やリネン素材のジャケットを選ぶと軽やかに感じられますが、皺になりやすいので気をつけましょう。
インナーはラウンドカットやスクエアカットの白のカットソーを合わせるとすっきりと見えます。

秋・冬

ブラック、ネイビーのジャケットにグレーのタイトスカートやテーパードパンツ、シンプルなワンピースを合わせます。

スーツ以外のコーディネートの注意点

タイトスカートはスリットが長すぎるものはNGです。また、身体のラインが出過ぎるものは避けましょう。
スーツではないからと奇抜なデザインや派手な色のコート、ムートンやパーカーなどカジュアルすぎるものは厳禁。あくまでもオフィスにふさわしいコーディネートを心がけなければいけません。

転職面接の服装はTPOに合わせつつ自分らしさを出そう

スーツでもスーツ以外でも、ビジネスの場にふさわしいかを考えて基本のマナーを守りながら、自分らしさを演出できるコーディネートをしましょう。体型や肌の色、希望職種のイメージに合う服装を選択することで、自分らしさをアピールすることができます。

関連リンク

転職活動中のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180306182024p:plain

著者:Rinkyo

リクルートおよびリクルートエージェントなど数社の大手人材サービス企業で、営業・制作・広報・採用担当・キャリアコンサルタントを担当。
学生、若年層からキャリア層まで現在まで2,000名以上の面談実績あり。「就職・転職の専門家」として、就職支援とマッチングを得意領域とし、大学、専門学校にて就職セミナーを実施。海外在住経験あり。
・国家資格キャリアコンサルタント
・CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)
・第一種衛生管理者