転職面接前に知っておきたい!効果的な逆質問の方法とマナー

「最後に質問はありますか?」面接の締め括りに求められる逆質問。ここでの質問内容が面接官の印象を左右するとも言われており、転職成功のために「逆質問対策」は必須です。ここでは逆質問のコツや模範例などについて解説します。

転職面接で逆質問をする目的は?基本マナーも紹介

「最後に何か質問はありますか?」
面接の締め括りには必ずと言ってよいほど逆質問を求められます。面接官が逆質問をするのは決して親切心によるものではありません。逆質問には明確な意図があるということをまずは知っておいてください。

面接官の意図とは何か?

(1)企業研究の深さを知る

応募者が深く企業研究を行っているならば、「企業に対し、何かしら確認したいことがあるはず」と面接官は考えています。

(2)仕事への意欲を知る

「自分のやりたいことが明確な応募者なら、入社後の自分をイメージしているはず」と面接官は考えています。

(3)応募の本気度を知る

せっかく質問の機会を与えられても「質問はありません」という答えでは意欲に乏しいと判断されかねません。入社への熱意があるならそれ相応のレスポンスがあるものと面接官は期待をしています。

これらを総合すると、「逆質問」とは言わば「形を変えた自己アピール」です。その場の思いつきで質問をするのでなく、事前にいくつかの質問を用意して面接に臨まなければいけません。

▽気になるみんなの転職。口コミをチェック!
転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20181221162953j:plain出典:fotolia

転職面接前に要チェック!逆質問の模範例

次に逆質問に相応しい具体例をカテゴリー別にいくつか紹介しましょう。

企業研究の深さが伝わる質問

Q1.最大競合であるA社との差別化を図るためどのような取り組みをされていますか?

Q2.御社の最大の強みは「○○である」と認識しておりますが、これらを活かした今後の展開についてお聞かせください。

※質問から業界・企業研究をしっかり行っていることが伺えます。企業の未来に対する仮説を検証しようとしているところも歓迎されるポイントです。

入社後をイメージするための質問

Q1.私と同年代の中途入社の方がいらっしゃいましたら、その方のお仕事や活躍度合いなどを教えてください。

Q2.○○職の成果はどのような観点で評価されますか?

※入社後のイメージについての質問は「この人はどんな仕事をするだろうか」という期待を相手に持たせるものであり、入社への熱意をアピールすることができます。

意欲をアピールするための質問

Q1.入社後、具体的なプロジェクトなどに参加するまでにはどのくらいの期間が必要になるのでしょうか?

Q2.私の経験・スキルにおいて足りない部分を教えてください。

※入社後のイメージが膨らむ内容であり、成長したいという意欲が感じられます。

強みをアピールするための質問

Q1.これまで○○としてのキャリアを積んできましたが、御社でそれを活かしていくために足りないものを教えてください。

Q2.仕事の幅を広げるために○○と○○の資格を取得していますが、御社の業務においても活用できますか?

※強み・長所を端的にアピールしつつ謙虚な聞き方をしている例です。強みをアピールする際は相手に自慢ととられないように注意しましょう

役員・社長面接での質問

Q1.御社の創業からの企業理念である「○○」という言葉に深く共感いたしました。その企業理念はどのように育まれたものなのでしょうか?

Q2.社長様が御社の人材に対して求めていることとは何でしょうか?

※経営者・企業文化への共感は重要なポイント。エグゼクティブにしか聞けない質問をしっかり吟味することも大切です。

転職面接前に要チェック!逆質問のNG例

次に逆質問としてNGとなる例を紹介します。

誰でも調べられる内容についての質問

「主要取引先を教えてください」「御社のサービス・商品について教えてください」など、調べればすぐ分かるような質問は「この人は企業研究を行っていないな」という印象を与えます。

質疑応答の繰り返しとなる質問

すでに質疑応答において面接官が語った内容を繰り返し聞く行為は「面接に集中していない」という印象を与えてしまいます。さらに入社への本気度を疑われる恐れもあるので注意が必要です。

労働条件の確認に過ぎない質問

「休日は必ず休めるのでしょうか?」「福利厚生にはどんなものがありますか?」などの質問は、「仕事に対する価値観」を疑われてしまいます。「条件さえ良ければどこでもよいのでは?」という印象を与え、熱意のない人と判断されてしまいます。

聞くべき相手を間違えた質問

たとえば面接官が一般社員であるのに「経営ビジョン」や「人材観」などを聞いても十分な答えは期待できません。またエグゼクティブに「職場の雰囲気はどうですか?」などの質問をするのも失礼です、相手の立場・役職を考慮し、質問内容を吟味することをお忘れなく。

質問の意図が不明な質問

事前準備をせず思いつきで適当な質問をして乗り切ろうとすると、意味のない質問になる可能性が大。しっかりと準備をすることでこのような事態は防げるはずです。


転職面接で用意してきた質問を忘れたときの対処法

どれだけ十分な準備をしたとしても、緊張でアタマが真っ白に…という可能性もゼロではありません。面接に臨むにあたり、こんな不測の事態も想定しておく必要があります。

質問を忘れてしまった場合の対処法

「とにかく何か質問しなければ」とあせるのは禁物。前項でお伝えした通り、意図が不明な質問ならしないほうが賢明です。質問を忘れてしまったら咄嗟にアタマを切り替え、次の方法を試してみましょう。

1.自己PRに切り替えてしまう

質疑応答を振り返り、補足できる部分を探す。
             ↓
質疑応答を補足したいと提案し、許可を得られたら補足説明に充てる

例)「質疑応答の中ですでに十分なお答えをいただいています」と質問がないことを伝えた上で「質問の代わりと言っては恐縮ですが、先ほど○○についてご質問いただきましたが補足したい部分がありますので、そちらの説明をさせていただいてもよろしいでしょうか」と提案してみましょう。ほとんどの場合は承認してもらえるはずです。

2.十分な回答が得られたことを説明しながら、企業に対する共感を伝える。

自己PRに転換するのが難しい場合は以下のように締め括りましょう。

例)「社風について、仕事内容、入社後のイメージなどいくつも質問を用意していたのですが、私が知りたいと思っていたことについては十分答えていただきました。お陰様でいっそう御社で活躍させていただきたいという気持ちが強くなりました」

万一質問を忘れてしまっても、落ち着いて対処することが肝心です。

転職面接で逆質問のチャンスを有効活用しよう!

転職面接での逆質問はさらなる自己PRのチャンス。しっかりと事前準備を行えば何も恐れることはありません。「終わり良ければ総て良し」が面接の定石。面接官に良い印象を与えて面接を終えるよう心がけてください。

関連リンク

転職求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ
転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180305160139j:plain

著者:平野輝樹

フリーランスライター
1989年リクルート入社。情報誌の企画・制作業務に携わる。
2001年フリーランスとして独立。現在は企業向けに人材採用・教育、広報関連のコンサルティング業務と各種メディアでのライティングを行う。
1965年生まれ・52歳 栃木県在住