大学のサークルやバイト先で先輩に好かれる&可愛いがられる方法とは

大学生になると、サークルやアルバイトなど、先輩と接する機会が多くなりますね。そんな先輩たちから好かれ、可愛いがられると何かとメリットが多いもの。先輩に好かれる後輩になるために、押さえておきたいポイントをご紹介します。

先輩に好かれる、可愛いがられるメリットとは

先輩に可愛いがってもらえるようになると、何かのときには先輩を頼れるというメリットがあります。自分の知らないことも、いろいろ教えてもらえますよね。具体的には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

大学生活について教えてもらえる

大学生活で先輩から教えてもらえると何かと便利なことがたくさんです。同じ大学の先輩なら、単位の取りやすい授業の情報や、テストのコツなども聞けます。勉強以外では、就職活動の進め方なども先輩の体験やアドバイスはとても参考になるはずです。

アルバイトで困ったときの相談も

アルバイトで仕事がなかなか覚えられない、学校との両立が難しい、そんなときにも先輩に相談すると、役立つアドバイスがもらえます。トラブルやミスも先輩から好かれていればうまくカバーしてもらえるかもしれません。

社会人になってからも役立つ

将来社会人になってからも、先輩から可愛いがられることは大切です。特に、新入社員の頃は、右も左もわかりませんよね。先輩に好かれていると、しっかりと支えてもらいながら仕事でき、成長していけます。

▽大学別に講義や教授のクチコミをチェック!
講義情報 授業評価 大学別の掲示板 サークル情報 みんなのキャンパス

f:id:hito-contents:20181226153043j:plain出典:fotolia

大学のサークルやバイトで先輩に嫌われる後輩とは

中には、先輩からあまり面倒を見てもらえない後輩も見かけますよね。先輩から好かれない後輩には、次のような特徴があります。先輩に好かれたいと思っているならNGな行動ですので、思いあたることがあったら絶対にストップしましょう。

挨拶など人付き合いの基本的ルールが守れない

挨拶をしない、時間にルーズなど、人付き合いの基本的なルールが守れない人は先輩からも好かれません。

悪口や陰口を言う

悪口や陰口を言う人は、人から好かれることはありません。また、自分の評価を下げてしまうものですので注意しましょう。信用もされなくなってしまいます。

不満ばかり言って努力をしない

先輩がせっかく親身になって教えたり、相談を受けたりしても、全然努力をしない後輩だったらがっかりしてしまうもの。結果、「アドバイスしても無駄だから放っておこう」ということにもなりかねません。後輩が頑張っているからこそ、先輩はきちんと支えてあげようと思うものです。やたらと不満ばかり言うだけで行動しない人も、先輩からは敬遠されることになります。

先輩に好かれる、可愛いがられる方法(1)積極的に話しかける

では、具体的にどのように行動すれば先輩に好かれるのでしょうか?まずは積極的に挨拶をしたり話しかけたりすることが大切です。とはいえ、最初はなかなか慣れない、きっかけをつかめいないという人もいるのでは?そのような場合におすすめの方法2つをご紹介します。

いつも笑顔で話しかけやすい雰囲気を作っておく

先輩と関わり始めて日が浅く、いきなり自分から先輩に近づいていくことは難しいという場合には、まずは笑顔で話しかけやすい雰囲気を作っておきましょう。人間関係に慣れないうちは、先輩のほうからコミュニケーションを取ってくれることも頻繁にあります。

また、いつも笑顔の人にはよい印象を持つものです。普段から表情に気をつけておき、コミュニケーションの機会を逃さないいようにしましょう。

先輩を見かけたら駆け寄って挨拶すると効果的

先輩と会ったときに挨拶をするのは、基本的なこと。一歩進んで好かれるようになるには、遠くで先輩を見かけたら、駆け寄って挨拶をすることが効果的です。先輩は「わざわざ自分を見かけて声をかけてくれた」と印象に残ります。

先輩に好かれる、可愛いがられる方法(2)悩みやわからないことを相談する

悩みやわからないことがあったら、先輩に相談してみるのもおすすめ。先輩は、後輩から頼りにされているとわかるとうれしいものです。もし、後輩が相談をしてきたら、先輩なら何とか力にならなければと思うはず。それも、後輩が自分の弱さをさらけだしているならなおさらです。

わからないことや悩みを積極的に相談しているうちに、先輩とのコミュニケーションも上手に取れるようになってきます。ぜひ実践してみてくださいね。

先輩に相談ごとをする場合の注意点

先輩に相談する場合には、何度も同じ内容はNG。先輩からすると「自分の話を聞いていないのでは」と思えるからです。毎日を振り返ると、聞きたいことや相談したいことは何かしら出てくるはずですので、内容を変えて相談するようにしましょう。また、せっかくアドバイスをくれた内容は否定しないようにすることも基本です。真剣に考えた答えや意見が否定されると、次からはもう答えてもらえなくなってしまいます。

先輩に好かれる、可愛いがられる方法(3)感謝の気持ちや尊敬の気持ちなどをストレートに伝える

先輩には、感謝の気持ちや尊敬の気持ちをきちんと伝えましょう。言葉に出してストレートに伝えられると、純粋に後輩のことをかわいいと思えてきます。そうなると、自然と接する態度も変わってきて、実際によく面倒を見てくれるようになるでしょう。

先輩から何かしてもらったらお礼を

相談を聞いてもらったなど、ちょっとしたことでもお礼の言葉を伝えるようにしましょう。また、その瞬間だけでなく、後日「先輩にこの前相談を聞いてもらったから」と、差し入れなどちょっとしたお礼をするのも効果的です。

先輩に好かれる、可愛いがられる方法(4)聞き上手になる

先輩の話を聞くときには、聞き上手になりましょう。人は話をしっかりと聞いてくれる人には心を開きますし、一緒にいることが心地よくなるもの。聞き上手になるためのコツは次の2つです。

相槌を打ちながら真剣に聞く

話を聞くといっても、ただ聞いているだけではいけません。相槌を打ちながら、聞いていることを先輩にアピールしましょう。目線を合わせることも効果的です。意見を求められたときには、正直に考えを述べましょう。

知っている話でもさえぎらない

先輩と話をしていると、とき「この話前にも聞いたことがある」と思うことがあるかもしれません。それでも、途中でさえぎらずにきちんと聞くことが大切です。

大学時代先輩に好かれる体質を作っておけば将来的にも役に立つ!

先輩に好かれていると力になってもらえることが多くなります。大学生のうちに先輩に好かれる体質になっていれば、社会人になってからも会社の先輩から気に入られ、うまくやっていけるはずです。好かれるようになるといっても、基本的には、先輩と仲よくなりたいという気持ちをアピールすることですから、難しく考えず、先輩とのコミュニケーションを増やしてみましょう。

関連リンク

講義情報 授業評価 大学別の掲示板 サークル情報 みんなのキャンパス

f:id:epb0804:20180124162809p:plain

著者:みゅぜ

フリーライター。大手GMSでのアルバイトを中心に、空き時間には各種調査からテレアポ、イベントスタッフなどさまざまなアルバイトの経験を重ねる。ライターとして独立後は、就職支援サイトでのニュースや自己の経験を元にした多数の記事執筆を行っている。