合コン後に気になる女子へはどう連絡すべき?ラインの送り方を解説!

合コンで気になる女子がいた場合には、ぜひデートまでつなげたいものですよね。LINE(ライン)交換後、どのように連絡すればまた会えるのでしょうか?今回は、気になる女子へ合コン後のラインの送り方を解説します。

合コン後のラインはいつ送るべき?デートに誘うおすすめのタイミングは?

合コン後には、合コンの楽しいテンションが続いているうちに、できるだけ早くお礼のLINE(ライン)を送りましょう。デートに誘うラインは後日がベストです。

ファーストコンタクトは合コン終了当日中に

合コン後、最初に女子に送るラインは、合コンのお礼。できるだけ合コン終了当日、合コンが遅い時間に終わった場合は、少なくとも翌日中に送りましょう。このとき、内容は簡単なもので構いませんが、合コンのお礼とまた話したいという意思を見せることがポイントです。

たとえば、「〇〇ちゃん今日はありがとう、たくさん話せてとても楽しかったよ。」「今日はありがとう!まだまだ〇〇ちゃんの話を聞きたいな」といった内容がおすすめ。相手の女子からも返事があり、やりとりすることになりますが、最後は「またね。おやすみ」といったように、再度ラインを送っても不自然ではない内容で締めましょう。

デートの誘いは翌日以降に

合コン翌日になったら、また改めてラインを送りましょう。終了当日には誘わないほうがよいのは、お酒が入ってノリで誘っていると思われるから。焦らず翌日以降に誘いのラインをしましょう。

大学ごとに授業や教授の評価をチェック!
講義情報 授業評価 大学別の掲示板 サークル情報 みんなのキャンパス

f:id:hito-contents:20181218092125j:plain出典:pixabay

合コン後にデートに誘う場合はまずはラインを数回やりとりしてから

女の子によっては、いきなりデートに誘うのは警戒される場合もあるかもしれません。たとえ2回目のラインでもいきなりデートの誘いから始めずに、やりとりを繰り返してから誘うようにしましょう。

合コンで話した話題から始めると自然

2回目のラインは、簡単な挨拶とともに、合コンで話した話題から始めるとやりとりが自然です。デートに誘うのは、数回簡単なやりとりをし、返信がすぐ来る、話題にのってくれる、かわいい絵文字やスタンプがついているなど、脈ありな雰囲気が確認できたらにしましょう。ただし、あまり時間が空きすぎるとチャンスを逃してしまいますので注意。数回のやりとりで打ち解けて、まずは友達的なノリで誘いに持っていくことがコツです。

女の子は名前で呼ぶようにする

1対1のラインでは、やりとりで名前を呼びかけなくても問題ありませんが、親しくなりたいときは別。何か聞くときには、「〇〇ちゃんは映画も好きって言ってたよね」など、必ず相手の名前を入れると、親しくなった雰囲気を出すことができます。

スタンプや写真を効果的に使う

ラインを使うときに便利なスタンプ。ところどころにスタンプや写真を入れると、ラインのやりとりにメリハリがつきます。やりとりが途切れてしまった場合に、仕切り直すにも便利です。

【例文あり】ずばり合コン後のデートに成功するラインの内容は?

合コンからデートに成功するには、重くならない誘いにすることがコツ。いきなり気合いの入った誘いだと、女子からすると、「デートに行ったら付き合わないといけないのかな?」と考えてしまいます。人によっては、あとあと面倒そうだからデートも止めておこうと考えるので要注意です。気軽にOKがもらえるような誘い方をしましょう。

合コンで話していた内容を踏まえた誘いを

気軽に応じやすいデートは、合コンで話していた行きたいお店や、今話題のお店への誘いです。

  • 「この間〇〇ちゃんが話していたスイーツのお店、僕も行ってみたいと思ってたんだ。一緒に行ってみない?」
  • 「〇〇ちゃんサッカーが好きって言ってたよね?今度の試合、スポーツバーに見に行かない?すごい大画面で見られるんだ!」

というように、カジュアルな感じにまとめましょう。合コンで話していたことをきちんと文面に入れることがポイントです。

女子からすれば、自分が話したことを覚えてもらっていたということはうれしいもの。そして本当に行きたいと思っているところですから、脈ありならよほどのことがない限りOKしてくれるでしょう。

デートの日時や時間は複数の候補をあげる

また、デートに誘うときは、2~3個プランや日時をあげて、女子に選んでもらうようにしましょう。

たとえば、

  • 「僕は〇日と○日、○日が空いているんだけど、〇〇ちゃんはどうかな?」
  • 「イタリアンと鉄板焼きならどっちがいい?」

と具体的に提示します。相手に「いつがいい?」という聞き方では、決めるのに時間がかかりますし、チャンスを流してしまうことも。自分からリードするようにしましょう。

合コン後のNGなラインは?女子が敬遠するメッセージとは?

続いて、合コン後にやってはいけないラインのパターンをご紹介します。

長すぎるライン

気になる女子と仲よくなりたいと力が入りすぎ、メッセージが長くなってしまうのはよくありません。重い、面倒だと思われてしまいます。また、詳しい返信が必要なラインだと、返すことそのものが負担に感じて後回しにされることや、返信すらないことも。

一度合コンで話したとはいえ、まだお互いによく知らない状態です。まずは、返信しやすい内容のラインで、コミュニケーションを深めていくようにしましょう。短文でこまめにやりとりすることがおすすめです。メールとラインは違うということも意識しておきましょう。

テンプレ通りのライン

よくある合コンのお礼ラインを、そのまま参加者全員に送るのはよくありません。合コンに慣れている女子の場合は、テンプレ通りなので社交辞令だと受け取ります。

また、参加した女子同士で男子からの返信を共有するのもよくあること。誰にでも同じ内容のラインを送っていることがわかると、女子は気になっていた男子からであっても冷めてしまいます。

ラインを送るときは、相手によって内容を変えるようにするなど工夫が必要です。

彼氏面なラインもNG

いくら合コンで意気投合したからといって、もう親しくなったと勘違いして彼氏面をしたラインも、女子は引いてしまいます。たとえば、名前の呼び捨てや、一方的な決めつけは不快に感じる女性もいます。特にラインを活発にやりとりしていると、つい無意識にやってしまいがちなので気をつけましょう。

合コンで気になる女子がいたら積極的にアタック!

合コンで気になる女子がいたら、ぜひデートにつなげたいもの。まずはラインを活用して、親しくなることが最初の一歩です。やりとりを続けていくうちに、脈がありそうな場合は雰囲気でわかるようになりますので、積極的にデートに誘ってみましょう。せっかくのチャンスを逃さないよう、頑張ってくださいね。

関連リンク

講義情報 授業評価 大学別の掲示板 サークル情報 みんなのキャンパス

f:id:epb0804:20180124162809p:plain

著者:みゅぜ

フリーライター。大手GMSでのアルバイトを中心に、空き時間には各種調査からテレアポ、イベントスタッフなどさまざまなアルバイトの経験を重ねる。ライターとして独立後は、就職支援サイトでのニュースや自己の経験を元にした多数の記事執筆を行っている。