就活でリクルーターに選ばれる学生になろう!注目されるコツは?

新卒の採用選考に携わる社員には、人事担当者のほかにもリクルーターと呼ばれる人がいます。リクルーターに推薦してもらうことが、就活を有利に進めるカギ。そこで、リクルーターに選ばれる学生の特徴や選ばれるコツをご紹介します。

就活で接するリクルーターとはどんな人?リクルーター制度とは

まずは、企業のリクルーター制度についてご紹介します。

リクルーターとは

リクルーターとは、人事部の社員とは別に、採用にかかわる社員を指します。企業が採用に力を入れている大学や地域別に、リクルーターが選出されるのが通例です。
ゼミやサークルなどの繋がりで学生と接点がありそうな、入社3年目前後の若手社員が多い傾向にありますが、課長クラスの人がリクルーターを務めている場合もあります。

リクルーターの役割

リクルーターの役割は、人事から依頼されて採用活動を支援することです。主に担当するのは、学生のOB・OG訪問の対応です。
リクルーターと学生の面談は、社内の他、カフェや喫茶店などでカジュアルに実施される場合もあります。自分の専攻分野を活かせそうかなど、先輩だからこそ聞きたいことを相談できます。このような話し合いの場を通して、学生の企業への志望度を高めさせるというのがリクルーターの大きな役割です。

リクルーターの権限

リクルーターは、志望度を高めるのみで選考権がない場合もあれば、直接選考にかかわることもありますし、学生を評価して採用担当者に報告することもあります。報告内容を人事部が検討した結果、評価が下がることもあるということです。
リクルーター面談の有無が事実上の足切りになっており、リクルーター面談を断ると本選考に進めない会社も多いため、面談の機会があれば会っておきましょう。

リクルーター制度が盛んな業界

文理別に見ると、

  • 文系では銀行、保険など
  • 理系では自動車・輸送用機器、運輸・倉庫、素材・化学など

でリクルーターとの接触が多いという統計があります。
また、エネルギーやIT、建設・不動産業界などでもリクルーター制度が盛んです。

▽リクルーターについてのクチコミはこちらから
リクルーターって何のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20181210112759j:plain出典:fotolia

就活でリクルーターからアプローチされるタイミングは?

次に、就活でリクルーターからアプローチされるタイミングについてご紹介します。

正式な選考前に連絡が来る

最近の就活動向では、

  • 会社説明会・セミナーに参加した後
  • プレエントリーをした後
  • エントリーシートを提出した後

がリクルーターからアプローチを受けるタイミングとして多いです。

面接を通過してからではなく、その前の段階で選考を有利に進めるためのものであると認識しておきましょう。

同じ大学・研究室出身の先輩からのアプローチも

研究室やゼミの先輩が大学に訪問し、会社説明をしてくれ、エントリー前に相談に乗ってくれることもあります。

就活でリクルーターが注目する学生の特徴は?リクルーターに選ばれる人になるためのアピール方法

ここで、リクルーターが注目する学生の特徴をまとめてご紹介します。

リクルーターが注目する学生像とは

企業がリクルーターをつかせたいと思う学生像は、

  • 熱意のある学生
  • 入社後にやりたい仕事について真剣に考えている学生
  • 自社を明らかに第一志望にしている学生

です。

熱意のある学生の特徴

熱意は「行動力」や「積極性」に現れると考えましょう。
リクルーターは、インターンシップや業界研究セミナーなどに同席していることが多いため、質疑応答やグループディスカッションでの発言が多いほうが顔と名前を覚えてもらいやすくなります。

発言内容についても、キチョハナ(貴重なお話ありがとうございました)のようなその場しのぎのコメントだけはなく、自分なりの意見や質問を考えておきましょう。リクルーターに「光るものがある」と思ってもらえれば、自分の出身校ではない学生でも会ってくれることがあります。

やりたい仕事を表現するには

プレエントリーの段階で、入社後にやりたい仕事を質問されることがよくあります。
会社案内パンフレットやホームページで企業研究をして、「その会社の実際の仕事」を理解してから回答しましょう。「社会の役に立ちたい」など漠然とした回答や、他の企業に使いまわした回答より、事業の内容がしっかり盛り込まれているほうがリクルーターの目に止まりやすくなり、いち早く接触してくれるのです。

第一志望である意思表示の方法

企業が「この大学の学生が多く欲しい」と考える大学を訪問し、会社説明会を開くことがあります。その説明会で志望度が高いことをアピールするような質問をした学生にはその大学出身のリクルーターがついてサポートする、というのがよくある流れです。
志望度が高い会社に対しては、「御社が第一志望です」とストレートに話すのが得策です。

就活のリクルーター面談では何を聞かれる?突破するコツは?

リクルーター面談は通常の面接よりもカジュアルな形でおこなわれます。
ただし、通常OB・OG訪問として会う場合は選考に直接関係しませんが、リクルーター面談は選考過程の一部であると捉えましょう。
数回のリクルーター面談を経て一次面接に進めるなど、選考を兼ねている場合が多いので、次のような対策をして志望度をしっかりアピールすることが重要です。

志望度の確認をされた場合は

リクルーターに志望度を聞かれた場合、いきなり「絶対に入社します!」と言い切ってしまうよりも、さまざまな角度から質問や相談をしたほうが、真剣に会社選びをしていると評価してもらえます。
その会社に魅力を感じている点と、迷っている点をセットで素直に伝えるのが有効な方法です。

就活状況を聞かれた場合は

就活状況については、他社を受けるのは当然あり得ることなので、受けている業界や、会社名に言及しても構いません。志望企業群に一貫性があり、就活の軸がしっかりあるんだなと理解してもらえれば評価も高まります。
就活序盤なら、就活相談をしても構いません。プレエントリー後に自己分析を手伝ってもらうなど、リクルーターからESや面接を有利に進めるための手がかりを得ることもできるのです。

逆質問について

残業は多くないか、産休・育休は取りやすいのかなど、会社の制度について質問をして構いません。ただし、有給の取りやすさや年収など条件面ばかり気にするような質問をするのは逆効果です。
リクルーター面談には、採用のミスマッチを防ぐという目的もあります。条件面よりもまずは働き方の価値観が自分に合うのかどうか、真剣に質問しましょう。

就活のリクルーター面談は本番と思って取り組もう

正式な面接前にリクルーター面談を設けている企業が増えています。リクルーターがつくと就活を有利に進められるので、リクルーターに注目されるように、企業との接触時には意欲をアピールしましょう。リクルーターが学生を評価し、選考にかかわることもあるため、本番の面接と同様、真剣に臨みましょう。

参考

[1]就活生に聞いた「リクルーターとの接触経験」
[2]https://www.disc.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/09/recruiters201609.pdf
[3]2018.10.05

関連リンク

リクルーターって何のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20170929192026j:plain

著者:杉本 京子

産業カウンセラー/日本プロジェクトマネジメント協会(PMAJ)プロジェクトマネジメント・スペシャリスト
都内私立大学にて非常勤職員の傍ら、職業訓練講師や面接指導に従事。新卒・既卒者を対象に年間延べ100人以上の個別面接練習を行っている。