冬の合コンでモテる!大学生にオススメの服装まとめ【男女別】

冬の合コンでモテるには、服装選びが大切です。これまでの合コンでなかなか素敵な彼女彼氏に出会えなかった方は、もしかしたら合コン向きの服装ではなかったのかも…?モテるための冬の服装のポイントを、男女別にご紹介します。

冬の合コンでモテる服装【男子向けトップス&アウター】

冬の合コンで女性にモテる服装選びは、キレイめコーデやカジュアルコーデが基本です。男子大学生におすすめのトップス&アウターから見ていきましょう。

合コンで女性にモテるトップスは”清潔感と優しさ”がポイント

白や薄いブルー、パステルカラーなど、清潔感がある色のシャツと、ウール素材のニットの組み合わせがおすすめです。室内が暑くなってニットを脱ぐことを想定し、襟先をボタンで留めるボタンダウンなどの真面目な印象のシャツと組み合わせると、より清潔感が高まります。ニットは、優しい印象を与える網み目模様のケーブル編みニットなどを合わせましょう。

アウターで第一印象アップ

アウターは、トップスが淡い色や無地なら、黒系やトレンドのグレンチェックを取り入れてみましょう。キレイめコーデならチェスターコートを、カジュアルコーデならロング丈のカーディガンを合わせれば、合コンでの第一印象をよくすることができます。

キレイめコーデやカジュアルコーデに仕上げるには、カラーコーディネートも意識したいもの。トップスとアウターを淡い色や無地だけでまとめると、少々印象が薄くなります。トップスが淡い色なら、アウターは黒や紺などの濃い色で引き締めて存在感をアップさせましょう。また、黒いシャツや開襟シャツはワイルドで男らしいと思うかもしれませんが、女性からすると少々いかつい印象や遊び慣れているように見られることがあるので避けたほうが無難です。

▽大学ごとに授業や教授の評価をチェック!
講義情報 授業評価 大学別の掲示板 サークル情報 みんなのキャンパス

f:id:hito-contents:20181203105108j:plain出典:fotolia

冬の合コンでモテる服装【男子向けボトムス】

女子にモテる人気コーデを創り出すには、ボトムス選びも肝心です。シンプルなシャツには、細身のパンツを組み合わせると好印象に。デザインがスリムでも、伸縮性がある素材を選ぶと、座敷での合コンで長時間座っていても苦しくありません。

合コンでのボトムスはトップスとの色バランスや体型で選ぶ

トップスに基本通りの淡い色を選んだ場合は、黒や紺など濃い色のボトムスが相性抜群。反対に、トップスが濃いめのシャツなら、ベージュやグレーなど薄い色のスリムパンツを合わせることで、キレイめコーデが完成します。冬でもあえて白系ボトムスを選ぶとオシャレな印象に。

カジュアルコーデで決めるなら、ストレートのジーンズや、太ももがゆったりめで裾に向かって細くなっている、テーパードシルエットのチノパンも素敵です。女子から話しかけやすい印象を持ってもらえるはず。スリムパンツだと太めに見えたりO脚が気になったりする男子にもおすすめです。

せっかく素敵な女子と出会える合コンですから、ダボッとしたワイドパンツやヨレヨレのジーパンは、だらしない印象を与えるので避けましょう。また、トップスやアウターが無地だからといって、個性的すぎるデザインや派手な色柄、皮素材のボトムスを合わせるのはNGです。

冬の合コンでモテる服装【男子向け小物】

普段何気なく使っているバッグや靴、帽子といった小物は小物だからといって手を抜くと、女子からの評価を下げることに。細かいところまで女性はよく見ています。小物類を使いこなして合コンの服装を引き立てましょう。

冬の合コンだからこそ使いたいのがマフラー

安価なマフラーも多いですが、あえてカシミヤ素材など高級な素材を選ぶと、大人っぽさやセンスのよさを表現するのに使えます。女子は室内に入る前から服装をチェックしているので、マフラーにも気を使いましょう。

バッグ選びは大人っぽいぐらいがちょうどイイ

リュックタイプは合コンには少々不向き。小脇に抱えるタイプのクラッチバッグなら、女子に人気のキレイめコーデを引き立てて、上品な印象を与えます。ウールや綿など、素材によってカジュアルコーデにも使えます。

靴で男前を引き立てる

キレイめシャツに合わせるなら、黒の革靴がより男前を引き立てます。カジュアルコーデには、定番のローファーやサイドジッパー付きで着脱しやすいブーツもおすすめです。

冬の合コンでモテる服装【女子向けトップス&アウター】

冬の合コンで男子学生にモテるには、女子はどんなトップスやアウターを着ていけばよいのか、戦略を立てましょう。もしかしたら、合コンの出会いが結婚に結びつくかもしれません。男子にモテる服装は、ずばりキレイめコーデです。女子大学生の合コンにおすすめのトップスとアウターから見ていきましょう。

冬ならではのモテるトップス

男子が大好きなニットワンピやパステルカラーのフワフワニットは、モテるトップスの代表格です。上下の色が違うバイカラーのニットワンピなら、上品さもアピールできます。フワフワニットのデザインは甘くなりすぎないよう、濃いめのピンクなどは避けるのが無難。ほかにも、胸元が少し開いているデザインのトップスも女性らしさを印象付けるのにおすすめです。

合コンの第一印象をアップするアウター

冬の合コンの第一印象はアウターから始まっています。カッチリしたトレンチコートよりも、ファー付きのウールコートやカシミヤコートなど、柔らかい素材のほうが可愛らしさがアップします。ダウンコートなら、スポーティーになりすぎない、ウエストが絞ってあるデザインを選びましょう。

冬の合コンでモテる服装【女子向けボトムス】

合コンにパンツスタイルを選ぶと、男子が話しかけにくい雰囲気になることがあるのでNGです。ましてや、寒いからといって裏起毛付きジーンズなど、色気のないボトムスでは男子も幻滅。男子の気持ちを引き付けるなら、冬らしいウール素材のフレアスカートがおすすめです。

モテるボトムス選びはトップスとのバランスを考えて

無地や控えめの柄が入った暖色系のフレアスカートなら、パステルカラーのフワフワニットにも似合いますし、ポッチャリ体型も隠せます。体型に自信のある方は、体のラインが出せる白系のリブニットをトップスに持ってきて、ボルドー色のタック付きフレアスカートを合わせても好印象に。大胆な花柄は自己主張が強い性格に思われがちなので避けましょう。

合コンでどうしても寒色系ボトムスを選びたい時の注意点

ヒップラインが隠せるメリットがあるので、寒色系の紺や黒のボトムスを選びたい方もいらっしゃることでしょう。合コンにはあまりおすすめしませんが、生理などの事情で選びたいという場合は、柔らかい素材のフレアスカートやプリーツスカートを選び、オレンジやイエローといった暖色系、もしくは白のトップスと組み合わせて女性らしさを残しましょう。

冬の合コンでモテる服装【女子向け小物】

冬の合コンでは、ストールやスカーフ、バッグなど、女性らしいファッションを引き立てる小物はたくさんあります。合コンではどんなタイプが向いているかを知り、モテるための女子力を高めましょう。

ストールやスカーフで優しさを演出

ウール素材の大判ストールや、光沢のあるシルクスカーフをコートの上からさりげなく巻いておくと、外で待ち合わせした時やお店から出た後の帰り道も男子の視線を自然と顔に集めることができます。肌色をキレイに見せるラベンダー色やペーズリー柄など、優しい色柄がおすすめです。店内で外したストール類は、コートと一緒にハンガーに掛けておきましょう。

バッグは小さめとファー素材がポイント

女の子らしいコンパクトショルダーか、全面フェイクファー素材を使ったハンドバッグがおすすめです。ファー素材がすでに服装に入っている場合はうるさくなるので、シンプルな皮素材の小さめバッグでバランスをとりましょう。

靴は自己主張のないものを

靴選びにも、合コンで男子にモテるための基本があります。真っ赤なピンヒールなど、派手な色やデザインは目立ちますが、合コンに履いていくのはNGです。男子から、自己主張しすぎる性格かも、と思われかねません。5cm程度の高さのヒールで、服装を邪魔しない色を選びましょう。

アクセサリーは揺れるタイプがモテる

アクセサリーには、指輪やイヤリング、ネックレスなどがありますが、うるさくなりすぎないよう1~2カ所に留めましょう。おすすめなのはゆらゆら揺れるイヤリング。男子の視線を自分に集めることができますよ。小さめの揺れるゴールドイヤリングは、さりげなく大人女子をアピールするのに効果的。

冬の合コンに向けて自分の魅力がアピールできるコーデを決めよう!

冬の合コンでモテる要素を含んだ服装コーデは、男子学生は清潔感と優しさ、女子学生はキレイめと可愛さを中心に選びましょう。第一印象をよくするためには、アウター選びも慎重に。また、冬に使える素材のバッグやマフラー、アクセサリーなどの小物で大人っぽさをアピールして、モテ度を高めましょう。

関連リンク

講義情報 授業評価 大学別の掲示板 サークル情報 みんなのキャンパス

f:id:epb0804:20180906153501p:plain

著者:ひまわり

小さいころから、色々な職業に就いてみたい!と思っていましたが、実際、これまでに経験してきたアルバイトは、多岐に渡ります。コンビニや飲食店のアルバイトから始まり、美容室、アパレル店員、釣り具屋、お土産屋、ペットショップなど、接客業が中心です。どのアルバイトも自分の中の「好き」を優先して選んだため、知らないことを学べる喜びがありました。現在は、過去の経験を活かし、ライターとして日々奮闘中です。