アルバイトとインターンの掛け持ちは可能?具体的な方法と注意点

インターンは大学生にとって、就活を有利に進めるための貴重な機会です。しかし、ここでネックとなりやすいのが「アルバイトとインターンとの両立」。双方の掛け持ちをするために、あらかじめ知っておきたいことをまとめました。

アルバイトとインターンの掛け持ちは基本的に可能

まずアルバイトとインターンの両立は、基本的に可能です。企業側がインターン実習生の兼業を許可しており、かつあなたが無理なく「アルバイト、インターン、学業を全部こなせる!」と判断できる場合であれば、両立も難しくはないでしょう。

「両立は難しいかも…?」と思ったときは

ただ、アルバイトとインターンの両立は時間・体力的に厳しい面もあります。「両立は難しい」と感じた場合の対処法としては、以下の2つがあげられます。

インターンとアルバイトのスケジュールをずらす

インターンをする時期と、アルバイトをする時期をしっかりとわける方法です。双方の期間をずらすことで、無理なく両方の予定を入れられます。

給料がもらえるインターンのみに注力する

有給インターンが見つかった場合は、今までアルバイトで稼いでいた収入をインターンから得られるため、アルバイトとインターンを両立させる必要性そのものが薄れます。「両立は難しいかも」と思った時は、まず有給のインターンを探してみるとよいでしょう。

▽インターンでどんな体験できるの?求人をチェック!
インターン求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:hito-contents:20181106091021j:plain出典:fotolia

アルバイトとインターンを掛け持ちする方法

では次に、アルバイトとインターンを掛け持ちする方法について見てみましょう。アルバイトとインターンを掛け持ちする場合は、

  • 平日……インターンや大学に行く
  • 休日……アルバイトをする

というスケジュールになるのが一般的です。具体例を挙げるなら、月・火曜日は大学の講義を受け、水・木・金曜日はインターンに参加し、休日はアルバイトに行く…という1週間の流れです。

インターンの日程が平日に集中しやすい理由は、社員が実際に仕事をしている時間帯でないと、実習生の勉強にはならないため。中には土日も営業している企業もありますが、基本的にインターンの日程は平日になることが多いと覚えておきましょう。

また、アルバイトとインターンを両立させる場合は、他のことに注力する時間がなくなってしまいがちです。特にサークル活動には参加しにくくなるので、もしサークルに入っているのであれば早めに他のメンバーに欠席が多くなる旨を伝えましょう。

掛け持ちする際の注意点1:学業との兼ね合い

アルバイトとインターンを掛け持ちする際の1つめの注意点としては、「学業に支障が出ないようにすること」があげられます。大学生の本分はあくまで勉強。アルバイトとインターンの両立がうまくいっても、「疲れ果てているせいで講義中に寝てしまった」「勉強がおろそかになって単位を落としてしまった」という事態になってしまうと、元も子もありません。

アルバイトとインターンと学業を両立させるには?

アルバイト、インターン、学業の3つをそつなくこなすには、毎日のスケジュールを工夫する必要があります。

おさえておきたいポイントは、無駄な空き時間をつくらないこと。たとえば大学の授業の時間帯は午前もしくは午後のいずれかにまとめて、構内での待機時間をできるだけ減らします。どうしても暇ができてしまったときは、参考書を読んだり、インターン先の仕事の予習をしたりなどして、有意義に過ごしたいですね。

また、アルバイト先、大学、インターン先の立地が離れている場合は移動時間がかさみやすいので、アルバイト先を大学の近場に変えるなどして移動時間を圧縮したいところ。もし「アルバイト先は変えたくない」という場合は、月~水曜日はインターン、木・金は大学、土日はアルバイト、というように、1日に訪れる場所を1カ所にまとめるようにしてみてはいかがでしょうか。

インターンへの参加は大型休暇シーズンが狙い目

インターンへの参加は、できるだけ大学の講義が入りにくい時期(夏休みや、選択授業の講義が少ない時期)にすることをおすすめします。大型休暇シーズン以外の平日は、大学の講義とインターンの予定がかぶりやすく、スケジューリングが厳しくなりやすいためです。参考にしてみてくださいね。

掛け持ちする際の注意点2:インターンの労働条件

アルバイトとインターンを掛け持ちする際の2つめの注意点は、インターンの労働条件を事前に確認しておくことです。基本的にアルバイトとインターンの両立は可能ですが、前段で少し触れましたが、企業によってはインターン実習生の兼業を禁止している場合もあります。インターンへの参加を決める前に、先方の担当者などに話を聞くなどして、アルバイトとの両立が許可されているかどうかをチェックしておきましょう。

テスト期間は早めに先方に伝えよう

インターン実習生を受け入れている企業は、大学のカリキュラムに試験があることや、試験前に勉強時間が多く必要になることなどは十分把握しています。前もって企業にテスト期間について伝えておけば、インターンの日程の調整も行ってもらえることがほとんどです。早めの連絡を心がけてみてくださいね。

ブラックインターンシップに注意

ただし、インターンシップの中には、

・無給もしくは低賃金で長時間の労働を強いる
・大学を休学しなければならないほどの仕事量を学生に任せる

といった、学生の向上心につけこむ「ブラックインターンシップ」もあります。インターンは確かに大切ですが、学生生活に支障が出るほどの仕事量を任せてくる企業は黄信号です。長期的なインターンシップであっても、一般的なアルバイトと同じく退職希望日より1ヵ月前に申告すれば辞めることもできるので、「この会社はおかしい」と思ったらインターンの中断も視野に入れてみてください。

掛け持ちする際の注意点3:就職活動を見据える

アルバイトとインターンを掛け持ちする際の3つめの注意点は、目先の収入を優先しすぎるあまり、将来をおろそかにしすぎないことです。

「これ以上の両立はつらい」と感じる瞬間とは

アルバイトとインターンの両方を長期的にこなしていると、ふとしたタイミングで「きつい」「どちらか片方をやめたい」と感じることがあります。くじけそうになるタイミングとしては、テスト期間をはじめとする「やらなければならないこと」が増えたときや、趣味・サークル活動などの「やりたいこと」への我慢がきかなくなったとき、体力・時間的な厳しさを痛感したときなどがあります。

どちらか一方を優先しなければならないときは?

どうしても「これ以上の両立が厳しい」と思ったときは、アルバイトとインターンのうち、いずれか一方を中断する必要が出てくるでしょう。どちらを優先すべきかは状況によって変わりますが、経済状況がひっ迫していないのであれば、インターンを優先するのがおすすめです。インターンは学生にとって、志望企業の実態を自分で確かめられる絶好のチャンス。インターン中に企業担当者と懇意になれれば、就職面接の際に有利になることもあります。

アルバイトは確かに大学生にとって大切な収入源ですが、インターンを通して将来の目標に集中することも大切です。アルバイトとインターン、どちらか一方のみしかできない場合は、先を見据えた選択をするようにしてみてはいかがでしょうか。

アルバイトとインターンの掛け持ちは計画的に実践しよう!

「インターンもアルバイトも頑張りたい!」という向上心はすばらしいものですが、計画的にスケジュールを組まなかった場合、インターン先やアルバイト先に迷惑をかけてしまいます。上記の内容を参考に、アルバイトとインターンの無理のない両立を目指してみてくださいね。

関連リンク

インターン求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ
アルバイト求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:epb0804:20180124162803p:plain

著者:ritfiles

音楽と映画の世界を経て、ライター職へ。ビジネス系を中心にオールジャンルで活動しているフリーライターです。飲食店・映画制作会社・税務署・イベントホールなどでのアルバイト経験あり。