就活生なら知っておきたい!就活に役立つロジカルシンキングとは

効率的に物事を判断したり、理論的に説明したりする際に必要となるロジカルシンキング。ビジネスパーソンに求められるスキルですが、就活でも役に立ちます。今回は、就活生なら知っておきたいロジカルシンキングについてご紹介します。

就活生なら知っておきたい!ロジカルシンキングとは

ロジカルシンキングとは

ロジカルシンキング(logical thinking)とは、言葉の通り「理論的思考」という意味です。複雑な情報を細分化し、ある枠組みにそって整理・分析するスキルといってもいいかもしれません。整理・分析することで情報の因果関係を把握し、適切な判断によって結論を導き出すことが可能になります。合理的な判断や理論的な説明の際に有効なことから、企業の人材育成などにも導入されています。

ロジカルシンキングにより身につくことは、整理・分析能力のほか、発見する能力や問題を解決する能力なども考えられます。なぜなら、整理・分析した結果から過不足がないかを発見し、不足があれば不足した部分を補うために「どうしたらいいのか」を考える必要があるからです。さらに、枠組みにより情報の因果関係を理論的につなげていくことになるため、物事を組み立てる能力も身につくでしょう。

ロジカルシンキング実例

ロジカルシンキングを行う際に大切なのは、抜け漏れなく考えること。「なぜそうなのか?つまり何なのか?」ということを考えて深掘りすることが必要です。ロジカルシンキングを用いて物事を深掘りし整理・分析することによって、過不足や今後の課題が見つけやすくなり、問題解決へつながりやすくなります。

例えば、最近売り上げが落ち込んでいる飲食店から相談を持ちかけられたときに、「新しいメニューを出してみましょう」といきなり提案すると、「それが本当に良い案なのか」「適当にいっているのではないか」と店主に疑問を持たれてしまう可能性があります。しかし、以下のようにわかりやすい理由を挙げることで説得力が増し、相手は提案を受け入れやすくなります。

「以前の利益と今の利益を確認したところ、顧客と売り上げは変わっていませんでしたが、材料の高騰によって仕入れ値がかさんで利益が出ていないことがわかりました。材料を変えたメニューを作るか仕入れ先を変えてみると利益が上がる可能性があります。」

もちろん、ビジネスシーンだけでなく、自分自身のことでも整理・分析することができます。

例えば、「ダイエットしたいけど、どうしても成功しない」という問題を抱えていたとしましょう。

ダイエットできない理由は、「毎晩アイスクリームを食べてしまうから」
→毎晩アイスクリームを食べる理由は、頑張った自分へのご褒美がほしいから
→ご褒美がアイスクリームの理由は、帰宅途中にコンビニで気軽に買えるから

つまり、ダイエットできないのは「毎晩アイスクリームを食べるから」で、アイスクリームを食べる理由は「ご褒美がほしい」「帰宅途中にコンビニがある」「気軽に買える値段」ということになります。

解決策として考えられるのは、「ご褒美をアイスクリーム以外に変える」「帰宅順路を変えてコンビニを通らないようにする」などでしょう。

▽ロジカルシンキングを身につけて志望動機を自己PRをブラッシュアップ!
履歴書・エントリーシート・志望動機・自己PRのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20181005095620j:plain出典:fotolia

ロジカルシンキングは就活でどう活かせるのか?

ロジカルシンキングについて理解を深めたところで、どのように就活に活かしていくのかを解説しましょう。

より深く自己分析できるため説得力が増す

ロジカルシンキングを用いることで自己分析がより深くできるようになり、志望動機を書く際にわかりやすく伝えられるようになります。また、ロジカルシンキングが身についていれば、ディスカッションなどの際に論破できるチャンスも増えます。さらに、面接時に突然求められるロールプレイングなどにも、焦ることなく対応できます。もちろん、面接時の質問に対する答えも説得力があるものになるでしょう。

ときには就活が上手くいかず落ち込むこともあるかもしれませんが、ロジカルシンキングを鍛えていれば、上手くいかない状況を整理・分析することができ、合理的に解決策を見出すことができるはずです。

就職後の自身の姿を示せる

上記のように就活で幅広く活用できるロジカルシンキングですが、ロジカルシンキングが身についていることをアピールすることで、採用担当者に自身の将来の姿を示すこともできます。なぜなら、採用担当者は面接時に、就職してからどのように働くのかという可能性を見極めたいと考えているからです。ロジカルシンキングが身についていることを示せれば、仕事を始めた際にも話がわかりやすく、仕事がスムーズに進むという印象を与えることができるでしょう。

就活に活かしたい!ロジカルシンキングを伸ばすトレーニング方法

ロジカルシンキングを身につけるためにはいくつかのツールや手法が用いられますが、要はロジカルに物事を考えるクセをつけることが重要です。以下にトレーニング方法をご紹介します。

トレーニング方法

・「だから何?(So What?)」と「それはなぜ?(Why so?)」という質問を繰り返す
「ロジックツリー」と呼ばれる思考過程の階層を図形化してみましょう。

・片っ端から目についたものの存在意義を論理的に考えてみる
「だから何?」と「それはなぜ?」のトレーニングになります。まずは、興味あるものから始めましょう。

・事実と事実以外をわけてみる
妥当な事実を挙げることは、ほかの人を納得させる理論を形成する基盤になります。意見や解釈との違いを意識しながらわけてみましょう。

・意識して結論から話す
普段から、意識的に結論から話すクセをつけましょう。「結論→理由」の順で話せば、自分自身の頭の中も整理されるうえ、相手にも伝わりやすくなります。

そのほかの方法

・理論パズルを活用する
理論的に考えないと解くことができないクイズが掲載されたもの。
講談社「史上最強の論理パズル―ポイントを見抜く力を養う60問」小野田 博一(著)
世界文化社「論理的思考力を鍛えるための50のパズル」今井 洋輔(著)など

・本を活用する
ロジカルシンキングを鍛えるために本を活用するのもひとつの方法です。
SBクリエイティブ「1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術」伊藤 羊一(著)
ダイヤモンド社「世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく」渡辺 健介(著)など

・アプリを活用する
本が苦手という方は、ゲーム感覚で楽しみながら取り組めるアプリがおすすめです。
富士山堂(FUJISANDOH)「稼げる人の論理的思考チェック!~あなたの脳は儲かる?~」
BAIBAI, Inc「論理の虫 論理パズルで 脳トレ & 頭の体操!」など

就活に活かしたい!ロジカルシンキングを用いた志望動機と自己PR例文

最後に、就活におけるロジカルシンキングを用いた志望動機と自己PR例を紹介します。

志望動機や自己PRを作る際には、まず志望の理由や自分の特徴を書き出して、「なぜ?」を繰り返すことで深掘りし、分析していきます。その後、以下の枠組みにそって、志望動機や自己PRを作ってみてください。

志望動機の枠組み例

基本として、「結論・理由→経験に基づいた根拠・エピソード→結論」の順で構成します。

<志望動機の枠組み例>
(1)私は〇〇したいので〇〇として働きたいと思っています。(結論・理由)   
(2)学生時代〇〇の経験をし、そのことから〇〇したいと考えるようになり志望企業選びもその観点から行ってきました。(根拠・エピソード)    
(3)この業界は〇〇であり〇〇をしていきたいため志望しました。また御社はこの業界の中で〇〇なので自分の経験を活かし働くことができるのではないかと考えています。(根拠・エピソード)      
(4)(話を総括して)なので御社を志望しました。(結論理由)

自己PR枠組み例

基本は、「結論→根拠・エピソード→課題→行動→結果→貢献」の順で構成します。

<自己PR枠組み例>
(1)私の強みは○○です。(結論・PRできるポイント)
(2)その強みを最も発揮したのは、学生時代に経験した○○です。そこでは○○として○○に打ち込み、努力の結果、○○することができました。(根拠・エピソード)
(3)ところが、そこには○○という課題があり、○○できない状況でした。(課題)
(4)そこで、課題を解決するため、○○という行動をとりました。具体的には○○や○○などを行い、○○にもチャレンジしました。(行動)
(5)その結果、○○という成果を上げることができました。(結果)
(6)貴社においても、この強みを活かし、○○として課題と向き合い、○○という形で貢献したいです。

ロジカルシンキングを身につけて就活で活かそう!

ロジカルシンキングはさまざまな面で就活に役立ち、就職後にも強みになるスキルです。まずは、「結論から話す」ことを心がけてみてはどうでしょう。日常のちょっとした意識と実践がスキル向上につながります。この機会に身につけて、就活に活かしてみてはいかがでしょうか。

関連リンク

履歴書・エントリーシート・志望動機・自己PRのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
楽天みん就 求人サーチ - 新卒・インターン・アルバイト・転職の求人検索サイト

f:id:epb0804:20170929191553p:plain

著者:reisuke

人材派遣会社で数年間コーディネーターとして従事し、その後海外へ。現在は、ライター・翻訳者・日本語教師という3つの顔を持つ。政治・経済・教育を中心に幅広いジャンルで執筆中。