就活の面接で聞かれる座右の銘!使える名言や格言を紹介

就活の面接では好きな名言、格言、座右の銘をきかれることがあります。準備していないとなかなか答えられない質問ですし、自己分析にもつながるので、この記事で紹介する具体例を参考にしつつ、自分ならどう答えるか考えてみましょう!

就活で座右の銘が使えるタイミングは?どんなものをあげればよい?

就活の面接で座右の銘をきかれることはありますが、どのような言葉を答えればいいのでしょうか。歴史上の人物やスポーツ選手の名言、四字熟語、ことわざなどが思い浮かぶかもしれませんね。基本的にはどのような種類の言葉を答えても問題ありません。

たまに「好きな四字熟語は?」といったようにジャンルをしぼって質問されることもあるため、万全の準備をしておきたいと思うのであれば、四字熟語、ことわざ、歴史上の人物の言葉などとジャンル分けして考えておきましょう。

座右の銘を聞かれる時は、基本的には理由もセットできかれると想定しておきましょう。自分の価値観と一致しているということをエピソードも絡めながら説明することが大切です。

また、面接で座右の銘を直接聞かれて答える他に、自己PRの中で取り入れるという使い方もできます。自分を振り返る方法の1つとして、好きな言葉を探すといいかもしれません。

▽面接についてのクチコミはこちらから!
面接うかりまくりのコツのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180928120234j:plain出典:pixta

就活で使える名言(1)成長への意欲をあらわす名言・格言

まずは成長への意欲をあらわす名言です。新卒での入社の場合、即戦力というよりも伸びしろを期待されることが多いので、高い評価につながりやすい言葉といえるでしょう。

(1)守破離(しゅはり)

「守破離」は剣道や茶道などの世界でもともと使われていた言葉で、修行における段階を表しています。「守」は師匠や流派の教えを確実に守る段階、「破」は他の師匠や流派の教えを取り入れる段階、「離」は独自の新しいものを生み出ししていく段階のことです。新入社員であれば素直に教えを守ることも重視されるので、企業からの印象もよくなるでしょう。

例文

私は大学の野球部の監督から教わった「守破離」という言葉を大切にしています。野球部では「守破離」を意識してステップアップするべく練習に臨み、結果を出すことが出来ました。具体的には、「守」の部分である基礎を疎かにせずに習得し、「破」の部分では、さらに自分の強みを活かしたプレーの習得に向けて努力を重ね、確実に成長することができました。さらに独自の手法を極めるべく、現在は「離」の部分を意識して日々練習をおこなっております。

(2)初志貫徹

「初志貫徹」は最初の意志を最後まで持ち続けるという意味の四字熟語です。この言葉を出すと、採用担当者には「一度入社したら、長く働いてもらえそう」「若いのにしっかりしている」という印象も持ってもらえるかもしれませんね。「今までに初志貫徹したエピソードはある?」ときかれる可能性も高いので、その答えも準備しておきましょう。

例文

私は「初志貫徹」という言葉を大切にしています。野球部では大学1年生のときから、全国大会出場という目標を掲げていました。練習はとても厳しく、心が折れそうになることもありましたが、いつもその目標を忘れずに練習を続け、最終的にその目標を達成することができました。この経験から、いつも心の中に目標を掲げておくことで、それが指針となり、自分自身がそれに励まされ、だんだんと目標達成につながっていくということを感じることができました。

(3)継続は力なり

続けることの大切さを述べたことわざです。今までコツコツやってきたことで、自分の成長を感じているのであればぴったりの言葉です。「塵も積もれば山となる」も近い表現といえるでしょう。

例文

私は「継続は力なり」という言葉を大切にしています。野球部では毎朝素振りを100本するという目標を1年生のときにかかげ、引退の日までそれを続けることができました。結果として大会のベストナインに選ばれるなど、満足のいく成績を残すことができ、継続することの大切さを肌で感じています。

就活で使える名言(2)協調性をアピールできる名言・格言

続いて、協調性をアピールする言葉です。組織で仕事をするにあたって協調性は欠かせないため、重要な資質といえるでしょう。

(1)ありがとう

協調性をアピールしたいのであれば「ありがとう」という言葉もいいでしょう。自然と「ありがとう」を言える人は、組織でいい関係を築いてくれそうだなという印象につながります。「ありがとう」の語源は形容詞の「有り難し」。珍しくて貴重という意味が込められています。あらゆるものが「当たり前」ではないということを日々感じられているのであれば、ぴったりの言葉かもしれませんね。

例文

私は「ありがとう」という言葉を大切にしています。私は「ありがとう」という言葉を大切にしています。2年前に地震で被災したとき、ボランティアとして復旧作業をしてくれた方の一生懸命な姿に心を打たれました。自分はひとりで生きているわけではないということを強く感じ、この感謝の気持ちはずっと忘れないと思いました。日々「ありがとう」という気持ちを持って生きようと心に誓っています。

(2)情けは人の為ならず

人に親切にすれば、やがてはよい報いが自分にもどってくる、という意味で使われる言葉です。人に親切にすることを心がけていて、それによって自分自身にいいことがあり、成長につながったというような経験があるのであれば、ぴったりの言葉ではないでしょうか。

例文

私は「情けは人の為ならず」という言葉を大切にしています。アルバイト先でお客様に対して親身な対応を心がけていましたが、それを高く評価していただき、社員の方から特別に研修の機会をいただくなど、自分のスキルをさらに磨くチャンスを広げることができました。まさに「情けは人の為ならず」と感じ、それ以来ずっとこの言葉を大切にしています。

就活で使える名言(3)チャンスを大切にする名言・格言

チャンスを大切にしているのであれば、行動力の面で特に高い評価につながりやすいです。その行動力を活かして、どのような経験をしたのか聞かれる可能性も高いので、エピソードもしっかり準備しておきましょう。

(1)思い立ったが吉日

何かをしようと決めたなら、そのように思った日を吉日としてすぐ取りかかるのがいいという意味のことわざです。フットワークの軽さに自信があるのであれば選ぶといいでしょう。スピード感を大切にする企業からの評価は高くなりそうです。

例文

私は「思い立ったが吉日」という言葉を大切にしています。趣味がブログの運営なのですが、ブログ記事は書きたいと思ったときに、すぐ書き始めることを心がけています。その結果、熱のこもった質の高い記事になり、アクセスも増えることがわかりました。何事においても「思い立ったが吉日」を意識するようになったことで、今まで以上に行動範囲が広がり、学びの機会が増えたので、これからもこの言葉を大切にしていきたいと思います。

(2)一期一会

一期一会という言葉もいいでしょう。人との出会いというチャンスを大切にしている人だという印象を与えることができます。

例文

私は「一期一会」という言葉を大切にしています。どこで出会った人であっても、その縁をチャンスだと捉え、視野を広げる機会にしていきたいと思っているからです。実際に、私は学内のボランティア活動を通じて、さまざまな年齢層の人と出会い、多様な価値観に触れることができました。

就活で使える名言(4)自分らしさを伝える個性的な名言・格言

あまりオーソドックスな名言・格言だと周りとかぶらないかな…と心配になることもありますよね。自分を知ってもらい、印象を残すことが面接では大切なので、オリジナリティのあるものを選ぶのも戦略の1つと言えます。読んだ本からの引用や実際に人から言われた印象的な言葉、スポーツ選手の名言でもいいでしょう。あくまで一例ですが、私が好きな言葉を2つ紹介したいと思います。

(1)難しいからこそ価値がある

この言葉は私が学生時代にアルバイト先であるスポーツジムのお客様から言われた言葉です。スポーツジムのアルバイトでは、お客様に対してジムにあるマシーンの説明をしたり、時にはオリジナルグッズの営業などもおこなったりしなければならず、口下手の私にとって難易度の高いものでした。そんな時、あるお客様がそんな私を見兼ねて「難しいからこそ価値があるんだよ」という言葉をかけてくれました。

「難しいな」と思っても、自分のやりたいことにつながっているのであれば、立ち向かおう。そんな気持ちにさせてくれる言葉です。何か壁にぶち当たったとき、その言葉を今でも思い出し、自分のエネルギーにしています。

(2)「間違っている」ではなく「違っている」 (参考:3秒でもっとハッピーになる名言セラピー+)

アルバイトや部活など集団で生活をしていると、ある人にとても苛立つことがあるかもしれません。「あいつは間違っている」そう言いたくなるとき、「間違っている」を「(私と)違っている」とい言い換えるだけで少し優しい気持ちになれます。社会人でも、会社の中の人間関係で悩んだ末、離職してしまう人も多いので、このような言葉を座右の銘として伝えるのもいいかもしれません。あなたに対して「協調性があり、組織でうまくやってくれそうだ」という印象を持ってもらうことができるのではないでしょうか。

面接対策に!自分の価値観をあらわす座右の銘は事前に考えておこう

自分の価値観をあらわす座右の銘を事前に考えておくことは大切なポイントです。面接対策だけではなく、自分が仕事をするうえで大切にしたいことを明確にできるというメリットもあります。ぜひ一度、自分の本音と対話して、好きな言葉を見つけてみましょう。

参考

[1]ひすい こたろう
[2]2006/3/3
[3]3秒でもっとハッピーになる名言セラピー+
[4]ディスカヴァー・トゥエンティワン

関連リンク

面接うかりまくりのコツのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20171016122426p:plain

著者:沖 圭祐

関西在住のライター、キャリアコンサルタント。 総合大学卒業後、大学受験予備校で進路相談の職員を経験。大学職員として勤務した後、ライター、キャリアコンサルタントとして独立。 現在では就職活動、転職活動、働き方といった分野を中心に記事を書いています。履歴書、エントリーシート、小論文作成のアドバイスや添削といった仕事もしています。食べることが大好きで、お土産やグルメの記事も執筆中。教員免許や国家資格であるキャリアコンサルタントの資格も所持しています。