社内恋愛で結婚することに!上司や同僚への報告の仕方・注意点

結婚の報告は、本来自分の周囲にとっても喜ばしいニュースですが、報告時の配慮を怠ってしまうと遺恨を残すことにもなりかねません。社内恋愛で結婚することになった場合、上司や同僚への報告の仕方や注意点についてご紹介します。

社内恋愛での結婚は誰に報告すればいい?報告する順番には気をつけて!

自分の結婚が決まった時には、親しい人やお世話になった人に片っ端から「聞いて!」と言いたくなるもの。ただし、社内恋愛での結婚を同僚や上司に伝える場合は、報告する順番に配慮が必要です。まず、一番初めに報告する人物は「自分の直属の上司」が基本。もし小さな会社であれば、真っ先に社長に伝えるというのも選択肢のひとつになります。次に、同じ部署の先輩。最後に同僚という流れが一般的です。

この「偉い人から順に伝えていく」というルールを守らなかった場合、職場の雰囲気を悪くしてしまうことにもなりかねません。具体的には、上司が部下から「○○さん、結婚するそうですね」と報告を受け、「自分は聞いてないぞ」と機嫌をそこねてしまうケースが考えられます。場合によっては自分や結婚相手の評判を下げてしまうこともあるので、くれぐれも報告の順番には注意しましょう。

加えて注意したいのが、SNSの投稿です。不特定多数が閲覧できるSNSは、個人のプライベートが流出してしまいやすいツールでもあります。プロポーズされた喜びを勢いでシェアしてしまうと、「同僚や上司がたまたまあなたのアカウントを見つけてしまい、自分たちの報告より先に噂が広まってしまった」という事態を招きかねません。報告のタイミングをコントロールしたい場合は、SNSの利用についても注意するようにしましょう。

▽社内恋愛に関する社会人のクチコミはこちら
社内恋愛のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180920095439j:plain出典:fotolia

社内恋愛で結婚する時の報告の仕方・注意点【上司に報告する場合】

上司に結婚を報告する際に注意しておきたいポイントは、3つあります。

1. 報告のタイミングをあわせる

1つめの注意点は、ふたりの結婚報告のタイミングをあわせること。社内恋愛で結婚する場合、新郎新婦のうちいずれか一方が報告を行えば、すぐに「あのふたりは結婚する」というニュースが社内に広まりやすくなります。すると、報告しそびれていたもう一方が上司から「聞いたよ。君たち結婚するんだって?」という質問をされる事態にもなりえます。結果的に「報告を怠った」ことになってしまうので、ふたりの報告のタイミングはほぼ同時にするのがベストです。

2. 報告の内容を統一する

2つめの注意点は、事前に新郎新婦でよく話し合い、報告の内容を統一しておくこと。上司に結婚の報告をする際は、「結婚しました」という事実の報告のほかに伝えるべきことがたくさんあります。たとえば、結婚式をするかしないか、結婚相手は誰なのか、報告した相手を式に招待するか否か、今後はどのような働き方がしたいのか、などの事項があげられるでしょう。さらに、主賓としてのスピーチや乾杯の挨拶を依頼する際は、結婚の報告と同時に行うのが一般的です。新郎新婦で事前に話し合い、スムーズな報告を心がけてみましょう。

3. 上司にアドバイスを求める

3つめの注意点は、社内における結婚報告のアドバイスをもらうこと。直属の上司に「結婚します」と伝えた際は、まだほかにも吉報を伝えるべき人たち、つまり同僚が残っていますよね。この際に、上司に「これから同僚の皆さんにも報告したいと思います」と一言い伝えておくと、上司のほうから皆に結婚を発表する場を設けてもらえることがあります。

あえて上司に「皆に報告する場をください」と言う必要はありませんが、上司という後ろ盾のもとでスマートに報告を済ませたい人は、一言「これから同僚にも報告する」という旨を伝えておくとよいでしょう。もし上司から特にアドバイスや提案がなかった場合でも、「一番初めに報告する」という礼儀を守ったことは伝わります。上司への報告が終わったら、同僚にも順次結婚の報告を行ってください。

社内恋愛で結婚する時の報告の仕方・注意点【同僚に報告する場合】

同僚に結婚の報告をする際の注意点は2つあります。1つめのポイントは、やはり報告の順番をきちんと守ること。まずは直属の上司、次に同僚という順序が一般的です。ただ「恋愛相談にのってもらっていたから一番に報告したい」などの事情がある場合は、一番初めに同僚に報告してもかまいません。ただ、「今度結婚するの」という報告と一緒に、上司に報告するまで内密にしていてほしい旨をあわせて伝えましょう。

1. 「秘密を知っている友人」を共有しておく

この時に注意したいポイントは、上司より先に結婚を報告した人には「優先して報告した人が他にもいるかどうか」を共有しておくことです。同僚の中でその人だけに結婚報告をした場合であっても、報告された側は「同僚の○○さんも仲良しだから、自分より先に話を聞いてるかな?」という独断をしてしまう場合も。悪気なく秘密をもらしてしまう場合もありますので、結婚報告をした相手が誰なのかを共有し、このようなトラブルを回避しましょう。

2. 式に招待するかどうかを伝える

2つめのポイントは、式への招待の有無もあわせて伝えること。もし相手を式に招待しない場合は、「親族だけで簡単にやることになった」「式の予定は決まってない」と伝えるのが一般的です。ただし、他の同僚や上司を招待しているのに一人だけ誘わなかった場合、新郎新婦の外聞が悪くなってしまう可能性があります。「どうしても苦手な人がいる」といった理由で同僚全員を招待できない場合は、式を内輪だけのものにして、招待客を絞らざるをえなくするなどの工夫をこらすようにしましょう。

社内恋愛を隠していたカップルが結婚報告をする時はどうすればいい?

社内恋愛を隠していたカップルが結婚報告をする場合は、気にせずに通常通りの結婚報告をして大丈夫です。つまり、まず直属の上司、次に同僚という順で報告することになります。ただし、会社の規則で社内恋愛を禁止していた場合は、「結婚します」という報告によって同僚や上司からの風当たりが強くなってしまうことも…。

進退の判断は最終的には会社が決めることになりますが、ふたりにとってできるだけ最善の結果になるよう、対策をしておくようにしましょう。たとえば、あらかじめ信頼できる上司に相談をしておいたり、職場ではカップルという雰囲気を一切見せず、業務にも支障を出さなかったりなどの配慮があげられます。社内の規則で禁じられている恋愛でも、周囲から応援してもらえるような振る舞いを心がけてみましょう。

社内恋愛で結婚する時の報告のタイミングは?

社内恋愛での結婚を上司などに報告するタイミングは、結婚から3~4ヶ月前までが理想です。特に結婚を機に退職や転職を考えているなら、早めの報告が好ましいでしょう。結婚と同時にあなたが退職する場合、上司は周囲への引き継ぎや人事の計画を考えなければなりません。快く結婚を祝ってもらうためにも、余裕をもった報告を心がけてみてください。

なお、一部の会社では規定によって、寿退職をする際のルールが設けられていることもあります。報告の際には一度、会社のルールを確認するようにしましょう。

社内恋愛の結婚報告は事前の準備が大切!

結婚は自分以外の人にとっても喜ばしい報せですが、礼を欠くとのちのち陰口を言われてしまうことにもなりかねません。結婚報告のタイミングは新郎新婦ふたりできちんと相談しあい、一番いい形で報告できるようにしていきましょう。

関連リンク

転職求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ
社内恋愛のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180124162803p:plain

著者:ritfiles

音楽と映画の世界を経てライター職へ。コーヒーをこよなく愛するフリーライターです。ビジネス系を中心にオールジャンルで活動しています。