アルバイトは憧れの「広告代理店」で!仕事内容や魅力などを一挙公開

「広告代理店」の仕事って、何となくキラキラした華やかなイメージがあるけど、実際はどんなことをしているか知らない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、気になる広告代理店でのアルバイトについてご紹介します。

アルバイトをする前に!そもそも広告代理店とは?広告代理店の仕事内容

広告代理店とはそもそもどんな企業なのでしょうか。
広告代理店の概要と、仕事内容をご紹介します。

広告代理店とは

広告を取り扱う企業のことで、企業間で取引を行います。

例えば、大手広告代理店として知られる電通・博報堂、インターネットの広告代理店サイバーエージェント、外資系広告代理店のマッキャンエリクソンなどがあります。

広告代理店の仕事

広告代理店は、新聞やテレビそしてインターネットなどの、広告を掲載するメディアと、広告を出したいクライアントをつなぐのが仕事です。
広告主・広告掲載主から依頼があった広告制作を行ったり、広告スペースを広告主から購入して、それをスポンサーに販売することで利益を得ます。

▽広告代理店のアルバイトに興味を持ったら早速求人を探してみよう!
バイト・アルバイト・パートの求人情報【楽天ジョブサーチ】

 

f:id:hito-contents:20180911111944j:plain出典:fotolia

広告代理店でのアルバイトは何をするの?職種別に解説

広告の制作には多くの人が携わっています。そのため、広告代理店のアルバイトは、職種や内容が多岐に渡ります。
特に募集が多い「営業」「プランナー」「マーケティング」についてご紹介します。

営業

多様な職種のクライアントに対して、広告や企画を提案します。
大手の場合には、広告掲載先によってテレビCM・雑誌広告のようにチームが分かれているケースもあります。
近年ではクロスメディアが注目され、広告もひとつの媒体ではなく複数の媒体を活用した戦略性の高い露出を求められるケースが増えてきました。
そのため、単純に広告枠だけの紹介を行うのではなく、プロモーション予算を受け取って、様々なアプローチを行うコンサルティングのニーズが高まっています。

プランナー

広告の内容を企画して、提案を行います。
出稿先に応じて、CMプランナー・メディアプランナーなどと呼ばれています。
例えばメディアプランナーの場合には、クライアントの要望を踏まえながら最適なメディアを選定し提案をします。
提案の際には、営業やコンサルタントと一緒に行うケースが多くあります。
提案が通ったらディレクターやカメラマン、コピーライターやデザイナーなど、掲載媒体に合わせてクリエイティブを担当する人を選び制作をすすめます。

広告の制作は、複数の広告代理店のプレゼンテーションから選出されることも多く、企画力だけではなくプレゼンテーション能力も求められる職種です。

マーケティング

マーケティングとは、広告を最適なタイミング・場所・ターゲットに届けるための仕事です。
広告とひとことで言っても、TVからWEBサイト、DMなど、いろいろな配信方法がありますよね。
マーケティングを行うことで、ターゲットの属性によって広告の内容を変更したり、アプローチ方法を工夫するだけで、広告を最適化することができます。
時には、商品の認知度を上げるだけではなく、ブランディングのサポートも行うなど、幅広く活躍する職種です。

広告代理店でアルバイトして良かった!広告代理店でアルバイトするメリットとは?

広告代理店のアルバイトでは、多彩な経験をすることができます。ここでは広告代理店でアルバイトをするメリットをいくつかご紹介します。

世の中の広告の仕組みを理解することができる

広告代理店でアルバイトをすることで、世の中の広告の仕組みを理解し、実生活にも役立てることができます。
広告を見て、何となく商品を手に取ってしまった経験をお持ちの方も多いのでは。
広告の仕組みを知り、購買行動につなげるためのメカニズムを学ぶことで、無駄な出費をおさえて本当に必要なものだけを購入することも可能になります。

スキルアップをすることで、成長を実感できる

広告代理店でのアルバイトは、クリエイティブな職種の人と一緒に仕事をすることが多くあります。
細部にまで拘りを持って制作される、広告制作の現場を知ることで、自身の意識を見直すきっかけになります。
また、意識が高い人が多くいる環境なので、刺激を受けることができるのです。
高みを目指してアルバイトに取り組むことで、経験を積むことができるだけではなく、スキルアップにもつながります。

また、広告代理店では、様々な業務を経験することができます。
多彩なスキルを習得し、成長を実感できるのも魅力のひとつといえるのです。

やりがいを感じられる

自分が携わった広告が世に出ることで、広告を目にする機会が多くあります。
また、その広告が話題になって、たくさんの評価を目にすることも。やりがいを感じられる場面が多く、モチベーションにつながります。

広告代理店でのアルバイトは大変だった…広告代理店でアルバイトするデメリットとは?

魅力的な広告代理店のアルバイトですが、デメリットもあります。
広告代理店でアルバイトするデメリットをご紹介します。

夜遅くまで残業になることがある

広告代理店は週休2日制のケースが多く、その分平日などの勤務日は夜遅くまでしっかりと働く人が多い傾向にあります。そのため、夜に用事がある人には、厳しいといえるかもしれません。

広告の制作はクライアントの要望に添って行われます。
つまり、クライアントの意向が変わったら、それに合わせて変更を加えることになるのです。スケジュール通りにすすめていたのに、クライアントの意向によってスケジュールがタイトになってしまうことは往々にしてあります。
修正を行ったり、追加作業が生じるケースは珍しくないので、たくさん稼ぎたい人には良いですが、残業をあまりしたくない人には向いていないといえます。

資料作成から撮影の立ち合いまで任される仕事の範囲が広い

広告代理店のアルバイトでは、たくさんの仕事を任されるためやりがいがあります。
しかし、専門的に「この仕事を極めたい」というよりも、幅広く仕事をこなすことが求められます。
そのため、ひとつの仕事にじっくりと集中したい人には、向かないといえるかもしれません。

広告代理店でのアルバイトはやりがいのある仕事がいっぱい!

ご紹介したように、広告代理店のアルバイトはやりがいがあり、スキルアップを目指すことができます。成長を実感したい方や、新しいことに挑戦してみたい方は、憧れの広告代理店でのアルバイトに挑戦してみませんか?

関連リンク

バイト・アルバイト・パートの求人情報【楽天ジョブサーチ】

f:id:epb0804:20180219120534j:plain

著者:あおみ ゆうの

1980年生まれ。東京都在住。 漫画家のアシスタントやメイド喫茶のメイドさんなど、多彩なアルバイトを経てライター・編集者として活動中。 3児の母として、毎日楽しくそして忙しい日々を過ごしています。