職場はいつどんな順序での報告がベスト?結婚報告のマナーとは

結婚が決まったら、職場にもしかるべきタイミングで結婚報告をする必要があります。職場への結婚報告は、どのように進めていくべきなのでしょうか。職場への結婚報告で重視するべき、タイミングや順序などのマナーを紹介します。

職場へ結婚報告をするタイミングと時期とは

結婚をすることで、職場で仕事に影響があったり、事務手続きが必要になったりします。そのため、結婚をするときには、直前ではなく、3~4ヵ月前に職場に結婚報告をしておくことが望ましいです。特に結婚退職をする場合は、後任の人材を採用したり、引き継ぎを行ったりする期間が必要になります。また、結婚式や新婚旅行でまとまった休暇を取得する場合には、その間の仕事を他の人に代わってもらうため、上司と相談して段取りをしておくことが必要です。

また、結婚によって、職場では様々な事務手続きが発生するため、人事担当者が事前に知っている方が手続きがスムーズです。たとえば、結婚によって配偶者を扶養に入れる場合は社会保険の手続きが発生したり、会社によっては家族手当が支給されるようになったりします。あるいは、寮から社宅に移るケースもあります。そのほかには、結婚によって転居すると、交通費が支給されている場合には支給額が変更になり、給与振込口座を変更する場合も手続きが必要です。

とはいえ、婚約期間が1年ある場合に、1年前に報告をするのは状況が変わる可能性があるため、早すぎです。結婚自体を取りやめることはなくても、仕事を辞めるのか、続けるのか、変わることもあるでしょう。そのため、結婚する3~4ヵ月前のタイミングが結婚報告にベストといえるのです。

結婚報告をするときは、業務中に突然切り出すのではなく、ひと声かけて時間をとってもらうようにします。また、プロジェクトで忙しいときや決算のときなど、繁忙期に報告することは避けるべきです。

職場で規定があるケースもありますので、就業規則を確認したうえで、早めに結婚報告を済ませておくようにしましょう。

▽仕事と恋愛に関する掲示板はこちら
仕事と結婚のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180821154128j:plain出典:fotolia

職場への結婚報告の順番とは

職場へ結婚報告をするときには、伝える順序を配慮することが大切です。報告をする順序は、「1.直属の上司」、「2.直属の上司の上長」、「3.先輩社員」、「4.同僚」、「5.人事」の順が基本のマナーです。

直属の上司に報告すると、上司の上長には上長から報告がいくことがあります。同じ部署のへの報告は、上司が一切に伝える場が設けるのか、あるいは、自分で一人一人に報告をしていくのか相談し、アドバイスに従いましょう。

また、まだ結婚報告をしていない段階で、上司の耳に入ったり、先輩が後輩から聞いたりするのは気持ちのよいものではありません。また、社内で結婚の話が広まってから上司が知ると、上司が部下のことを把握していないことが問題になることがあります。職場に仲のよい友人がいる場合には、先に話しても構いませんが、絶対に内密にしておくことを約束してもらえる関係性のときだけにした方がよいでしょう。伝えると社内の人に話してしまう相手には、上司などに報告したから伝えた方が無難です。

また、派遣社員の場合は、職場への結婚報告の前に必ず、派遣会社に連絡をするようにします。

取引先への結婚報告は、相手にお祝いなどの気遣いをさせないように、入籍後に必要に応じて伝えれば問題ありません。ただし、結婚して苗字が変わり、新姓で仕事を続ける場合は、業務に支障をきたさないように、取引先に苗字が変わったことを速やかに伝えるようにしましょう。また、長期休暇を取得するため、業務に影響があるときには、取引先に事前に連絡しておきます。

職場への結婚報告をする際のポイント

職場への結婚報告はのろけるのではなく、事実をシンプルに伝えるのが基本です。結婚による職場への影響は話しておくべきことになります。

上司に結婚報告をするとき、特に女性の場合は、結婚後も仕事を続けるのかどうか、上司が把握しておきたい部分です。結婚の報告をするタイミングまでに、今後も就業を継続するか、結婚退職をするのか、意志を固めておきましょう。また、結婚相手に今後転勤の可能性がある場合は、将来的に転居によって退職したり、異動願を出したりすることもあることも伝えておきます。

さらに、結婚報告をするとき、相手は結婚式に招待されるのか、気になるものです。そのため、結婚報告をするタイミングまでに、結婚式や二次会に招待する人を決めておくのがベストです。特に上司を結婚式に招待する場合は、結婚の報告と同時に、できれば式場と日時を伝えて、予定を開けてもらうようにします。スピーチなどを依頼したい場合には、合わせてお願いしておきましょう。

また、結婚式に招待したい人には、結婚報告したときに結婚式を執り行うことを伝えて、出席してもらえるかどうか聞いておきます。ただし、職場の人をどこまで呼ぶべきか判断に迷う場合は、上司に結婚報告をしたときに相談してもよいでしょう。

職場への結婚報告の注意点

職場への結婚報告は前述のように、業務などの影響を踏まえて、直前の報告は避けるべきです。また、プライベートなことを報告することで業務に支障をきたさないように、業務中にいきなり報告をすることは望ましくありません。一方、結婚という人生の出来事を何かのついでに報告することも、好ましいとは言い難いです。就業時間前や休憩時間に声をかけるか、上司が手が空いたタイミングを見計らって、「後でお時間いただけますか?」と伝えておくようにします。業務中の報告も避けるべきですが、業績評価などの個人面談が設定されている予定があれば、そのときに話すのは問題ないでしょう。

また、上司への結婚報告を業務用のメールで報告する行為は、非常識と受け取られかねません。上司が遠方にいる場合を除いては、必ず直接顔を合わせて報告するようにしましょう。

先述しましたとおり、職場への結婚報告は伝える順番が大切ですので、職場結婚の場合は、できるだけそれぞれの直属の上司に話すタイミングも合わせて、ほかの人から耳に入らないようにする配慮が必要です。結婚を事前に報告した職場の友人には、上司に話す日や報告した相手を伝えていき、不用意に話が広まらないように注意しましょう。

職場への結婚報告はタイミングをみて行おう!報告をする順番にも気をつけてできるだけスマートに

職場への結婚報告は伝える内容よりも、タイミングと順番が何よりも大切です。直属の上司がほかの社員から結婚の事実を知るようなことにならないように気をつけるべきです。結婚が決まったら、結婚の準備を進めながら、計画的に職場への結婚報告をしていきましょう。

関連リンク

転職求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ
仕事と結婚のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180124162806p:plain

著者:yui

大学卒業後、メーカーの事務職や住宅関係の仕事をしていました。現在は、結婚、出産を経てライターとして活動中。絵画鑑賞が趣味です。