【社内結婚】結婚式のスピーチや乾杯の挨拶は誰に頼めばいい?

社内結婚をする際は、会社内での序列が式にもより反映されやすくなります。今回は「結婚式のスピーチや乾杯の挨拶は誰に頼めばいいの?」「新郎新婦で上司が違う場合はどちらが優先?」など、社内結婚におけるノウハウをまとめました。

【社内結婚】結婚式の主賓のスピーチ(祝辞)は誰にお願いするのが正解?

社内結婚における式での主賓のスピーチは、「招待した会社の人の中で最も偉い人」にお願いするのが一般的といえます。主賓とは、結婚式のゲストの中でも一番社会的地位の高い人のことです。つまり、ゲストの中で直属の上司が最も偉い場合は直属の上司、社長が最も偉い場合は社長が主賓に該当します。

なお、社内結婚ならではの疑問としては、「新郎・新婦の上司が異なる場合はどうすればいいのか」というポイントがあげられますが、この場合は2つの解決方法があります。どちらを選んでもかまいませんが、迷ったときは社内結婚をした同僚や、主賓を依頼したい上司に素直に相談してみるとよいでしょう。

新郎新婦のうち、一方から主賓を立てる

ひとつは、新郎新婦のうち、いずれか一方から主賓を立てるケース。この場合は、新郎側の上司にお願いする場合が多いですが、「新郎側から主賓を立てなければならない」という決まりはないので、双方の話し合いのもと決めるとよいでしょう。なお、仮に新郎側から主賓を立てた場合は、乾杯の挨拶を新婦側から選ぶようにするなど、両家の役割のバランスをとるようにする場合も多いです。ぜひ参考にしてみてください。

新郎新婦のうち、双方から主賓を立てる

もうひとつは、新郎側と新婦側からそれぞれ1人ずつ主賓を立てることです。「式の主賓は1人でなければならない」という決まりはないので、新郎新婦がどちらとも主賓を立てたい場合は、複数名に主賓のスピーチを依頼してもかまいません。ただ、スピーチをする人数が多いと式が長引く可能性もあるので、持ち時間について事前に主賓と相談しておくとよいでしょう。

▽みんなの恋愛のクチコミをみてみよう!
仕事と結婚のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180817120158j:plain出典:fotolia

【社内結婚】結婚式の乾杯の挨拶は誰にお願いするのが正解?

結婚式の乾杯の挨拶は、主賓に続く立場の方にお願いするのが一般的です。たとえば新郎新婦が勤める会社の社長に主賓を依頼した場合、それよりひとつ下の役職の方に依頼するのが自然といえます。

また、先に述べたように、主賓のスピーチを新郎側の上司にした場合は、乾杯の挨拶は新婦側の上司にお願いするというように、両家の役割のバランスをとることも珍しくありません。主賓同様、乾杯の挨拶をする方も臨機応変に選ぶようにしましょう。

【社内結婚】結婚式のスピーチや乾杯の挨拶のお願いの仕方

結婚式の主賓のスピーチや乾杯の挨拶などを上司にお願いする際は、次の2つのポイントをおさえてみましょう。

真っ先に報告する

1つめのポイントは、一番初めに、かつ直接結婚の報告をすることです。主賓は式において最も格の高いお客様としてお招きする人なので、礼をつくすことが重要となります。たとえば会社の直属の上司に依頼する場合は、「プライベートでお願いしたいことがあるのですが、少しお時間を頂戴できないでしょうか」と頼み、時間をつくってもらったうえで結婚報告をします。あわせて式に出席してほしいこと、主賓のスピーチをお願いしたいこと、式の日取り、返事は急がないことなども伝えましょう。

熱意をアピールする

2つめのポイントは、「あなたにぜひお願いしたい」という熱意をアピールすることです。主賓のスピーチというものは多くの人にとって緊張するもの。人によっては「頼まれたらちょっと困るなあ」と感じることもある、重い役目といえます。特に人前で話すことに慣れていない人だと、すぐに断ってくることも珍しくありません。無理強いは禁物ですが、「あなたにぜひやってほしい」と熱意を伝えることで快諾してもらいやすくなります。

スピーチを引き受けてもらえた場合はお礼を述べたうえで、後日招待状でもう一度、主賓のスピーチをお願いする旨の文面を書き添えましょう。主賓への礼儀として、式の前日にスピーチのお願いの電話を入れておくのもポイント。当日はスピーチのお礼としてお車代(1万円ほどが相場)を渡すことや、式後にあらためてお礼を伝えることもあわせて覚えておきましょう。

【社内結婚】結婚式のスピーチや乾杯の挨拶のお願いするときに注意したいこと

結婚式の主賓のスピーチや乾杯の挨拶を上司にお願いする際は、次の2つのポイントに気をつけましょう。

1つめは、メールや招待状などで間接的に依頼しないこと。主賓のスピーチや乾杯の挨拶は、相手の厚意に甘えて「役目を負担していただく」ことになります。よって礼儀として、新郎新婦が直接対面で依頼するのが基本です。もし相手が遠方に住んでいたり、事情があってなかなか会えなかったりする場合は、やむを得ないので電話などでお願いするとよいでしょう。もちろん承諾していただいた際は、後日直接お礼に伺うことも忘れずに。

2つめのポイントは、結婚が決まったら早めにお願いすることです。少なくとも式の2ヵ月前までには依頼を済ませておきましょう。スピーチの内容を考えるのは意外と手間がかかりますし、中にはしっかりと練習してから式に臨みたい人もいるためです。また、早めに予定を伝えておくことで当日の予定もあけてもらいやすくなるというメリットもあります。

なお、式場までの交通費や宿泊費の負担額などについては、スピーチを依頼する際にお話しておくようにしましょう。ゲストの交通費や宿泊費をどこまで新郎新婦側が負担するかについては、「交通費と宿泊費の双方を新郎新婦が負担する」「主賓の住まいから式場までが近いのでお車代だけ出す」など様々なので、2人の予算や状況に応じて決めるようにしましょう。

ちなみに遠方での式の場合、新郎新婦がゲストの交通費などを負担するのが一般的ですが、予算の都合などでもしゲストの交通費や宿泊費を負担できない場合は、

  • 祝儀をもらわない(または5千~1万円程度の会費制にする)
  • 事前にゲストの許可を取ったうえで参列してもらう

などの配慮をしましょう。

【社内結婚】結婚式のスピーチ成功のために事前にしたいこと

結婚式の主賓のスピーチは、式の中でも印象に残りやすい大切なイベントです。その結婚式のスピーチを成功させるには、事前の準備がポイントとなります。まず披露宴の進行が決まったら、すぐに主賓のスピーチまたは乾杯の挨拶をしてくれる上司に詳細を伝えるようにしましょう。伝えるべき要点は次の4つ。

  • スピーチをしてもらうタイミング
  • スピーチの所要時間
  • スピーチでぜひ話してほしいエピソード
  • 式場の雰囲気や来賓の人数

これらの要点を伝えることでスピーチをする側も当日のイメージをつかみやすくなるほか、新郎新婦が望む内容のスピーチを用意してもらいやすくなります。

なお、普段あまり接点のない役員や社長にスピーチをお願いした場合は、あわせて新郎新婦の簡単なプロフィールや話してほしいエピソードなどを渡しておきましょう。まったく知らない相手について語るのは誰にとっても難しいものです。新郎新婦の人柄や馴れそめがわかる資料を先方に渡すことで、スピーチ原稿の作成の手助けになります。

社内結婚のスピーチは誰にお願いするのかをしっかりと考えて、よい結婚式にしよう!

社内結婚の結婚式は、新郎新婦がこれからも職場で関わっていく人々が一堂に会する場になります。新郎新婦や親族はもちろんのこと、2人が今後もお世話になる人々にとってもよき日になるように、しっかり準備していきましょう。

関連リンク

今付き合ってる人とこのまま結婚するのかなのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
仕事と結婚のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)
転職求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:epb0804:20180124162803p:plain

著者:ritfiles

音楽と映画の世界を経てライター職へ。コーヒーをこよなく愛するフリーライターです。ビジネス系を中心にオールジャンルで活動しています。