バイト中の休憩時間に決まりはあるの?正しいルールを知っておこう!

長時間のバイトをする場合には、食事などのために途中で休憩を取る必要がありますが、どのくらい休憩を取らなければならないかは労働基準法で決まっています。バイト中の休憩時間について、わかりやすく解説しましょう。

バイトの休憩時間は法律で定められていた!2つの休憩時間のパターン

1日6時間を超えるバイトをする場合、勤務の途中で休憩時間を取らなければなりません。これは、労働基準法34条で定められているものです。休憩時間は、勤務時間の長さによって決まります。

■休憩時間のパターンは2つ

6時間を超え8時間以下の勤務時間の場合には、45分の休憩を与えなければなりません。勤務時間が8時間を超える場合には、休憩は少なくとも1時間です 。なお、さらに勤務がそれ以上に長時間になっても、法律上は休憩時間は1時間あれば問題ないとされています。

また、原則としては、職場で一斉に休憩時間を取ることとなっていますが、販売など業務を途中で停止できない業種では、交代で休憩を取ることが認められています。そして、休憩時間は勤務途中であることが条件で、出勤した直後や、退勤直前の時間を休憩時間としてはいけません。

■勤務先によって休憩の型はさまざま

勤務先によっては、休憩を一括で取らずに、分割で取れるところもあります。たとえば、朝から8時間勤務の場合で1時間の休憩が規定されている場合、昼食に45分、昼食から勤務終了までの間に15分といった取り方を推奨しているバイト先もあります。
また、法律で定められている休憩時間は、最低限の時間です。バイト先によっては、もっと多くの時間を設定して、働く人の負担を少なくしている場合もあります。ただし、拘束時間が長くなってしまうというデメリットもあるので、効率的に働きたい人は注意しましょう。

▽豊富な検索条件から、あなたに合うバイトを探しましょう!
バイト・アルバイト・パートの求人情報【楽天ジョブサーチ】

f:id:hito-contents:20180817122153j:plain出典:fotolia

バイトの休憩時間の給料はでるの?待ち時間やトイレ休憩は休憩時間に含まれるの?

バイトで休憩を取らなければならない場合、その分の時給はどうなるのでしょうか?

■休憩時間は給料の対象外

バイトの休憩時間は、働いているわけではないため、給料はでません。これは労働基準法11条に定められているものです。したがって、時給1,000円で8時間勤務のバイト、休憩時間が1時間の場合、給料は7時間分の7,000円となります。バイトに応募する場合には、勤務時間とともに実働時間をチェックしてみましょう。実働時間以外がそのバイトの休憩時間となります。

効率よくバイトをしたい場合、勤務時間が6時間を少し超えるくらいなら、5時間30分など休憩時間の発生しない仕事を選んだほうがよいかもしれません。ただし、残業が発生して勤務時間が6時間を超えてしまうと、休憩を取らなければならなくなります。

また、中には、待遇の一環として休憩時間分の給料を支給しているバイト先もあります。バイトを探すときには時給と同様にこのような制度の有無をチェックしてみるのもよいかもしれません。

■待ち時間やトイレの時間は休憩時間に含まれる?

飲食店などでお客様がいないときに待ち時間が発生するバイトや、コールセンターなど定期的にトイレ時間を含む休息を取るように決められているバイトもあるでしょう。これらは休憩時間とは異なり勤務状態としてみなされるため、給与が減らされることはありません。休憩時間は、あくまでも完全に業務から離れることのできる時間という点で、一時的な休息時間とは区別されています。

バイト中に休憩時間が取れなかった場合はどうなる?

バイト先が忙しい職場の場合、十分に休憩時間が取れないということもあるでしょう。その場合には、バイト先は取れなかった休憩時間分の賃金を支払う義務があります。もし、休憩時間に働かなければならなかった場合には、上司や責任者にその後の処理方法について尋ねましょう。仕方ないからと放置するのはよくありません。

なお、休憩時間とは、業務から離れ、雇用主の支配下にない状態をいいます。休憩時間中に仕事をした場合には、それは労働時間として判断されます。たとえば、休憩時間中の電話応対などは仕事です。仕事を頼まれることが常態化している場合には、休憩がきちんと取れていないことを上司に報告して、対策を取ってもらいましょう。

バイトの休憩時間に決まりがあっても現実は・・・

仕事をする場合、取るべき休憩時間が法律で決まっていますが、現実としてはすべての企業が守っているとはいえません。人手不足で繁忙時間帯に休憩を早めに切り上げざるを得ないという経験をしたという人もいるでしょう。

休憩が適切に与えられていないことが発覚した場合には、職場は労働基準監督署から指導が入ります。また、適切な休憩を与えずに労働者を働かせていた場合、使用者には6か月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金というペナルティも規定されています。休憩は疲労を回復し仕事中のミスや事故を防ぐためにも有効なものですので、正しく取れていない場合には改善を求めましょう。

最初のうちは休憩時間を取るようにきちんと指示がなされていても、慣れてきたら仕事を振られて休憩時間がなくなっていたというケースもあります。バイトをする際には、本来与えられるべき休憩時間を知っておき、もし不足する場合には、都度上司に相談するなどの対策をしましょう。また、気になることがあっても、休憩時間は仕事に関することは行わず、きちんと休むという意識を持つようにします。

バイトの休憩時間は最初に確認しておこう!

バイトの休憩時間については、トラブルを回避するためにもバイトを始める前にしっかりと確認しておきましょう。休憩が十分に取れない場合でも、休憩分の時間は働いていることにはなっていませんし、当然ながら身体への負担も大きくなります。

働き始めてから休憩が取れず「あれ?おかしい」と思っても、なかなか言い出すことは難しいもの。また、慣れてしまって、それが当たり前と思い込んでしまうことも多いものです。そうならないためにも、これからバイトを始める人は、事前に労働条件について確認しましょう。雇用契約書や就業規則などに記載があるはずです。

バイト中の休憩時間にも関心を持って働こう!

バイトの勤務時間には一定の休憩時間が含まれますが、休憩時間中は給料は発生しません。そのため、休憩が取れない状態を我慢して働くことは、せっかくの高い時給でも、損をしていることになってしまいます。また、身体への負担も増えますので、バイトをする際には、休憩時間にも関心を持って働くようにしましょう。

関連リンク

バイト・アルバイト・パートの求人情報【楽天ジョブサーチ】

f:id:epb0804:20180726113857j:plain

監修:神尾尊礼

彩の街法律事務所 代表弁護士 東京大学法学部・法科大学院卒。2007年弁護士登録。埼玉弁護士会。刑事事件から家事事件、一般民事事件や企業法務まで幅広く担当し、「何かあったら何でもとりあえず相談できる」事務所を目指している。