第二新卒の志望動機の書き方と押さえておきたいポイントとは?

第二新卒として転職したい人向けに「志望動機」の書き方を徹底解説!第二新卒ならではの志望動機の書き方のポイントや、陥りがちなミスも合わせて解説します。さらに採用側の視点も交えて合格する志望動機のポイントも紹介しますよ。

志望先企業が第二新卒の志望動機から判断すること

まず、志望動機を書いていく前にそもそも志望先の企業側がなぜ志望動機を聞いてくるのか、そして何を志望動機から判断をしているのかを考えていきます。

企業が志望動機を聞くのは、「転職理由は適切か」や「この会社に定着してくれるか」などを確認することが大きな目的となっています。せっかく採用をしてもすぐに辞められてしまっては志望先企業としても困ってしまうためです。

特に第二新卒の場合には、まだ若いにも関わらず一度就職をした会社を辞めようとしているので、志望先企業の立場としては「自社に転職してきて、すぐに辞めないのか?」が最も気になるのです。そういった点を判断するために、志望動機を聞いてきます。

また、その他にも志望動機を聞くことによって、その応募者の将来性はあるか、仕事に対する意欲は十分か、社会人としてのマナーは身についているかなどを判断することもできるのです。

そして、入社してから仕事や労働環境に関してミスマッチが起こらないかどうかを判断するためにも志望動機を聞いてくるケースもあります。

▽転職するか迷ってる?まずは求人をチェックしてみよう!
第二新卒関連の転職求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:hito-contents:20180809152729j:plain出典:pixabay

第二新卒の志望動機の作成で押さえておきたいポイント

それでは、次に志望動機の書き方のポイントを解説していきます。第二新卒の志望動機のポイントとしては大きく分けると3つあります。

(1)前職の経験を踏まえた上での転職であること

第二新卒の方の場合、経験が浅いことから、前職の経験がアピールにならないと考えている人も多くいます。そのため、前職の経験を踏まえた話をしない人がいますが、それだと志望先企業の立場になってみると、新卒を採用することと変わりません。第二新卒であっても前職での経験を踏まえて、スキル、コミュニケーション能力など活かせる点をしっかりと伝えましょう。

(2)前向きな転職であること

また、前向きな転職であることも大事なポイントです。
なぜその仕事をしたいのか、長く志望先で働く意志があるかなども交え、前向きな転職であることをしっかりと伝えましょう。

(3)退職理由と矛盾がない志望動機であること

3つ目のポイントは、退職理由と矛盾がないことです。
面接では、志望動機と同時に退職理由も聞かれることがありますので、矛盾のないように注意しましょう。「前職の環境ではやりたい仕事ができなかったが、応募先の企業ではそれができそうだ」など、退職理由に繋がるようになぜその会社じゃないとだめなのかという理由をしっかりと伝え、矛盾のない志望動機にしましょう。

【例文あり】第二新卒の志望動機の構成と書き方

ここまで説明してきた志望動機の作成ポイントを踏まえて、実際に志望動機の例文を見ていきましょう。

「自己の経験」「身につけたスキル」という2つを、志望先の企業でどう生かせるのかということを志望動機に入れこむと、論理的な志望動機になりますので、その点を意識して作成するようにしましょう。

例文1:部品メーカー営業からコンシューマー向けメーカー営業への転職のケース

私は、部品メーカーにて主にコンシューマー向けメーカー向けの営業を行っていました。
その業務では、自社が製造する部品に関する専門的な知識やノウハウに関する質問などを受け、顧客に回答や提案などを行う業務でした。その経験で私は、顧客の企業の求めている本質的なニーズを把握して、提案する力を身につけました。
粘り強く顧客からのヒアリングを重ねることで、顧客は実際には部品そのものが欲しいのではなく、その先の製造や生産をスムーズに進めることができることを求めていたのだということを、知ることができました。そして、顧客が必要と思われる情報を先回りして、しっかりと自分で調べ提案する力を養うことができました。
今後は部品メーカーの営業で培ったニーズを把握するスキルを活かし、貴社でも顧客の求めているニーズをしっかりと把握し、売上増加に貢献していきたいと考えています。

例文2:ディーラー営業から住宅営業への転職のケース

私は自動車ディーラーで営業を行っておりました。
その業務では、販売店にお越しになられたお客様に対して、ニーズのヒアリングを行い、お客様からの質問に対しての回答、見積もりの作成や提案などを行いました。
自動車の場合、安くても100万円以上する価格となっており、お客様は非常に慎重に購入を検討されています。そのようなお客様1人1人に寄り添い、真摯に対応する中で、しっかりとお客様の不安や疑問を解消する営業経験やノウハウを得ることができました。
これらの経験は貴社の住宅販売営業でも生かせると感じております。車同様、高額な商品の営業になりますので、お客様の不安を解消し寄り添うような営業ノウハウを貴社でも活用できるのではないかと考え、志望いたしました。

【注意】第二新卒の志望動機でNGとされやすい内容とは?

第二新卒の志望動機でNGとされやすい内容についてを解説します。

まず、落とされやすい志望動機の特徴として、「漠然としていて抽象的」という点が挙げられます。例えば「業界No.1のため、御社を志望しました」や「御社の社風・社是に魅力を感じて志望しました」などです。応募先の魅力を語るのではなく、志望先に自分がどう貢献できるのかを記載しましょう。

また、「学びたい」などの自分本位且つ受身なものもNGです。こういう記載は謙虚なイメージではなく、受け身なイメージを与えます。

さらに、実現が難しいキャリアプランを語るのももミスマッチととられるので注意が必要です。ごく一部の人しか携わることができない職種や仕事内容の話をすると、志望先企業からは「そのような環境を用意できるか約束できない」という理由でNGになってしまいます。

第二新卒は採用担当者を納得させる志望動機を作成しよう

この記事では、第二新卒者の志望動機の例文を元に、志望動機の書き方を解説しました。特に第二新卒の場合、経験がそこまで多くはないことから、つい自信がない姿勢で臨んでしまいがちですが、第二新卒といえど社会人経験者であることから、しっかりと経験や意欲を示して、採用担当者が納得できるような論理的でアピール力のある志望動機を作成しましょう。

関連リンク

第二新卒関連の転職求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:epb0804:20180713152541p:plain

著者:藤本啓吾

-キャリアアドバイザー
大手人材紹介会社にてキャリアコンサルタントとして1000人以上の転職支援をサポートする。
担当とする領域も幅広くIT、営業、製造業、販売業など幅広い領域での経験を有する。