みんないくら稼いでる?大学生のアルバイト平均月収と平均時間

多くの大学生がアルバイトしているイメージがありますが、実際はどのくらいの大学生がアルバイトしているのか、アルバイトしている場合どのくらい稼いでいるのか気になりませんか?大学生のアルバイトデータを一挙に解説します。

大学生のアルバイト従事者の割合とは

大学生は、学部にもよりますが、高校生までと違って授業の合間に空き時間があったり夏休みが長かったりとアルバイトに使える時間が増えます。

「平成28年度学生生活調査」によると83.6%の大学生が実際にアルバイトをしたことがあるそうです。ほとんどの大学生がアルバイトを経験しているんですね。
また、夏休みや春休みなどの長期休暇のときだけに働くのではなく、大学の授業がある日にもアルバイトをする学生が多く、大学生のアルバイトは日常化しているようです。

一方、仕送りなど家族からのサポートのみで就学可能な大学生の割合も年々増えているようですが、なぜそれでも大学生はアルバイトをするのでしょうか?
大学生がアルバイトをする理由には以下のような目的が一般的です。

大学生がアルバイトをする理由

  • アルバイト費用を生活費や学費、サークル費用などの足しにするため
  • 自分の欲しいものを買うため
  • 短期留学などの資金を作るため
  • 友達と旅行に行く資金を作るため
  • 学校以外での友達作りや出会いのため
  • 彼氏や彼女とのデート費用などを稼ぐため
  • 将来の就職につながる経験をするため
  • 友達に誘われて一緒にアルバイトをしたいため
  • 働いて報酬を得ることに魅力を感じているため
  • 親へのプレゼントなどを用意するため
  • 将来就職したい会社で働くことによりコネクションを作るため
  • 将来どういった仕事に就くかを模索する手段として色々なアルバイトを経験したいため

大学生にとってアルバイトをする目的は、報酬を得ること以外にも将来の就職へつなげる経験をする目的や、友達や彼氏や彼女との出会いを期待するなどの目的があるようです。社会人になると、気軽に色々な仕事にチャレンジすることは難しくなります。大学生だからこそ色々な職種にアルバイトでチャレンジすることができるので、将来の可能性を見据えるためにも色々なアルバイトに挑戦することは有効だといえるでしょう。また、アルバイトをすることによって実際に働いている社会人の声を聞くこともできるので就職したい業界や企業が決まっている場合は、関連している業界や企業で働くと就職活動に役立つかもしれません。

▽様々なアルバイトにチャレンジしてみよう!
アルバイト求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:hito-contents:20180807095655j:plain出典:fotolia

大学生のアルバイト平均月収はどのくらい?

8割以上の大学生がアルバイトをしているようですが、実際大学生はアルバイトでどのくらいの収入を得ているのでしょうか?
「平成28年度学生生活調査」のデータをみると、大学生のアルバイトの平均年収は356,100円であり、単純に12で割って月平均を出すと29,675円となります。大学生は平均月収として約30,000円をアルバイトで稼いでいるようです。ガツガツ稼ぐというよりは、お小遣い程度に稼いでいるという印象です。

大学生に人気のアルバイトを理由別にご紹介します。

大学の近くで見つけやすくシフトに自由がききやすいため人気のアルバイト

  • 居酒屋
  • ファミリーレストラン
  • コンビニエンスストア
  • ファストフード店
  • スーパーやショッピングセンター
  • 本屋

おしゃれな店で働くことができるため人気のアルバイト

  • アパレル店
  • 雑貨屋
  • カフェ

授業のない日や長期休みを中心に短期で働けるため人気のアルバイト

  • 催事やイベント
  • 工事現場
  • 交通誘導
  • 交通量調査
  • リゾートバイト

人とコミュニケーションをあまりとらなくてもよいため人気のアルバイト

  • 工場などのライン作業
  • 新聞配達

比較的高時給かつ将来の仕事に役にたつ可能性があるため人気のアルバイト

  • 家庭教師
  • 塾講師
  • テレアポやコールセンター

その他アルバイトを選ぶ理由としては、接客力を身につけたいから、よく利用するところだから、趣味を活かせるから、出会いが欲しいからといったものなどもありそうです。

勉強とアルバイトをうまく両立させるために、大学や住んでいる場所の近くのアルバイトを選ぶと、長続きしやすいでしょう。

また、就活で役立つバイトをするのも将来を考えると得策もしれません。ビジネスマナーやしっかりとした言葉遣いを学ぶために、営業やコールセンターでのアルバイトをやってみたり、コミュニケーション力を伸ばしたいのであれば、飲食店やホテルの接客を経験しておくといいでしょう。将来したい仕事が決まっている場合は、仕事に直結しそうな仕事を選ぶと学ぶことも多いですよ。

大学生のアルバイトの平均時間はどれくらい?

大学生は平均月収として約30,000円稼いでいるようですが、大学生のアルバイトの平均時間はどのくらいなのでしょうか?
「平成28年度学生生活調査」のデータをみると、大学生のアルバイトに充てている時間の週平均は、11〜15時間が最も多く18.5%、続いて多いのが6〜10時間となっています。これは毎日2、3時間くらいを週4日くらい働くか、土日のみ6時間ほど働くだけでもこなせる時間数となります。やはり大学生の本分は学業なので、アルバイトばかりに時間をさくことはせず、学業に支障が出ない程度にアルバイトをしているようです。

時には、アルバイトの現場で責任のある仕事をまかされるようになり、仕事が面白くなったり、アルバイト先の人員が足りていないため多くシフトに入ることを要求されたりすることもあるようです。ただし、大学生でアルバイトのシフトを多くしすぎると、様々なデメリットが生まれる可能性があります。

大学生アルバイトを多くした場合のデメリット

  • アルバイトが忙しすぎて大学の授業についていけない
  • 出席日数が足りず単位を落とす
  • アルバイトで稼ぎすぎて親の扶養を外れてしまう
  • アルバイトで期待されすぎて責任のある立場をまかされ大学の行事などの際に休めない
  • 留年してしまう
  • 仕事に没頭しすぎてせっかく入った大学を退学してしまう
  • 就職活動の時期になってもアルバイト先を抜けられず、就職活動しないままアルバイト先に就職してしまう
  • 大学の友達を作れず大学時代の思い出がアルバイトだけになる

アルバイト先の中には、無理なシフトを組んだりサービス残業を頼んだりしてくるブラックアルバイトも存在します。特に、頑張りやで頼まれたことを断れない優しい性格の人は注意が必要です。大学生の本分はアルバイトではなく学業ということを忘れずにしましょう!

大学生のアルバイト収入の平均月収は約30,000円! アルバイトする際は学業との両立に無理のない程度にとどめよう

大学生のアルバイトは学生の本分は学業ということを念頭におき負担にならない程度にとどめることが大切。アルバイトをすることによって得るのもはお金以外にもたくさんあります。学業との両立を図りアルバイトに挑戦してみましょう。

参考

[1]平成28年度学生生活調査 - JASSO
[2]https://www.jasso.go.jp/about/statistics/gakusei_chosa/2016.html
[3]アクセスした日付 : 2018.6.20
※データは主に大学(昼間部)を参照

関連リンク

アルバイト求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:epb0804:20180124162815p:plain

著者:岡島リナ

姉妹育児中のフリーライター。某国立大卒業後、教育関連会社、結婚相談所、留学カウンセラー、パソコンのヘルプデスクなどに就業経験あり。アルバイトとしては、アパレル、飲食、出版社、イベントスタッフなどの経験あり。