【第二新卒】職務経歴書の書き方!採用側のチェックポイントも解説

第二新卒者が転職活動を行う上でもっともアタマを悩ませるのが職務経歴書。実績が少なく、何をアピールすればよいのかわからないという方も少なくないでしょう。ここでは第二新卒者が職務経歴書で何をアピールするべきか考えていきます。

第二新卒の職務経歴書はどこを見られる?

第二新卒者に対して、企業は即戦力としての期待は持っていません。基本的には新卒と同様にポテンシャル重視で将来性を見込んでの採用となります。現状では即戦力とはなり得なくとも「潜在能力として磨けばものを持っていると感じられる」のがポテンシャルであり、それを原動力として将来活躍するであろうという期待が将来性です。

それでは企業は職務経歴書から何を読み取ろうとしているのでしょうか?

企業が注目するポイント

熱意・やる気

人材育成の観点から熱意・やる気に溢れた人材は育てやすく、また伸びしろも大きいと企業は考えています。困難な状況下でも目標を達成する原動力となるのは熱意であり、特に第二新卒者採用では重要な評価ポイントとなっています。

ポテンシャル

スキルとして表面には出てこないポイントであり判断が難しいものですが、志望動機・自己PRなどを中心に、全体の文脈や面接での質疑応答で確認していきます。

将来性

企業は特筆すべき実績がなくても、将来性を感じる人材であれば採用したいと考えています。求める人物像との合致点が示されており、転職理由・志望動機・自己PRがそれぞれが一貫したストーリーとして繋がっていれば、将来性についてのアピールは十分と言えるでしょう。

▽第二新卒の求人情報も豊富!
第二新卒関連の転職求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:hito-contents:20180807090149j:plain出典:fotolia

第二新卒の職務経歴書に必要な項目と作成時の注意点

職務経歴書の必要な項目

(1)経歴要約

職務経歴書の基本は簡潔で要点がまとまっており、読みやすいこと。職務経歴についてはアピールポイントを的確に伝えるために、最初に要約を記載しておくとよいでしょう。時系列に記載した経歴のみの場合よりも、アピールポイントが強調され相手の印象に残りやすくなります。

(2)職務経歴

経験の浅い第二新卒の場合、とにかく多くのことを書いて実績豊富に見せようとしがちですが、それはNGです。目立った実績や成果がなくとも、業務を通じて着実に自分が成長したことをアピールするのがベターです。

(3)仕事内容

仕事内容を記載する際のポイントは3つ。

  1. 創意工夫のポイントを示す
  2. 自分の取り組み・工夫の効果を具体的に
  3. 数字で事実を裏付けする

(4)資格

第二新卒採用において、ビジネスマナーやITリテラシーなど基本スキルをマスターしていることは必須となりますが、スキルに対する評価を上積みするのに取得資格の表記は有効です。業務に直結するものでなくとも、自己研鑽や将来に向けての自己投資として資格を取得するのはプラスと言えるでしょう。

(5)志望動機(自己PR)

志望動機はそれのみが独立して存在するものではなく、転職理由から将来の目標へと繋がるストーリーの中になければなりません。職務経歴書に記載する際も面接での質疑応答を意識しながら、転職して何を実現したいのかをしっかり伝えることが大切です。

【例文あり】他者と差をつける!第二新卒の職務経歴書の書き方

それでは記載例とともに具体的な書き方について解説します。
※食品卸売会社にて営業を2年経験の場合

                  職務経歴書

                              20●●年〇月〇日現在
                                 氏名 ○○〇〇
■経歴要約
株式会社▲▲にて営業として自社ブランド食材のルートセールスを担当。顧客からの受注対応・販促企画を中心とし、現在〇〇県西部地区27社を担当。
■職務経歴
20●●年4月~現在 株式会社▲▲
事業内容/自社ブランド食材の販売 資本金/●●百万円  売上高/●●●百万円(○○年〇月期) 従業員数/●●名
※まず勤務先を一覧にまとめる

20○○年4月
株式会社▲▲入社

7月まで新人社員研修を受講し、ビジネスマナーの基本、電話応対、ビジネス文書の作成などについて学びました。また業界講座にて食品・流通業界について学び、深い理解を得ることができました。

20○○年8月
営業部営業一課に配属

OJTにて百貨店、スーパーマーケットなどへの営業同行を行いながら自社ブランド食材の販売促進業務を担当。関係先への電話連絡、見積書などの文書作成、販促物の企画・制作などのアシスト業務を通じて仕事の基本を学びました。

店内POPを企画した際、上司・顧客から高評価をいただき担当店舗すべてで採用されました。

20○○年9月~現在
【担当顧客数】27社(○○県西部地区一帯)
【営業スタイル】ルート営業

【仕事内容】

  • 顧客からの受注対応
  • 販売店ごとの特性・マーケット事情に合わせた商品の案内、売り場面積拡大のための提案
  • 消費者に対する商品認知度向上のためのイベントなどの企画

※仕事内容は具体的かつ簡潔に
【仕事での取り組み】

  • テレビのバラエティー番組で自社製品が紹介されることが決定した際、製造部門に根回しを行い対象商品を確保。放送後の売り上げ増を事前に予測し担当店舗での在庫切れを回避しました。
  • 発売以来売り上げが伸び悩んでいた〇〇という商品を別の■■という商品と合わせたレシピを考案し、担当店舗で実演販売を行ったところ一気に売り上げが倍増。このレシピは全国で提案され、商品○○の売り上げは対前年380%を達成しました。

※取り組みとその成果は具体的に数字の裏付けで示す

■資格
普通自動車運転免許(20○○年〇月)
TOEICスコア830点

■志望動機
私が前職についた理由は、数年後に輸入食品部門の海外営業に配属するという約束をいただいたことにあります。しかし、経営事情により輸入食品事業からの撤退が決まり、転属は白紙となりました。私は幼い頃より父親の仕事の関係で海外にて多くの時間を過ごしました。英語・フランス語などの語学力も自然に身に付き、将来は語学力を生かして日本と海外を繋ぐ仕事がしたいと思っていました。

今回、貴社の海外営業募集を拝見し、語学力とマーケティング観点を意識した営業経験を生かせると思い応募いたしました。ぜひ貴社製品の海外プロモーション活動に携わりたいと考えております。何卒よろしくお願いいたします。
※高い語学力・業界経験という採用要件を満たすことを示し、入社後に何がしたいのかを明確にアピールする

ビジネスマナーの判断にも!第二新卒は作成マナーにも心得ておこう

採用担当者のもとにはたくさんの応募書類が届きます。多忙な業務の合間を縫って応募書類に目を通すわけですが、読みづらいものや書式が不適切なものは一目で弾かれてしまいます。一読して要点が伝わる内容でなければ、面接には進めないと思ったほうがよいでしょう。

職務経歴書はいわゆるビジネス文書のひとつです。まともな職務経歴書が作れない人は、ビジネススキルやマナーがないとみなされてしまいます。

読みやすい職務経歴書はこう作る!

POINT1.特別な指定がなければA4サイズ2枚までに
POINT2.手書きではなくPCで作成する
POINT3.見出し・箇条書きを上手く使い一読で要点が伝わる工夫をする
POINT4.改行や行間スペースを使い、読みやすさを考える

また項目の最後は「以上」で締めるなどビジネス文書としての様式に留意しましょう。転職サイトには使えるフォーマットがたくさん紹介されています。それらを使ってみるのもおすすめです。

第二新卒の職務経歴書では自分の強みをアピールしよう

企業が第二新卒に期待するのはポテンシャルと将来性。アピールできる実績に乏しいという場合でも、自己分析とキャリアの棚卸しをきちんと行うことで自分の強みを発見できるはず。それさえできればあとは効果的なアピールを考えるだけです。

関連リンク

第二新卒関連の転職求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:epb0804:20180305160139j:plain

著者:平野輝樹

フリーランスライター
1989年リクルート入社。情報誌の企画・制作業務に携わる。
2001年フリーランスとして独立。現在は企業向けに人材採用・教育、広報関連のコンサルティング業務と各種メディアでのライティングを行う。
1965年生まれ・52歳 栃木県在住