アルバイトを辞めるときは退職届が必要?書き方や提出方法を知ろう

アルバイトを辞めるときには、退職の意思を告げるだけではなく、貸与品の返却などさまざまな手続きが必要です。アルバイト先によっては、退職届の提出を求められる場合も。退職届の書き方や提出方法、注意点について解説します。

そもそもアルバイトも退職届を書かなければならない?

アルバイトを辞めるときに、退職届の提出が必要かどうかは、アルバイト先により異なります。

アルバイトの場合には、退職届は特に必要なく、口頭で伝えるだけでよい場合が多いです。しかし、退職にはさまざまな社内手続きが必要なこともあるため、会社所定の退職届の書類がある場合や、自身で作成して提出しなければならない場合もあります。退職する際にどのような手続きをしなければならないかは、責任者に退職意思を示すタイミングで確認しておきましょう。

退職届と退職願はどう違う?

通常、退職を考えている段階であれば、退職の意思を示す退職願を、すでにアルバイト先との同意のもと退職が確定している場合や、確固たる退職意思がある場合には、撤回できない退職届を使用します。退職の意思を全く示していないにもかかわらず、いきなり退職届を出すことはトラブルとなることもありますので注意しましょう。

アルバイトの場合は期限を定めた契約であることが多く、正社員とくらべると強い雇用関係はありません。そのため、アルバイト先に退職意思を示して双方の同意を確認したのち、退職届を提出するという方式が一般的です。

▽新着情報満載!豊富な求人情報!アルバイト探しはここから!
アルバイト求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:hito-contents:20180731112504j:plain出典:fotolia

【例文あり】アルバイトの退職届・退職願に書かなければならないこと

退職届が必要でアルバイト先に所定の退職届の用紙がない場合には、自分で作成しなければなりません。退職届・退職願に書かなければならないことや文例を項目別に見ていきましょう。

退職届の用紙・フォーマット

用紙はB5 またはA4の白色で、無地でも罫線入りでも構いません。記入には黒のボールペンを使用します。

表題

退職届もしくは退職願と中央に書きます。

本文

書きはじめは、最下部もしくは右寄せで「私事、」もしくは「私儀、」と書き改行します。これから書かれていることは個人的な事柄である、という意味です。そして次のように続けますが、退職届と退職願の場合では文末が異なる点に注意しましょう。

【退職届の場合】
私事、
このたび、一身上の都合(または具体的理由)により、平成○年○月○日をもって退職致します。

【退職願の場合】
私事、
このたび、一身上の都合(または具体的理由)により、平成○年○月○日をもって退職致したく、ここにお願い申し上げます。

日付、自分の部署・氏名、宛名

縦書きの場合には、本文のあと、左下に日付、自分の部署・氏名を書き、上寄せで宛名の順で記載します。横書きの場合の記載場所は、表題のあとに右寄せで日付を、左寄せで宛名、右寄せで自分の部署・氏名の順です。

記載にあたっては、自分の所属や部署は正式名称を記入し、名前のあとは朱肉で押印します。また、宛名はアルバイト先の会社名の正式名称と会社の代表者名になり、敬称は「様」です。店舗などの場合、店舗名と会社名が異なる場合もあるので確認しておきましょう。

アルバイトの退職願・退職届の提出方法も知っておこう

退職届・退職願を書き終えたら、次は提出です。提出方法について見ていきましょう。

退職届・退職願は封筒に入れて提出

退職届・退職願は、通常封筒に入れて提出します。封筒のサイズは、用紙がB5サイズなら長形4号、A4サイズなら長形3号です。封筒の表書きは、退職届もしくは退職願。記入した退職届・退職願を3つ折りにし、文頭が上になるようにして封筒に入れます。封筒は、郵便番号枠のない白二重封筒を選びましょう。

退職届・退職願の提出期限は?

アルバイト先によってさまざまですので、就業規則を確認するか、上司や人事担当者に聞いてみましょう。法律上では退職日の2週間前までに意思を示せばよいとされていますが、実際は業務の引き継ぎに時間がかかる可能性もあり、難しいものです。少なくとも1か月前には、退職の意思を伝え、どのような手続きが必要かもあわせて確認しておきます。アルバイト先によっては、2か月以上前に退職意思を示しておかなければならない場合もあるので注意しましょう。

郵送で提出する場合は?

一般的に、退職届は手渡しで提出しますが、事情があってアルバイト先に行けないケースや、最終出勤日が過ぎたあとに書類を出すように言われることもあるかもしれません。その場合には、郵送で提出することになります。

郵送する場合には、記入した退職届を手渡しのときと同様に白封筒に入れ、さらに添え状とともに一回り大きな白封筒に入れましょう。この封筒は郵送のために使うものですので、郵便番号枠つきで構いません。添え状には、日付(提出日)、宛名(会社名から)、自分の所属と名前、本文を記入。本文は拝啓からはじめ、敬具で結びます。

【添え状の本文の例】
貴社ますますご清栄のことと存じ、お慶び申し上げます。
このたび一身上の都合(もしくは具体的な理由を記載)により退職させて頂くこととなりました。
同封の通り、退職届を提出させて頂きますので、ご査収のほどよろしくお願い申し上げます。
短い間ではございましたが、大変お世話になりました。
末筆ながら 貴社のご健勝をお祈り申し上げます。

アルバイトで退職させてくれない場合にも退職届が有効

人材が不足しているアルバイトなどでは、退職意思を示しても理由をつけて退職させてくれないこともあります。たとえば、代わりの人間を連れてこないと退職を認めない、などと言い出すアルバイト先もあり、トラブルになることも。人材募集は本来アルバイト先が行うべき業務にもかかわらず、です。

法律上は、退職の意思を示して2週間経てば、アルバイトを辞めることができます。契約期間が残っていたとしても、職場環境や個人的事情などやむを得ない理由の場合には退職が認められているのです。学生アルバイトの場合、学校や就活が忙しくなったという理由は、退職理由として十分に成立します。

通常、退職する場合には、事前にアルバイト先と話し合い、退職時期を調整したほうがスムーズに退職できます。しかし、アルバイト先がなかなか認めてくれなかったり、無理な要求を行ったりするのであれば、いつまでも辞められませんよね。そのような場合には、退職届を提出することで、明確な退職意思を表示することができます。

アルバイトを円満に辞めるために必要な手続きを確認しておこう

アルバイトを辞めるためには、口頭で告げるだけでなく、退職届が必要な場合もあります。提出が必要かどうかにかかわらず、辞めるときはアルバイト先の規定を確認し、必要な申し出や手続きを漏れなく行い、あとを濁さず退職しましょう。

関連リンク

アルバイト求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:epb0804:20180124162809p:plain

著者:みゅぜ

フリーライター。大手GMSでのアルバイトを中心に、空き時間には各種調査からテレアポ、イベントスタッフなどさまざまなアルバイトの経験を重ねる。ライターとして独立後は、就職支援サイトでのニュースや自己の経験を元にした多数の記事執筆を行っている。