【第二新卒】必ず問われる転職理由!採用につながる回答例とポイント

第二新卒としての転職を成功させるには、転職理由をどう説明するかが成否を決めます。ネガティブではなくポジティブに伝え、転職先で長く働いていきたいことを強くアピールしましょう。本記事では採用につながる転職理由例を紹介します。

第二新卒の選考で転職理由を聞かれるのはなぜ?

転職活動で必ずといっていいほど聞かれる転職理由。なぜ企業は志望動機だけではなく前の会社を辞めた理由を知りたがるのでしょうか?それは「一度すぐ会社を辞めた人は、自社に入社してもまた辞めてしまうのではないか?」と危惧しているからです。
企業が人材を採用し、その人間が会社に貢献できるようになるまでは何年もかかります。採用コストや教育コストは、一般の方がイメージするよりはるかにかかるもの。すぐ辞めてしまう社員は企業にとって損失であり、できれば面接時点ではじきたいのです。企業が必要なのは、自社に定着して生産性を上げてくれる人材だと理解しましょう。

【企業が第二新卒に危惧する点】

・入社してすぐ辞めるのではないか?
・仕事や職場環境に理想を求めすぎる傾向はないか?
・人間関係を円滑に保てないのでは?

こういった採用側の心理をよく理解して、相手の不安を払拭する転職理由を用意していきましょう。

▽豊富な条件からあなたに合った企業を見つけましょう!
第二新卒関連の転職求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:hito-contents:20180727112621j:plain出典:fotolia

転職理由はポジティブが基本!第二新卒の転職理由の答え方

とはいえ、転職理由はどうしてもネガティブになりがちです。そもそも、入社した会社を短期で辞めるわけですから、不満が全くないという人のほうが少ないでしょう。しかし、面接では表現を変えてポジティブに転職理由を説明する必要があります。

仕事が合わなかった、会社の仕事の進め方に疑問を感じたなどの、マイナスな要素をすべて隠す必要はありません。最初の会社選びはミスマッチだったと正直に語れることはむしろ好印象です。コツは志望動機とからめること。ネガティブな経験があったからこそ自分を見つめなおし次の職場で心機一転チャレンジしようという考えに至ったという流れであれば、全体的にポジティブな印象になります。応募する仕事への志望意欲が強いほど前向きな印象を与えるでしょう。

ただし、前の会社の悪口は決していってはいけません。パワハラ上司やモラハラ上司がいたとしても面接でその件に触れることは控えましょう。面接とは共に働きたい人を選ぶ場。「何でも周りの人や環境のせいにする人」という印象を持たれるような発言は控えたほうが安全です。

面接では、素直さ、前向きさ、未来志向を常に意識しましょう。
次項では具体的な転職理由例について説明します。

【回答例とポイント】第二新卒の転職理由1:仕事内容が希望と異なっていた場合

転職理由の回答例で好まれるのは、当人が前職で力を尽くしたことが伝わるパターンです。

【仕事内容が希望と異なっていた場合の転職理由例】

・仕事をしているうちに、自分がよりやりがいや使命感を感じる仕事を見つけた
・頑張って成果を出しており、職場環境にも恵まれていたが、どうしても新しい仕事への思いが強くなり転職を決めた

いずれも前向きに仕事を頑張ってきたものの、それを上回る新しい意欲に突き動かされての転職という印象を持ちます。人間は成長します。新卒時にベストと思えた職場がその人にとってベストでなくなったことは誰にも責められません。
またこのような人であれば、1~2年しか会社に在籍していなくても、おそらく周囲にいい影響を与えていたことがイメージできます。採用側としても好印象が持てる、応援したくなるような転職理由です。

【回答例とポイント】第二新卒の転職理由2:ノルマがきつくついていけなかった場合

入社した企業のノルマがきつくて転職する場合はどのように説明すればよいでしょうか?もちろん「ノルマがきつかった」とストレートにいってはなりません。この場合は、自分がその仕事のスタンスに向いていなかったと説明しましょう。

【ノルマがきつくて辞めた場合の転職理由例】

・前職は短期的に成果を上げることが優先される営業会社だった。自分は取引先とじっくり向き合い長期的に信頼関係を作り上げ成果を出すスタイルのほうが向いていると感じた。そのため顧客サービスを重視する御社への転職を考えた。

平成の時代であっても、平気で顧客の損になるセールス手法をとる企業、詐欺まがいの売り方をする企業、商品を売った後全くフォローしないような企業は存在します。採用する側も一般常識としてそういったことは理解していますので「ブラック企業」という説明は不要です。あくまで自分自身がより誠実に顧客に向き合いたいから転職を考えたとアピールしましょう。

なお、面接で「うちも短期成果が大事。各顧客に丁寧なフォローなんてする余裕はないから!」と返ってきたら潔くその企業はあきらめてください。転職しても同じ世界が再現されるだけです。

【回答例とポイント】第二新卒の転職理由3:残業や休日出勤が多すぎた場合

残業や休日出勤が多かったことが転職理由の人も少なくないと思います。この場合もただ「残業が多かった」と伝えるとわがまあな印象を持たれるリスクがあります。業務の過剰ぶりを具体的な数字でさらりと転職理由に盛り込み、より効率的な働き方をしたいというトーンでまとめしょう。

【残業や休日出勤が多すぎた場合の転職理由例】

・毎日2~3時間の残業があり、休日出勤も含めると毎月50時間以上の時間外勤務があった。仕事は好きだったが、将来的なキャリアを考えると英語や専門分野などの勉強をする時間も大切だと思った。仕事とプライベートのメリハリをつけた働き方をしたいと考え転職を決めた。
・残業や休日出勤はもちろん、土日や夜も上司とメールでやりとりすることが常態化していた。自分なりに業務の効率化に取り組んだが会社自体に遅くまで残ることを美学する雰囲気があり改善は難しかった。ある程度の残業は必要だが、もっと仕事の生産性を上げて短時間で成果を出せるような働き方を目指したいと思い転職を決めた。

なお、残業が多いという印象を持たれる時間=45時間以上と思ってください。これは36協定(企業が法定労働時間を超えて労働者に残業させる場合に労働組合と結ぶ協定)の上限時間ですので目安となります。

また、「仕事のハードさが不満」という印象だけが強くならないように、面接では仕事に前向きに取り組んでいたことを強調しましょう。業務の効率化について提案したことがある場合はそれもPRを。「Slackなどのビジネスチャット導入を提案した、クラウドシステムを提案した」など小さい内容でも問題ありません。問題解決にトライする姿勢がアピールポイントになります。現在、多くの企業が働き方改革に取り組んでいます。業務効率に対し意識が高い人材は歓迎される傾向があります。

【回答例とポイント】第二新卒の転職理由4:正当に評価されなかった場合

自分が正当に評価されなかったことが転職理由の場合。真摯に自分の能力を伸ばし実績も上がっていたこと、それでも残念ながら評価が上がらず転職を考えたことを素直に伝えましょう。ここでも、企業や上司への批判はご法度です。なぜならどの企業の評価制度も完璧ではなく、評価への不満は多かれ少なかれ誰もが持っているからです。

【正当に評価されなかった場合の転職理由】

・新規開拓営業が好きで積極的に取り組んでいたが、上司もほかの営業メンバーも既存顧客の売り上げだけで数字を作るタイプで、開拓営業を非効率とみなす雰囲気があった。営業成績は常に1~3位くらいだったが評価は常にBだった。自分の成果をきちんと評価してくれる会社で上を目指してみたいと考え、営業に強い会社として知られる御社に応募した。

ここでのアピールポイントは、不本意な評価をされながらも腐らず、努力を続けてきたことです。第二新卒の採用では、そもそも前職での評価など人事はあまり気にしません。それよりも頑張り続けたけたモチベーションの高さ、向上心を重視します。前職での悔しい経験をばねに入社したら仕事に頑張ってくれることに期待するのです。「新規一転、御社で頑張りたい」と前向きな意欲を打ち出しましょう。

【回答例とポイント】第二新卒の転職理由5:人間関係がよくなかった場合

実際のところ、転職理由のほとんどは給与の不満か人間関係の悩みといわれます。どちらか満足できていたら意外と社員は定着します。しかし、たとえ人間関係が理由で辞めるとしてもそれを転職理由のメインにすることはおすすめできません。なぜなら、話をしたところで採用側が客観的に判断できないからです。また人間関係の問題は、自社のどの職場でも起こりうること。「同じようなことが起きたらまた辞めるの?」と採用する側が心配します。人間関係の問題は触れないか、志望動機の一つに入れる程度がベターです。

【人間関係が悪かった場合の志望動機】

・コミュニケーションを重視する職場環境で働きたいと思った
・アットホームな社風に魅かれた

こう書くと「以前の職場はギスギスしていたのかな」くらいの印象は伝わります。また「周囲と協調していこう」という気持ちも伝わります。ここでもポジティブで柔らかい表現を心がけましょう。

第二新卒の場合は定着できる人材であることをアピールしよう

第二新卒として転職活動を行う場合は「すぐに辞めない人間であること」をアピールしましょう。知識やスキルよりも意欲やその会社に貢献したいという気持ちが一番企業に響きます。転職理由はポジティブにまとめ、好印象を与えましょう。

関連リンク

第二新卒関連の転職求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:epb0804:20180305162144j:plain

著者:HRM

10年間、求人メディアの営業職として大手企業~中小企業まで数多くの企業の採用コンサルティングに携わる。独立後はライターとして、人事制度、メンタルヘルス、転職市場、採用手法、海外転職市場についてなど、人と仕事に関するテーマを中心に書いています。