アルバイトでのパワハラ問題はどう対処すべき?その方法とコツを解説

アルバイト先での上司や先輩による理不尽な要求や嫌がらせ。パワハラに該当する場合には、がまんせずに然るべき対処を取りましょう。今回は、パワハラの定義や特徴を見ながら、パワハラを受けたときの対処や相談方法をご紹介します。

アルバイト先でのパワハラとは?判断基準も解説

パワハラとは、パワーハラスメントを略したものです。職務上で何らかの優位性を持つ立場にいる人が、その立場を利用して身近な人に理不尽な要求や嫌がらせをし、心身に苦痛を与えたり、職場環境を悪化させたりすることをいいます。

パワハラの6類型

厚生労働省では、パワハラには次のような類型があるとしています。ただし、これがすべてというわけではありません。

  • 身体的な攻撃
  • 精神的な攻撃
  • 人間関係からの切り離し
  • 過大な要求
  • 過小な要求
  • 個の侵害

パワハラはどの人間関係でも起こりうる

パワハラは優位性を利用した嫌がらせ行為ですが、必ずしも、上司から部下の間柄で起こるものではありません。勤務期間や雇用形態、能力や経験など、さまざまな要素の優位性が含まれます。

教育的指導とパワハラとの境界線は?

大声で怒鳴られたからといって、それがイコールパワハラではありません。たとえば、怒鳴られた人が遅刻ばかりして、ほかの従業員に迷惑をかけることが続いていた場合です。怒鳴って強く言わないと重要性が伝わらないという背景では、業務の適正な範囲となります。この場合は指導的な意味合いが認められるため、一概にパワハラとはいえないのです。
しかし、ほかの人の前で大声で侮辱的な言葉を使った場合などはパワハラに該当します。

f:id:hito-contents:20180724163434j:plain出典:fotolia

アルバイト先で起こるパワハラの具体例

では、アルバイト先で起こるパワハラにはどのようなものがあるのでしょうか。よくある具体例を3つご紹介します。

ノルマやシフトの強要

通常の業務内では達成の難しいノルマを強要したり、あり得ない量の仕事を押し付けたりすることはパワハラです。学生のアルバイトの場合、どうしても入れない日に無理やりシフトを入れられたり、契約シフト以上の勤務の強要されたりなどもよく見られるパワハラ事例です。

侮辱や暴言、人格否定

ほかの従業員や第3者の前での侮辱や、人格を否定され精神的苦痛を受けるような暴言もパワハラに該当します。仕事ができないことを嫌味のようにいわれるといったことも、人格否定とされます。

暴力的な行為

暴力に関しては、業務の範囲内であってもパワハラです。実際に手を触れなくても、八つ当たりでものを投げる行為なども含まれます。

アルバイト先でのパワハラ対応策1:職場の同僚や先輩に相談

パワハラ対応策としてまずできることは、職場の同僚や先輩への相談です。

同僚や先輩に相談するメリット

パワハラを行っている人と同等の立場、もしくは上司に当たる人であれば、パワハラの現場を見て、直接注意してくれる可能性があります。また、同僚に話すと、フォローも期待できますし、同様にパワハラに悩まされている場合には、一緒に改善を目指して行動もできます。

パワハラ行為者本人に直接抗議するという方法も

パワハラをしている人の中には、自身の行為がパワハラだと理解できてない人もいます。パワハラを受けたときに、直接本人へ抗議することで、解決につながることも。状況によっては、しっかりとパワハラだから止めてほしいと告げることもひとつの方法です。ただし、逆に抗議したことにより、パワハラが悪化する可能性もあるので、慎重に判断しなければなりません。

アルバイト先でのパワハラ対応策2: 社内の相談窓口を利用する

先輩や同僚に相談してもパワハラ問題を解決できない場合には、社内の相談窓口を利用しましょう。

規模が大きな会社では、本社の総務部やパワハラなどの労働問題を相談する部署があります。名称はコンプライアンス窓口やメンタル相談室などとなっていますので、会社の制度を確認してみましょう。また、労働組合が力になってくれることもあります。相談する場合には、次のようなことに注意してくださいね。

パワハラを記録しておく

いつ、どこで、誰にどのようなパワハラをされたかを記録します。ICレコーダーで録音しておけばパワハラの動かぬ証拠となりますが、難しい場合はメモでも構いません。また、パワハラの現場を見ていた人がいる場合には、その情報もあわせて残しておきましょう。実態調査の際に役立ちます。サービス残業を強要するなど、パワハラの内容によっては単なる嫌がらせだけではなく、労働関連の法令に違反している場合もあるので、記録は大切です。

会社の対応に注意

パワハラ関連の相談窓口を設けている会社であっても、運用方法が適切でなく、相談を受けても実際には思ったように対処してくれない場合もあります。適切な対応が見られないようなら、公的機関への相談も視野に入れましょう。

アルバイト先でのパワハラ対応策3:公的機関へ相談する

アルバイト先の会社にパワハラを相談しても、事なかれ主義で適切に対応してもらえないこともありますし、そもそもパワハラを相談する窓口が設置されていないことも。その場合には、社外の専門家に直接相談するという方法があります。次の窓口でパワハラの相談を受け付けていますので、活用しましょう。相談にあたり準備しておきたいことは、先ほどご紹介した社内の相談窓口に相談する場合と同じです。

労働基準監督署や各地域の労働局

労働基準監督署や各地域の労働局では、総合労働相談コーナーにてパワハラだけでなく、労働に関するさまざまな相談を受け付けています。専門の相談員がおり、面談または電話での相談が可能です。相談は無料で、予約などは必要ありません。また、相談の秘密は厳守されます。総合労働相談コーナー全国の労働局・労働基準監督署380か所に設置されていますので、最寄りの地域を利用しましょう。

法テラス

パワハラの内容に応じて取れる法的手段や、適切な相談窓口を案内しています。ただし、個別の法的判断やアドバイスは行っていません。電話や各地の法テラス事務所、メールでの相談が可能です。

法テラスサポートダイヤル:0570-078-374(電話受付時間 平日9:00~21:00、土曜9:00~17:00)

みんなの人権110番

法務局が設置する人権関連の問題の相談受け付け電話です。パワハラの相談にも対応しています。夜間や休日などの時間外については、メールでの相談も可能です。

みんなの人権110番:0570-003-110 (電話受付時間 平日8:30~17:30)

アルバイト先で受けたパワハラを解決するために勇気を持って行動しよう!

アルバイト先でのパワハラは、がまんしていても解決はしません。パワハラと感じる扱いを受けた場合には、早めに周囲や専門機関に相談しましょう。パワハラの内容や日時などを記録しておくと相談時に役立ちます。
また、そのアルバイト先に固執せず、辞めて別のアルバイトをするという方法もひとつの方法です。

参考

[1]パワハラの6類型|パワハラ基本情報|あかるい職場応援団 -職場のパワーハラスメント(パワハラ)の予防・解決に向けたポータルサイト-
[2]https://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/foundation/pawahara-six-types/
[3]2018.6.20

[1]パワハラにあったらどうする?|パワハラで悩んでいる方|あかるい職場応援団 -職場のパワーハラスメント(パワハラ)の予防・解決に向けたポータルサイト-
[2]https://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/worry/action/
[3]2018.6.20

f:id:epb0804:20180124162809p:plain

著者:みゅぜ

フリーライター。大手GMSでのアルバイトを中心に、空き時間には各種調査からテレアポ、イベントスタッフなどさまざまなアルバイトの経験を重ねる。ライターとして独立後は、就職支援サイトでのニュースや自己の経験を元にした多数の記事執筆を行っている。