キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

大学で英語の授業が増えている?ついていけない時の勉強法

理系文系問わず大学で英語の授業はあります。高校までとの違い、具体的な授業の内容、英語で授業進行をする学部・コースの情報などは事前に押さえておきたいですよね。自分の英語力に不安のある人のために、対処法も含めてご紹介します。

全授業が英語の大学も!多くの学部やコースで英語はますます必須に

「通訳など語学系の仕事に就きたい」「海外留学を予定している」「外資系企業や大手企業に就職したい」などの英語力を求められるような目的を持っていない学生でも、大学の授業で英語を活用する場面は度々あります。世界各国から優秀な学生を獲得するための一策として大学のグローバル化が進められ、英語で授業を行う学部やコースは年々増加の傾向があるためです。
それでは、以下の項目で、大学で行われる実際の英語授業はどんなものかを紹介していきます。

▽気になる英語の授業はどんな内容?各大学の講義情報をチェックできる!
講義情報 授業評価 大学別の掲示板 サークル情報 みんなのキャンパス

f:id:hito-contents:20180713120123j:plain出典:fotolia

ほとんどの大学で英語は必修科目

大学の必修英語って?

多くの大学では、英語を必修科目として設定しています。しかし、この必修科目の英語授業は高校までで学んだ英語から大きくレベルアップするわけではありません。そのため、過度の心配は不要でしょう。
ただし、授業の内容や雰囲気はガラリと変わるかもしれません。これまでの「文法中心」だった高校の英語授業から、「リスニング&読解中心」の授業にシフトすることが多くなっているためです。

詳しい授業内容は?

具体的には、テキストがすべて英文のものを用いるようになったり、授業進行が終始英語のみで行われるようになったり、といった変化が見られます。リスニングや読解に慣れていないとはじめは授業内容を理解するのも難しいかもしれません。しかし、板書での補足や辞書を引くことなどで、十分にフォローは可能です。
ほかにも、生徒が実際に英語を話す「スピーキング」を積極的に取り入れる場合もあります。より実践的な英語を身につけることができるので、トライしてみる価値はあるでしょう。

理系大学では、英語の専門用語もマストに

論文などで登場する英語の専門用語

理系の大学や学部では学年が進むにつれて、世界中で発表されている英語の論文を多量に読み込む機会が増えていきます。そのため、分野特有の専門用語も英語で覚える必要があります。
繰り返し単語を使うことで自然と習得することは可能ですが、ある程度の語彙力が身につくまでは苦労する学生も少なくないようです。少しでも早い段階で、専門用語の英語表現に触れる機会を作ることができると、後々の活動に役立つでしょう。

研究者を志すなら発信力も必要

また、将来的に院などで研究の道へと進む場合には、読解力だけでなく専門用語を用いた表現力も身につけなくてはなりません。国際的に発表する論文の作成は、英語での執筆が求められるためです。
英語での表現力や発信力は一朝一夕で身につけられるものではないので、進路の方向性が見えてきたら、専門分野の研究と合わせて英語力も鍛えておきたいところです。英文での論文作成がスムーズに行えると、その分研究に費やせる時間も増えることになりますね。

全授業を英語で進行する大学・学部・コースも

英語を活用した授業が増加

以前は、英語のみで進行する授業スタイルは「外国語学部」や「国際教養学部」といったグローバルな学部で行われることがほとんどでした。しかし最近では、それ以外の大学や学部、コースでも英語で授業を進行するところが増えています。
英語で進められる授業では、ディスカッションが主体の欧米式を取り入れていたり、多国籍の学生たちに交じって授業を受けたりするところもあるようです。また、留学が必須になっている学部やコースも登場しています。

あとになって困らないよう、あらかじめどんな内容の授業が行われるのか、雰囲気や単位取得の条件などと一緒にリサーチしておくことが大切でしょう。

具体的にどんな大学や学部・コースに多い?

英語を用いた授業は、大学全体で力を入れて取り組んでいるところもあれば、学部やコースによって頻度が異なっているところもあります。
国際学部などではもちろん英語授業の機会が多くなっていますが、ほかにも経済学部などの社会科学系統の授業でも国際的に活躍できる人材育成を理由のひとつに、英語のみで進行するケースも。また、いわゆる理系とカテゴライズされる自然科学系の学部も論文の扱いなどで英語に接する機会が多いため、授業でも英語を用いる機会が度々あるようです。

大学の英語授業、ついていけないときの対処法

大学の英語授業についていけないと感じたり、不安を持っていたりする人にトライしてみてもらいたい対処法をご紹介していきます。

受験英語のおさらい

高校までで学んだ文法中心の受験英語は、リスニングや読解重視の大学英語でも必ず活きてきます。基本を軽視せずに受験勉強を振り返り、しっかりと自分のものにしていきましょう。

リスニング+発語の「シャドーイング」

大学の英語授業でつまずきやすいポイントとして、ネイティブな英語を聞き取ることができないために授業の流れが掴めなくなる、というものがよく挙がります。
リスニング力を鍛えるためには耳の鍛錬だけでなく、聞いた音をひたすらオウム返しにする「シャドーイング」と呼ばれる訓練がオススメ。発音やイントネーションの差異を口と耳の両方で実感することができるトレーニングです。

予習をしっかり

専門用語や特有の言い回しで苦労している場合は、その授業内容に関連した単語や知識を予習しておくと、格段に英語の聞き取りがしやすくなります。授業自体の理解度も上がるので、ぜひ取り組んでみてください。

習うより慣れる

留学経験者の体験談としてよく耳にする方法ですが、実際に外国人の学生や講師と会話して経験を積むのも上達への近道です。はじめは恥ずかしく感じるかもしれませんが、思い切ってチャレンジしてみることで、自分でも驚くほどに実践的な英語力が身につくことでしょう。

大学受験を突破した時点で、「英語のできない」学生はいない

もともと英語に苦手意識を持っていた人にとっては、英語は受験のために頑張ってきたもの。そんな英語とは大学に受かった時点でサヨナラだと思っていたのに、英語学科でなくても英語を使うと聞いて落胆してしまった人もいるのではないでしょうか。
しかし、大学入試の英語はそれなりの水準で作られているので、それを突破した時点ですべての学生が最低限以上の英語力を有しているということになるのです。
「英語ができる」にも程度があります。ネイティブに負けずとも劣らないだけの完璧な英語を目指す必要は決して無いので、安心してください。

大学で学ぶ以上、英語は学び続けることになる

高校までの学習内容がベースとして助けになるので、大学での英語授業に対しての過度な心配は不要です。しかし、どの学部に進んだとしても多少の英語力が求められるという事実も覚えておきましょう。そして、授業についていくためにはある程度の努力と実践が欠かせないので、気を緩めずに対策してくださいね。

関連リンク

講義情報 授業評価 大学別の掲示板 サークル情報 みんなのキャンパス

f:id:epb0804:20180124162812p:plain

著者:りうな

4人の子供を育てながら、ウェブライターとして活動中。 子育てやライフハックなどの身近で実用的なテーマが得意。 飲食店などの接客アルバイトをいくつか経験しております。