理系大学でアルバイトやサークルは無理?両立の方法を考えてみる

理系大学の学生は授業がハードでアルバイトやサークルにあてる時間がないとよくいわれますが、本当にそうなのでしょうか。理系学生の生活の実情をみながら、両立する方法、また両立しやすいアルバイトなどを考えてみましょう。

理系大学、4年間の学生生活はどのくらい忙しいのか?

理系の大学生は、文系の学生とくらべると忙しいといわれますが、どのような点に差があるのか見ていきましょう。

もともと卒業所要単位が多い

大学設置基準によると、卒業までに必要な所要単位は124単位。文系学科の場合は、この単位数と大きな差はありませんが、理系の学科の場合は130単位を超えることが多いです。

実験やレポートが多い

理系の学生には実験があります。実験は授業のコマ内で終わるものではないうえ、レポートの提出頻度も多いです。さらに、実験自体の単位数も少ないため、文系よりも単位が取りにくいという性質があります。また、理系学部の中でも、工学部建築学科や医学部医学科が忙しいとされています。実験に動物を使用する、生命工学系の学科や薬学系学科についても、動物の管理が必要となるため、必然的に忙しくなります。

理系学生はバイトやサークルは難しい?

以上のように、大学の勉強が忙しい理系学生。しかし、まったくアルバイトやサークルに参加できないというわけではありません。実際に、文系よりも若干少なくなるものの、理系の学生もアルバイトやサークル活動を行っています。ただし、実験や研究が忙しくなる3年、4年生ではサークルには参加していないという学生が多数です。

▽理系学生にピッタリなアルバイトもきっと見つかる!
バイト・アルバイト・パートの求人情報【楽天ジョブサーチ】

f:id:hito-contents:20180713113644j:plain出典:fotolia

それでも大学時代にアルバイトやサークル活動をする意義は?

大学が忙しいからといって、さまざまな経験ができるアルバイトやサークル活動を諦めてしまうのはもったいないです。アルバイトやサークルで得られるたくさんのメリットについて見ていきましょう。大学の授業だけでは得られない、貴重な体験であることがわかります。

人脈を広げられる

学年や学部、学校を超えた交流が生まれるサークルでは、大学の授業や研究室外の人と接する機会が多くなり、人脈を広げられます。就職活動や、後の社会人生活でも、何かと相談したり助け合ったりができる関係を築くことができます。アルバイトも同様で、大学とはまた異なる人間関係を構築できます。

進路の選択に役立つ

アルバイトで一定の就業経験を積み、社会に触れることで自身の進路の選択にも役立ちます。自分の学科や研究分野に関するアルバイトならなおさらです。就職活動での業界研究にも役立てることができます。

人間力を高める

たくさんの人と接する機会が増えるため、おのずとコミュニケーション能力が高まります。また、他者と協力して物事をやり遂げることを通して学ぶことはたくさんです。もちろん、さまざまな体験は一生き残る思い出にもなります。

忙しい理系大学生、時間がないなら作ろう!

絶対的に時間が足りない、忙しい理系大学生。しかし、1日を見直してみたときに無駄な時間はないでしょうか?時間の使い方次第で、サークルやアルバイトのための時間が確保できるかもしれません。時間を有効活用するためのチェックポイントをご紹介します。

スマホやゲームで時間を浪費していないか

空き時間があるとついスマホをいじったり、ゲームをしていたりしていませんでしょうか?1日ではたとえ少しずつでも、週や月となるとまとまった時間になります。適度な息抜きも大切ですが、やはりもったいないといわざるを得ません。特にゲームはあっという間に時間が過ぎてしまうもの。時間を無駄にしないためには、1日の時間を決めておくことも効果的です。

スキマ時間を活用しているか

1日のうち、交通機関での待ち時間や移動時間など、細かい空き時間は見つかるものです。これらを無駄にせずに活用しましょう。具体的には、レポートの構想を練る、勉強の復習をするなどの方法があります。

サークルやアルバイトは1、2年生のうちに

忙しい理系の学生でも、1、2年生の間は比較的時間が取りやすいです。このときを最大限に活用しましょう。1、2年の間に時間の使い方のコツをつかんでおけば、忙しくなる3年以降でも、場合によってはサークルやアルバイトの時間が取れるかもしれません。

理系大学生が両立しやすいアルバイトって?

大学が忙しく、まとまった時間の確保が難しい理系大学生。大学と両立しやすいアルバイトには、どのようなものがあるのでしょうか?理系学生に人気のアルバイトを見ていきましょう。

大学や自宅の近くのアルバイト

アルバイト先が大学や自宅の近くにあれば、通勤が楽になるだけなく、通勤にかかる時間を短縮できます。交通機関を使用せず、徒歩や自転車で通うことができれば、無駄な待ち時間が発生しないため、さらに効率的です。

シフトがコントロールしやすいアルバイト

理系の学生は、文系よりも試験の難易度が高いため、テスト期間中は勉強に集中したいですよね。そのため、テスト休みを取りやすいシフト申告制のバイトは理系学生に人気があります。たとえば、ファストフード店や居酒屋などは、週単位でのシフト申告となっていますので、実験の都合で出勤が難しくなりそうな場合にも調整がしやすいです。

短時間・短期間のアルバイト

理系の大学生は、長時間のアルバイトは時間を確保することが難しいため、短時間・短期間のアルバイトも狙い目です。単発のイベントスタッフや、長期休暇の時期限定でアルバイトをする学生もいます。
短時間で人気があるアルバイトは、家庭教師。時給が高いため短時間で効率よく稼ぐことができますし、理系の大学生、特に医薬系の学生には高いニーズがありますので最適です。

理系大学生がサークル活動をするなら厳選しよう

忙しい理系大学生は、サークル活動のための時間を確保するのも一苦労。その苦労を無駄にしないように、参加するサークルは厳選しましょう。
よく考えないでサークルを選んでしまうと、活動費用が高額でアルバイトもする羽目になった、実態は飲み会ばかりで得られるものがなかった、という失敗も。サークルに参加するなら、事前に活動内容を確認する、先輩に尋ねるなど情報収集を行って、納得のいくものを選びましょう。もし、参加してみて意義を感じないのであれば、違うサークルへの変更も視野に入れます。

学業は何より優先、本末転倒にならないように大学生活をエンジョイしよう

大学生は、アルバイトやサークル活動など、貴重な体験ができる機会がたくさんあります。しかし、学生の本分である学業がおろそかになっては本末転倒です。学業に支障のない範囲で今しかできないことを楽しみましょう。

関連リンク

バイト・アルバイト・パートの求人情報【楽天ジョブサーチ】

f:id:epb0804:20180124162809p:plain

著者:みゅぜ

フリーライター。大手GMSでのアルバイトを中心に、空き時間には各種調査からテレアポ、イベントスタッフなどさまざまなアルバイトの経験を重ねる。ライターとして独立後は、就職支援サイトでのニュースや自己の経験を元にした多数の記事執筆を行っている。