自己PRで伝えるべきことは?転職活動での効果的な自己PRの書き方

自己PRに何を書けばいいのかわからない…はじめての転職の場合、そう思う人も多いことでしょう。ここでは採用担当者に「ぜひこの人を採用したい」と思わせる、効果的自己PR作成法について詳しく解説していきます。

転職活動の自己PRの作成の流れとポイント

転職活動における自己PRとは、「当社に対してあなたの何が強みだと思いますか?」という応募先企業からの問いに対する回答です。つまり、自分が応募先企業の求める人物像に合致し、将来にわたって企業にとって必要な人材であることをアピールするためのプレゼンなのです。書き方次第で採用担当者が受ける印象は大きく変わってきます。ここでは自己PR作成の基本と流れを解説します。

自己PR作成に欠かせない要素

(1)客観的視点を軸にした自己分析とキャリアの棚卸しをおこない、自分の強み・獲得したスキル・経験などを整理。転職市場における自分の市場価値を知る
                     
自己分析では自分を客観視し、プラスマイナス両面を認識しておかなければなりません。まず、自己分析シートとして紙に自分の強み・弱み、前職で培った能力・不足していると思われる能力などを書き出していくことから始めてみましょう。すべての項目を出し切ったところで自分の強みを整理し、転職エージェントなど第三者の意見を活用しながら転職市場における自身の優位性はどこにあるのかを発見していきます。

(2)徹底的な企業研究により「応募先企業の求める人物像」を知り、自己分析で導き出した自己の強みとの合致点を探す
                      
企業研究の深さは情報収集力で決まります。ネット、新聞など誰でもアクセスできる情報を集めるだけでは不十分です。志望先企業のリアルな情報を得るなら、働く社員の生の声を聞くのがベスト。自分の人脈を使ってインタビューを設定するぐらいの行動力は欲しいところです。

(3)「自分にできること」「自分がやりたいこと」を明確化し、入社後の自分を具体的にイメージする

他の応募者に対して圧倒的な優位性を持つには「自分は御社が求める人物である」というアピールでは弱く、「自分は御社が採用すべき人物である」という力強いアピールが必要です。将来ビジョンが明確であり、その実現のためにはこの企業でなければならないという意思が伝わらなければななりません。

これらが自己PRを作成するための基本です。

▽自分のキャリアに合った転職先を探そう!
転職求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:hito-contents:20180709152048j:plain出典:fotolia

転職活動の自己PRに入れてはだめなNGポイントとNG例

自己PRにはNGとなる表現や気をつけなければならないポイントがあります。
いくつか具体例を挙げて解説しましょう。

(1)抽象的な表現はしない

「顧客優先主義のスタイルを貫き、トップクラスの営業成績を残しました」

これでは業績を上げるための具体的な取り組みがわかりませんし、トップクラスという表現も曖昧です。取り組み姿勢などをアピールしたい時はプロセスをきちんと述べるなど書き方を工夫する必要があります。

(2)事実の裏付けができないことは「強み」と認識されない

「周囲からコミュニケーション力が高いと評価されていました」

これでは具体的な裏付けがなく信頼されません。営業実績などを挙げてコミュニケーション力をアピールしようとする人もいますが、コミュニケーション力については面接の質疑応答を通じて面接官が判断するものです。

(3)前職に対するネガティブな表現はしない

「前の勤務先は経営が保守的でしたので、革新的な経営を貫く御社で新しいことにチャレンジしたい」

前職への批判、前職と志望先との比較などを転職理由・志望動機に盛りこむのはNG。志望先の魅力を伝える意図であっても、これらの表現はマイナスイメージにつながるだけです。

(4)志望先が求める人物像・採用要件とズレたアピールはしない

「新規事業立ち上げの核となりうるリーダーシップと企画力に長けた人物を採用したい」という企業の採用ニーズに対し、「チャレンジ精神が旺盛で、成長意欲に溢れている」とアピールしたらどうでしょう。

これでは求める人物像との一致点は見い出せず、採用の見込みはないでしょう。志望先を決定していく上で、求める人物像に合致していることは大前提です。

ケース別!転職活動の自己PR例

先述したポイントを踏まえ、ケース別に「自己紹介の書き方」の具体例を紹介します。

【例1】前職での経験が浅い場合の自己PR

私の強みは、「目標達成に対する強いこだわりを持ち、努力し続ける粘り強さ」と「現状に甘んじることを良しとしない向上心」であると思います。前職において営業は志望外の職種でしたが、未知へのチャレンジであると捉えることで前向きな姿勢で仕事に取り組むことができました。「日々是成長」をモットーとし、個人的に2年間日誌をつけ、気付いたこと・失敗したこと・顧客から指摘されたことなどをすべて記入しました。上司・先輩からは仕事の振り返りができており、その結果を次に生かしていると評価いただきました。今後もチャレンジする意欲と、目標達成へこだわりを失わず成長していきたいと考えています。

POINT⇒意欲・仕事に対する姿勢をアピールすること

【例2】前職と同一職種への転職の場合の自己PR

私はこれまでハウスメーカーに営業として5年間勤務してまいりました。3年目以降は社内トップ3以内の営業成績を維持し、昨年は年間目標達成率160%を達成。年間MVPも受賞しました。「目標はクリアしてこそ意味があり、ギリギリではなく高い達成率でなければならない」と自分を奮い立たせてきた結果だと思います。前職ではユニット住宅の販売を手掛けておりましたが、自由設計の注文木造住宅を扱われている御社においてなら、さらにお客様満足度の高い提案ができると確信しております。これまでに培った経験・ノウハウをフルに活かし、御社においてもしっかりと成果を出していきたいと考えます。

POINT⇒経験や実績を具体的な裏付けと共にアピールすること

【例3】専門分野での転職の場合の自己PR

私はこれまで5年間、決算処理業務をメインに経理・財務全般の仕事に携わってきました。従業員20名ほどの小さな会社でしたので、社員一人一人の仕事の領域は広く、そのため「個人のスキルアップこそが重要」と考え独学で税理士・簿記1級の資格を取得しました。さらに今年から経営大学院にてMBA取得を目指しています。財務・経理全般に関わってきた中で「財務のスペシャリストとして活躍したい」という思いが強くなり、転職を決意いたしました。御社でなら私のこれまでの経験、スキルが十分活かせると思っています。

POINT⇒資格やキャリアについてしっかりアピールすること

転職での自己PRはしっかりと自己分析と企業研究をおこない、ズレのないアピールをすることが大切です

客観的視点からの自己分析と、徹底的な企業研究をおこなうことがすべての基本となります。
企業が求める人物像と合致点を確認し、「自分にできること」「自分がやりたいこと」「企業に対して何が強みであるか」を整理することで効果的自己PRを形成することができます。

関連リンク

転職求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:epb0804:20180305160139j:plain

著者:平野輝樹

フリーランスライター
1989年リクルート入社。情報誌の企画・制作業務に携わる。
2001年フリーランスとして独立。現在は企業向けに人材採用・教育、広報関連のコンサルティング業務と各種メディアでのライティングを行う。
1965年生まれ・52歳 栃木県在住