アルバイトとパートの違いとは?時給や勤務時間は?違いを徹底解説!

フルタイム労働ではない短時間労働の呼び方には、アルバイトとパートがあります。アルバイトとパートは呼び方だけの違いなのか、内容的にも違いがあるのかなどアルバイトとパートにはどのような違いがあるのかをご紹介します。

アルバイトとパートの歴史や語源とは?

短時間労働の呼び名として現在定着しているものにアルバイトとパートがあります。アルバイトもパートも外来語が起源のような響きですが、それぞれの語源と歴史はどのようになっているのでしょうか?以下にアルバイトとパートの日本での歴史と語源を紹介します。

アルバイト

アルバイトの語源はドイツ語のArbeitとされています。意味は仕事全般、研究、業績、学問上の作業などを指し、日本では明治時代、主に学生の間で仕事をすることを意味する言葉として使われていたとされています。日本で使われるアルバイトとは違い、臨時的な仕事や短時間の仕事や副業などといった意味は本来のドイツ語のArbeitにはありません。明治時代に学生の間で使われていたことから、今現在も学生が学業の傍ら行う仕事のイメージが強いのかもしれません。

パート

パートの語源は、英語のPart Timeからきているとされています。英語のFull Timeの対義語であり、フルタイムではなく一部の時間で働くといった意味があります。パートはパートタイムを省略して使われているといわれています。
日本で使われ始めたのは、昭和22年頃とされており、現在のNTTがパートタイム職員と称して主婦層の雇用を募ったのがはじめといわれています。現在でも主婦層の労働者を中心にパートタイムを使うことが多いようです。

アルバイトとパートには語源の違いがありました。どちらも外来語ではありますがアルバイトはドイツ語なので、英語圏でアルバイトといっても通じないため、注意が必要です。

f:id:hito-contents:20180709162753j:plain出典:fotolia

アルバイトとパートの法律上の違い

アルバイトとパートは語源が違うため呼び方の違いがあるようですが、実際に法律上での扱いの違いなどもあるのでしょうか?

現時点の日本の法律においては、アルバイトとパートに法律上の違いはありません。法律上はどちらもパートタイム労働者として扱われ、パートタイム労働法という法律が定められています。

パートタイム労働者とは、1週間あたりの勤務時間がフルタイムで働く正社員より短い労働者です。アルバイトやパートといった形態以外にも、嘱託社員や契約社員などもパートタイム労働者にあたります。

社会保険や有給休暇の取り決めについてもアルバイトとパートの区別ありません。法律上ではアルバイトとパートの区別は全くないといえます。パートタイム労働者では、一定の条件がそろえば社会保険加入や有給休暇の所得が認められています。

アルバイトとパートの会社の捉え方や世間のイメージの違い

アルバイトとパートで法律上の違いはないと紹介しましたが、世間的なイメージには違いがあることが多いのが現実です。アルバイトとパートの世間のイメージと、イメージ上のメリットデメリットには下記のようなものがあります。

アルバイト

【アルバイトのイメージ】

  • 学生が学業に支障が出ない程度にする短時間の仕事
  • イベント時や繁忙期などだけに入る短期間の仕事
  • 仕事上での責任があまりない
  • 基本的に考えてするよりは与えられた仕事を行う
  • 学生が学業に支障が出ない程度に行う仕事のイメージ
  • シフトで勤務時間が決まるイメージ

【アルバイトのメリット】

  • 短期間や短時間なので、学業に支障が出にくい
  • パートより気軽にできる
  • 学校の試験や行事など都合によってシフトを変えやすい
  • 長期休みなどのときだけ短期間働くことが可能
  • パートよりは都合によって辞めやすい

【アルバイトのデメリット】

  • 昇進や昇給はあまり期待できない
  • 長時間や長期間勤務することは難しい

パート

【パートのイメージ】

  • アルバイトより長期間の仕事
  • アルバイトより責任のある仕事を任される
  • アルバイトより長時間の勤務
  • 主婦の仕事のイメージ
  • 毎日決まった時間での勤務
  • 社員の補佐を行うことが多い

【パートのメリット】

  • 昇進や正社員登用も期待できる
  • 責任のある仕事を任されやりがいがある
  • 長期間働けるのでやり慣れた仕事を続けられる

【パートのデメリット】

  • 仕事を辞めたいときにアルバイトより辞めにくい
  • 責任のある仕事を任されるため、業務内容が難しい場合がある
  • 長期的に仕事をしていくために人間関係に気を配る必要がある

法律上、アルバイトとパートには違いは全くないものの、世間に浸透しているイメージには違いがあることが多いようです。次で紹介しますが、会社によっては世間でのアルバイトとパートのイメージに合わせてアルバイトとパートの募集内容や仕事内容を変えている場合があります。そのため、アルバイトやパートに応募をする際は勤務条件などをしっかり確認することが大切です。

アルバイトとパートを区別している会社へ応募する際の注意点

法律ではアルバイトとパートに違いがないものの、世間一般のイメージではアルバイトとパートに違いはないとは言えません。そこで、あえてアルバイトとパートを分けて募集している会社の場合は、アルバイトとパートを世間のイメージに合わせて違うものと考えている場合もあるため応募する際には注意が必要です。
アルバイトとパートを分けて募集している会社の場合、以下の点を比較して自分に合ったものに応募しましょう。

アルバイトとパートを分けて募集している会社へ応募する場合のチェックポイント

  • 時給だけでなく勤務期間の違いを比較し、学業との兼ね合いを考え応募する
  • 勤務時間の違いを比較し、毎日決まった時間に勤務する必要がある場合は授業に出れない可能性もあるので注意する
  • 学業との兼ね合いを考え、仕事の責任が重いものなどはできるかどうか考える

アルバイトとパートのどちらか一方だけを募集している場合でも、仕事先が持っているイメージがアルバイトかパートのどちらかに偏っている場合もあります。アルバイトやパートに応募する場合は、きちんと勤務時間や勤務期間を確認して学業との兼ね合いを考え応募することが大切でしょう。

アルバイトとパートの法律上の違いはなし!ただし会社によっては分けている場合も。

アルバイトとパートには法律上の違いはないものの、世間に浸透しているイメージに違いがある場合があります。会社によってはアルバイトとパートの仕事内容や勤務状態を分けている場合もあるので自分にあったものに応募しましょう。

f:id:epb0804:20180124162815p:plain

著者:岡島リナ

姉妹育児中のフリーライター。某国立大卒業後、教育関連会社、結婚相談所、留学カウンセラー、パソコンのヘルプデスクなどに就業経験あり。アルバイトとしては、アパレル、飲食、出版社、イベントスタッフなどの経験あり。