アルバイトの面接の服装はどうしたらいい?OK・NGポイントを解説

アルバイトの面接に行く際の服装は、勤務先の雰囲気や職種にあわせて変えるのが基本です。このページでは、アルバイトの面接にふさわしい装いについて、ポイントをまとめました。これから面接を受ける予定の大学生の皆さん、必見です。

アルバイトの面接で服装もチェックされる理由とは

アルバイトの面接において、応募者の服装が重視されやすい主な理由は2つあります。1つめの理由は、お客様やほかのスタッフに与える第一印象に関係するため。2つめは、職場の雰囲気にあった装いができるかどうかといった判断力の有無をチェックするためです。

もちろん、アルバイトの面接でチェックされるポイントはほかにもあります。たとえば応募者の性格や、言葉遣い、職場への適応性などがあげられるでしょう。ただ、中でも服装は「職場の顧客層に好かれそうか」「TPOにあった装いを自分で考えられるか」といった評価の判断材料になるため、面接では重視されやすい傾向にあります。仕事中は用意された制服を着るようなアルバイトであっても、応募者の私服を見て「この子はうちの店の雰囲気に合うかな」とチェックされることもありますので、応募先にあった装いを選んで面接に臨むことが大切といえるでしょう。

f:id:hito-contents:20180709150131j:plain出典:fotolia

アルバイト面接で好印象を与える服装とは?

アルバイトの面接に行く服装は、基本的には清潔感のある私服でかまいません。しわや汚れがなく、柄が派手でない服装であれば問題ないでしょう。バイト先の雰囲気にあった服装であればなお好ましいですが、面接に着ていく服装に迷ったら、とりあえず淡い色合いでシンプルにまとめるのがおすすめです。女性なら白のトップスにパステルカラーのスカート、男性なら同じく白の襟つきシャツにストレートパンツなどのコーディネートがあげられます。

また、軽作業やイベントスタッフ、引越し、工事現場などのアルバイトの場合は、体をしっかりと動かして仕事をする職種なので、面接の服装もスポーティ寄りにするとよいでしょう。具体的にはポロシャツにパンツ、スニーカーなどがあげられます。自分が実際に職場で働いている姿を、面接官に想像してもらえるような装いが好ましいです。

もし適切な服装がわからない場合は、自分でアルバイト先に問い合わせることも大切といえます。「面接の服装に指定はありますか?」「カジュアルな服装でお伺いしてもよろしいでしょうか」というように、面接の服装について自分から担当者に聞いてみましょう。それでもなお、適切な服装がわからない場合は、スーツでもかまいません。ただ、アルバイトの面接にスーツで行くと先方から驚かれることもあります。困ったときは事前にアルバイト先のスタッフの服装をチェックするなどして、職場の雰囲気をつかむことからはじめてみてはいかがでしょうか。

ちなみにアルバイト先によっては、募集要項に面接時の服装を指定している店舗もあります。その場合は、指定どおりの服装を用意したうえで面接に臨むのが基本です。また、スーツを着用する仕事(事務や塾講師、営業など)は、同じく職場に適したスーツを着ていくのがマナーとなります。面接前にアルバイトの募集要項をしっかり確認するようにしましょう。

アルバイト面接の服装でNGとされるのは?

アルバイトの面接の際にふさわしくない服装の特徴は3つあります。

1つめのNGポイントは、ラフすぎるもの。友達と遊びに行くときや、寝間着にも使える服装などは基本的に不向きです。具体的には、パーカーやデニム、キャラクター入りのトレーナー、半ズボンなどがあげられます。特にジャージやサンダルなど、明らかに仕事用ではないアイテムの着用はNG。「遊びにきているの?」「本当に働く気があるの?」と疑われてしまうリスクもあるため、気をつけましょう。

2つめのNGポイントは、華美すぎるもの。特にピアスやネックレス、帽子、サングラスなどのアクセサリーは、ファッションを楽しむうえでは必要なアイテムですが、仕事には適しません。もちろん「アルバイト先に到着したら外す」ということもできますが、できれば「今日はアルバイトの面接に行く日だ」という心構えをもってコーディネートを決めたいところ。香水やネイルなどもできるだけ控えましょう。なお、帽子やサングラスをつけたまま面接に臨むのは失礼にあたります。どうしてもファッションとして着用したい場合であっても、応募先の店舗につく前に外しておくようにしましょう。

3つめのNGポイントは、露出の高いもの。キャミソールやミニスカート、タンクトップなどがあげられます。露出の高い服装は面接官に不信感を与えてしまうリスクがあるためです。

「このアルバイト先で働きたい」「採用されたい」という意欲を伝えるためにも、面接の定石はおさえておくようにしましょう。

男女別!アルバイトの面接におすすめの服装例!

最後に、アルバイトの面接におすすめの服装例を男女別にご紹介します。男性の場合は、上半身は襟つきの無地のシャツ、下半身はコットンなどの清楚なパンツがベター。靴は革靴か、汚れていないスニーカーなどがおすすめです。髪型は自由ですが、アルバイト先の募集要項に「茶髪禁止」「長髪禁止」などの指定がある場合は、ルールに準じたスタイルに整えていくとよいでしょう。

女性の場合も男性と同じく、清潔感のある装いが基本となります。上半身は無地もしくは柄のひかえめなブラウスやニット、下半身は膝丈以下のスカートやパンツ、靴は革靴やパンプスがベターです。

これらの基本をおさえたうえで、プラスアルファで好印象を与えたいときは、応募先が重視しやすいポイントを心がけてコーディネートしてみましょう。
たとえば飲食系のアルバイトなら、応募者の清潔感が特に重視されやすいです。面接前に美容院に行って髪型を整えたり、ツメをきれいに切ったり、面接に着ていくブラウスにアイロンをかけたりなど、ちょっとした一手間が好印象につながります。アパレル系のアルバイトなら、応募先のブランドの服装やバッグなどをコーディネートに取り入れることで、ブランドへの関心をアピールできるでしょう。オフィスワークの場合はスーツのほか、オフィスカジュアル(スーツほどフォーマルではない、オフィスワークに適した装いのこと。ジャケットやブラウス、スラックスパンツなどが代表的)もおすすめです。

面接時の服装に気をつけてアルバイトの面接を突破しよう

アルバイトの面接官は、応募者の立ち振る舞いに加えて、服装もチェックしています。職場の雰囲気にあった服をチョイスすることで、自分の第一印象をよくすることも可能です。面接官がどんなポイントに「おっ」と思うのかを考えながら、面接本番にぴったりの服装を選んでみてくださいね。

f:id:epb0804:20180124162803p:plain

著者:ritfiles

音楽と映画の世界を経て、ライター職へ。ビジネス系を中心にオールジャンルで活動しているフリーライターです。飲食店・映画制作会社・税務署・イベントホールなどでのアルバイト経験あり。