キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

【男子必見】モテる大学サークルは?女子大生ウケがいいサークル5選

サークルを選ぶ際「自分に合うかどうか」を第一に考えたいところですが、女性にモテやすいサークルがあれば入りたいという男子学生も多いのでは?今回は女性に好印象のサークルを5つまとめました。全国の男子大学生の皆さん、必見です。

大学のモテるサークル第5位『国際交流・英会話サークル』

国際交流・英会話サークルとは、留学生との交流パーティの主催や、英会話の勉強などを行うサークルのことです。「国際交流」「英会話」という枕詞の後押しもあり、女の子から「なんとなく真面目そうなサークル」などと好印象を持たれやすいのです。勤勉さや真面目さは、同じく真面目な女性や外国に興味がある女性からモテやすいポイント。「女の子からはモテたいし、出会いもたくさんほしいけど、周りからチャラチャラしたイメージは持たれたくない」という人には特におすすめのサークルです。

また、国際交流・英会話サークルは「国を超えて交流をはかる」という特徴を持つことから、外国人はもちろんのこと、他学年や他校生との出会いにも恵まれやすい点がメリットです。サークルによって活動内容が大きく異なりやすく、自分が興味を持てる団体を探しやすいのも魅力のひとつ。たとえば国際交流の一環としてダンス公演を開くサークルもあれば、海外からの訪日観光客のガイドをおこなうサークルもあります。入会するサークルによって活動内容に幅があるので、自分に向いているサークルを探してみましょう。

大学のモテるサークル第4位『学園祭実行委員会』

一般的なサークルとは少し毛色が異なりますが、大学の文化祭などを企画する『学園祭実行委員会』もモテサークルのひとつです。『学園祭実行委員会』とは、文字どおり大学の文化祭の企画・運営を担う団体のこと。大学の文化祭は大規模になるケースが多いため、準備も1年を通して行われます。委員会のスタッフとも長期的な付き合いになることがほとんどなので、女性と親しくなるチャンスも多い点がメリットといえるでしょう。また、「みんなを楽しませたい」と率先して頑張る姿は魅力的に見えやすいのもポイント。周囲に気を配る優しい女性や、ムードメーカーな女性からもモテやすくなります。

学園祭実行委員会の具体的な仕事内容としては、文化祭で行うイベントの企画や、文化祭の宣伝、アーティストや芸能人の誘致、一般企業とのコラボ企画などを交渉する渉外業務などがあげられます。中には「難しそう」「自分にできるかな」と不安に思う人もいるかもしれませんが、最初は誰もが初心者です。また、委員会の先輩からフォローを受けたことをきっかけに、ロマンスが生まれる可能性もあります。少しでも興味がある場合は、「これもモテるため!」と覚悟を決めてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

大学別!授業やサークルの情報交換はこちら
講義情報 授業評価 大学別の掲示板 サークル情報 みんなのキャンパス

大学のモテるサークル第3位『サッカー・フットサル』

サッカーやフットサルサークルも、大学においてモテやすいサークルのひとつといえます。特にサッカーといえば、世界的な人気を誇るスポーツの一種。試合そのものの面白さはもちろんのこと、俳優なみの美貌を持つ人気選手も多いことから、「サッカー観戦が好き」という女性も珍しくありません。昨今はサッカーの生中継を皆で観戦できるスポーツカフェやスポーツバーも多く開業しているので、話題があう女性が見つかればデートや飲みにも誘いやすいところが魅力です。

また、サッカーやフットサルをやっている男性に「モテそう」「さわやか」「スポーツマン」というイメージを持つ女性が多いのもポイントのひとつ。さわやかなスポーツマンは人目を惹きやすく、周囲の憧れの的になることも珍しくありません。サッカーのテクニックを磨き、プレーで魅せることができれば、モテる確率もさらにアップ。他校との合コンがセッティングされることもあるので、女性との出会いにも恵まれやすいです。

大学のモテるサークル第2位『イベントサークル』

イベントサークルとは、文字どおり「イベントを企画・主催して楽しむサークル」のことです。企画されるイベントの内容はサークルによって異なりますが、一般的には飲み会や合コンといった交流会であるケースがほとんどといえます。イベントサークルは男女混合であることが多いほか、異性との出会いを求めている人同士が集まりやすいので、サークル内恋愛にも発展しやすいところが魅力といえるでしょう。より多くの出会いを求めている人にもおすすめのサークルです。

また、イベントサークルは周囲との交流や連携が欠かせないため、コミュニケーション能力も磨かれやすくなります。コミュニケーション能力が高い人は相手が求めている言葉や行動にも気づきやすく、自然と周りを惹きつけることも珍しくありません。また、イベントサークルに入っている男性は、女性から見て「楽しいことを企画するのが好きな人」「皆と楽しく過ごすのが好きな人」というように、明るいムードメーカーな印象をもたれやすくなります。明るく社交的な男性は女性からもモテやすいところがポイントです。

ただしイベントサークルには、サークルに入らなくても十分モテる人、つまりイケメンやムードメーカーも集まりやすい傾向にあります。場合によっては「イベントサークルに入って好きな子ができたけど、彼女が他のイケメンに夢中でまったく相手にされなかった…」という悲しい結果に終わってしまうことも。イベントサークルに入ったとしても油断せず、自身の企画力やトークスキルをアピールしていきましょう。

f:id:hito-contents:20180704171042j:plain出典:fotolia

大学のモテるサークル第1位『テニス』

大学でモテるサークル第1位は、テニスサークルです。「テニスサークルに入っている」というだけで、周囲から社交的なイメージを持たれやすいのが大きなポイント。多くの中学や高校にもテニス部があるので、「わたしもテニスやってたよ」と話題を共有してくれる女性も珍しくありません。女性との話題づくりのきっかけにもなる点は、テニスサークルの大きな魅力です。飲みサー、チャラサーなどと揶揄されることもあるサークルですが、やはりサークル内恋愛を求めるなら外せない団体といえます。

次にポイントとしてあげられるのが、男女比のバランスがよい団体が多いこと。男女混合でペアを組んで練習をするシーンも多いので、異性と自然に交流をはかりたい人にはおすすめです。また、飲み会や合宿が企画されるテニスサークルも珍しくないので、多くの女性との出会いや交流を求める人にも最適といえます。恋人をつくるための基本は、まず出会いを増やすこと。「モテるために少しでも多くのチャンスがほしい!」という人には、女性との出会いや交流が増えやすいテニスサークルはメリットの多い団体といえるでしょう。

大学のモテるサークル番外編『あえてサークルに入らない』

なお、大学でモテるためにあえてサークルに入らないという選択肢もあります。サークルに入ることで女性との出会いの機会を増やすことはできますが、一方で本当に自分がしたいことができなくなったり、不要な出費が増えてしまうことも珍しくありません。もし「モテるためだけにサークルに入るのは違う気がする……」と思う人は、いっそサークルには入らない選択肢を選んでみてはいかがでしょうか。

サークルに入らない場合であっても、その時間をアルバイトに当てることで新しい出会いに恵まれやすくなりますし、周囲とかかわる積極性があれば講義の合間などに友人を増やし、女性との出会いのきっかけをつくることもできます。

また、「こんなことをやってみたい」「あんなことを勉強してみたい」というように我をしっかり持っていれば、サークルという枠に入っていなくても十分魅力的に見えます。自分がどんな人生を歩みたいのかを考えたうえで、今後の大学生活のプランを練ってみてくださいね。

『モテたい』が入り口でも構わない!サークル活動は大学生活を充実させる手段のひとつ

「モテるためにサークルに入る」という動機は、一見不純といえるかもしれません。ただ、学生のうちに多くの出会いを得ることは重要といえます。また、モテたくてはじめたサークル活動が、いつのまにか人生の大きな転機になることも。「モテるため」という意欲を追い風に、人生をより実り多いものにしてみてください。

関連リンク

講義情報 授業評価 大学別の掲示板 サークル情報 みんなのキャンパス

f:id:epb0804:20180124162803p:plain

著者:ritfiles

音楽と映画の世界を経て、ライター職へ。ビジネス系を中心にオールジャンルで活動しているフリーライターです。飲食店・映画制作会社・税務署・イベントホールなどでのアルバイト経験あり。