キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

【例文あり】専門家が解説!転職時の志望動機の作成方法とポイント

採用担当は職務経歴に加え志望動機を重視します。説得力ある志望動機なら、即内定を出したくなることも。転職活動で重要な志望動機をどのように作成すれば、企業に採用したい人材と思わせることができるのか、具体例を交えて紹介します。

転職には説得力のある志望動機が必要!基本的な構成3つ

説得力のある志望動機は、採用担当を惹きつけることができます。惹きつける志望動機を作成するには、採用担当が志望動機に何を期待しているのかを知る必要があります。それは、「自社でなければならない理由」「活かせる経験やスキル」「入社後のビジョン」の3つです。この志望動機の基本的な構成3項目について解説します。

1. その企業でなければならない理由

転職活動では複数の会社に応募するのが普通ですが、志望動機を使いまわしてはいけません。採用担当は、自社でなければならない理由に強く興味を持ちますので、応募者は事前にしっかりと企業研究を行うことが重要です。当然、応募企業のホームページはしっかりと確認し、企業理念や事業方針を押さえてください。また、採用のページに今回応募している案件が掲載されていれば、改めて募集要項をよく確認してください。また、客観的な視点の情報を得るために会社四季報などの企業情報専門誌にも眼を通し、業界状況やその企業のポジション、評価などを把握して、その企業でなければならない理由を組み立ててください。

2. 生かせる自分の経験やスキル

同じ職種であれば、現職での経験やスキルは転職先でも活用できます。しかし、採用側もその職種に詳しいはずですから、応募者が入社後に役立つ経験をしているか、活かせるスキルを持っているかはしっかりと判定されます。それを前提として、実体験に基づいた具体的にアピールできる経験やスキルを織り込む必要があります。

3. 入社後のビジョン

企業にとって、キャリア採用は即戦力の補充とともに将来への投資でもあるため、応募者が入社後にどういうビジョンを持っているかは非常に気になります。新卒の場合は少し大きすぎるビジョンでもかまいませんが、即戦力として雇う中途の場合、具体的な実現性のあるビジョンを期待します。

志望動機の基本的な構成はこの3つですが、当然、退職理由とのリンクが必要です。自身のビジョンを叶えるために退職・転職するのですから、特に入社後のビジョンと退職理由は一貫したものになるはずです。もし、全く異なった内容だとしたら、企業側は応募者の真意を測りかねることになります。退職理由と志望動機の内容に齟齬がないようにしましょう。

f:id:hito-contents:20180704163931j:plain出典:fotolia

【例文】転職における志望動機をケース別に紹介!

同業種へ転職する営業職、事務職、技術職の3つの職種で具体的に条件を設定し、志望動機の例文を示しポイントを解説します。

30歳男性、営業職、ハード営業からシステム営業に転職希望

「独立系の中堅商社で法人営業を7年行っております。IT系機器には個人的にも興味を持っており、社内でも営業実績を認めていただいております。エンジニアの皆様に営業することも多く、単に価格や納期だけでなく、各商品の知識や技術トレンドにも知見がないと信頼をいただけませんので、日頃から技術専門誌にも眼を通しております。最近、AIやIoTなど社会を変えるような新技術が実用化されていることを肌で感じており、ハード機器だけでなく、企業や社会に貢献するシステム自体の営業したいという想いが強くなりました。貴社は国内有数のシステムインテグレータであり、特にハード機器と組み合わせたシステム提案を得意とされています。注力されている個人認証ができる監視カメラシステムは、今後のニーズが飛躍的に拡大すると思われ、ハード営業のノウハウを活かしつつ、システム営業として必要とされるスキルを吸収し、貴社の業績向上に貢献させていただきたいと思っております。」

【解説】
現職を否定的に表現せず、前向きに取り組んできた中で次のステージに移りたいという意欲から応募した、という動機がストレートに伝わります。応募先企業が得意とする分野や注力しているシステム商品の情報もつかんでおり、その企業でなければならない理由が明確で納得できます。入社後のビジョンは一般的な表現ですが、この例の場合は妥当な表現でしょう。

20代後半、女性、事務職、派遣から正社員での事務職に転職希望

「事務派遣で総務・人事部事務を3社経験しています。3年前から社会保険事務を担当しており、当初は非常に複雑で戸惑いましたが、社員の方に指導いただき、現在では約200名の社会保険業務をほぼ1人で完結できるようになっています。この業務を自社社員として担当し貢献できれば、さらにやりがいが得られるとの思いから転職活動を行っている中で貴社の求人を拝見しました。急拡大している人材ビジネス企業の中でも特に大幅な増員を続けられており、その社員のみなさんの安心を社会保険事務の立場からご支援できればと思い応募いたしました。少し目標は高いですが、数年後には社会保険労務士の資格を取得し、さらに精度の高い業務を提供したいと思っております。」

【解説】
派遣から正社員への転職を願望だけでなく、自らの専門事務職としての経験とスキルを具体的にアピールできている点がいいと思います。また、数年後のビジョンも明確で、自ら学ぶ姿勢も伝わります。

30代前半、男性、ITインフラ構築・運用エンジニアから社内SEに転職希望

「新卒でITエンジニアを志望して技術サービス会社に入社し、データセンターでの運用管理や各種ITインフラのリプレース構築とその後のヘルプデスクなどを経験しました。いずれも自分のスキルアップにつながる貴重な経験をすることができましたが、中でもヘルプデスクでは、社員のみなさんからの問い合わせに対応し、解決できた時には大変充実感を得ることができました。今回、インターネット通販で急成長されている貴社のインフラ基盤を強化・運用する社内SE求人を拝見し、自分の経験とスキルを活用することで、自社の業績向上に直接寄与できるとしたらすばらしいことだと思い、応募しました。数年後には、貴社の情報システム部門のキーマンとして活躍する意気込みです。」

【解説】
やや情緒的ではありますが、求人を見て転職を決心したいきさつがよく伝わり、採用担当も納得できます。求人案件に対する実績やスキルのマッチング及び入社後のビジョンもアピールできています。

【NG例】転職の際に歓迎されない志望動機

説得力のある志望動機の例を3つ紹介しましたが、反対に志望動機でNG判断される例も紹介し、なぜいけないのかについて説明します。

・給与面や待遇面がよかったから
「現在の仕事内容には特に不満はないのですが、見込み残業込の年俸制であり、実態は見込み残業を超えても超過分の支給はありません。また、入社以来、ほとんど年収がアップしていません。貴社は残業実績支払であり、毎年ベースアップもされており非常に魅力を感じております。」
転職先の給与や福利厚生は当然重要ですが、必要以上にその面を強調すると、他の会社でよりよい条件を見つけたら再度転職するのでは、と受け取られる可能性があります。

・スキルアップのため勉強ができる
「ソフト開発でのテスト業務を中心に5年経験しています。以前から開発を担当したいと思っていましたが、そのチャンスがなく、貴社の充実した研修制度で開発エンジニアとして成長したく応募しました」
キャリア採用では、当然、自立・自走できる人材を求めます。この例のように自身でスキルアップしている説明がなく企業の研修のみに期待し、チャンスを与えられるのを待つ姿勢の人材はNG判定されます。

・求める人材像とずれがある
「私は事前に十分な準備を行い、何事にも慎重に物事を進めることでこれまで大きな失敗は経験しておりません。少し時間がかかってもリスクを減らし、成功確率を上げることは、仕事において最も大切なことだと考えます。」
通常の求人なら妥当なアピールですが、スピード感や少々のリスクを承知で進める新規事業のメンバー求人だとしたら、人材像とずれがあるとしてNG判定になります。相手がどういう人材を求めているのか募集要項などからよく分析しましょう。

説得力のある志望動機で転職を成功させよう

採用担当が志望動機に期待するのは「自社でなければならない理由」「活かせる経験やスキル」「入社後のビジョン」の3つです。志望動機は職務経歴と同様に重要な採用基準です。説得力のある志望動機を準備し、内定を勝ち取りましょう。

関連リンク

転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180305161043j:plain

著者:寺澤 健治

"エンジニアから人事責任者を経て人材ビジネス分野に転職。派遣元責任者25年の経験で多くの社員の悩み事やキャリア相談を経験してきました。
登録標準キャリアコンサルタント
第一種衛生管理者、各種情報処理資格所有"