【例文あり】先輩の実例も紹介!生命保険業界の志望動機のポイント

この記事では生命保険業界へのESに特化した書き方をご紹介します。基本的なESの書き方から始まり、生命保険業界の特徴や求められる人物像を探ることで、通るESの極意をお伝えしていきます。

f:id:hito-contents:20180705145539j:plain出典:fotolia

志望動機を書く前にすべきこと

まず、いきなり志望動機を書きはじめるのはNG。志望動機とは、その企業に入りたい意思を見せるものです。どうしてその企業に入りたいと思ったのか、その理由を文章だけで相手に納得させる必要があります。そのためにはまず企業を知ること、そして自分を知ることが大切です。

(1)業界・企業分析

最初に業界・企業分析についてです。企業のことを知るといっても、公式HPや四季報を眺めるだけでは十分ではありません。最低でも企業の3C分析・関連する本・OB/OG訪問の3つを行いましょう。

(2)自己分析

さらに自己分析では、ライフライン・マインドマップ・SWOT分析の3つがオススメです。この3つを使うことで、自分の強み・弱みを理解できるだけでなく、人生においてどんな事柄に重きを置いているのかを客観視することができます。

志望動機を書く時のポイント

志望動機を書く際は、まず結論から書くのがポイントです。長々とした文章よりも、結論が頭にまとまっていて読む人に負担をかけない文章が好まれます。
また自分の考えをより具体的にするのも大切です。何を解決したいのか・どんな世の中にしたいか・そのために必要なスキルは何か、と掘り下げていきましょう。

生命保険業界の特徴

生命保険企業の売り上げは、保険料と資産運用の2つから成ります。後者の資産運用は、マイナス金利の影響を大きく受け長期で国債の運用をしている企業は大幅なマイナスを出しています。

業界トップ:日本生命

去年度の第3四半期の保険料等収入が4.3兆円と好調で、前年同期に比べても17%増です。
外貨建ての保険販売が伸びている傾向が見られます。

業界2位:第一生命

第3四半期の保険料等収入が4.1兆円、去年の同期に比べると6%増加しています。
子会社化した米生保の収益が伸び、純利益は23%アップと好調です。

業界3位:明治安田

第3四半期の保険料等収入が2.5兆円。去年に比べると2.5%下がってはいますが、業界3位の座を仕留めています。

具体的な仕事の内容

生命保険業界の主な仕事は、以下の3つです。もちろん人事や総務など一般的な企業と同様の職種もありますが、生命保険会社特有の職は次の3つです。

店頭販売

店頭販売とは、店頭に相談に来たお客様に対して相談内容とマッチする最適な保険商品を提案する仕事です。
顧客のニーズを深堀し、ライフイベントを考慮した提案が必要になります。

訪問販売/保守

訪問販売とは、店頭での販売と違い自ら顧客創造する仕事です。リストにある見込み客の自宅を訪問し、保険についての提案を行います。または、一度保険商品を買ってくれた顧客に対し、健康状態の確認などの保守を行うのも訪問です。

企画開発

世の中のニーズに合わせて新しい保険商品を開発する部門です。一般企業のマーケティングに近い業務です。

求められる人物像

保険業界で求められる人物像には、

  1. 自立心・自律心のある人
  2. 相手の欲しいものを察知する能力の高い人
  3. あらゆるリスクを考慮できる人
  4. コミュニケーションが好きな人

以上の4つの条件が多く挙げられます。生命保険とは、残された家族のため・余生のため・いざというときのために入っておくものです。それを提案する側の人間は、自ら考え、ニーズを発掘し、あらゆるリスクを加味できる能力が必要です。そして必要最低限のコミュニケーションです。

もちろん入る時点でこれの全てを持っている学生はなかなかいません。ですが、こういった基本的なスキルが必要だと頭に入れて選考を受けるのと受けないのでは大きな差が生まれてくるはずです。

先輩のES実例

東京海上日動火災保険

損害保険は誰がいつ加害者になるかわからない、周囲には沢山のリスクがあり、万が一に加害者または被害者になってしまったお客様をいち早く安心させることにやりがいがあると思いました。貴社に決めたのは、社員の方々の人柄に惹かれたからです。仕事に対して熱心で、社内のチームワークがあります。また、仕事とプライベートのめり張りがついており、理想とする社会人像だったため志望しました。

▽東京海上日動火災保険のその他の実例はこちら
東京海上日動火災保険に内定した先輩の志望動機 - みん就(みんなの就職活動日記)

損害保険ジャパン日本興亜

多くの人が自分のしたいことを自由にでき活躍できるプラットフォームを作り上げる事業に携われることを就職活動の軸に据えています。大規模かつリスクを伴う事業を共に支え合う仕組みである損害保険を提供することは、人々の豊かな暮らしに直結し多くの人に幸福をもたらします。私は将来そういったビジネスに携わり多くの人を喜ばせたいと考えており、貴社にはその基盤があると感じ、志望させていただきました。

▽損害保険ジャパン日本興亜のその他の実例はこちら
損害保険ジャパン日本興亜に内定した先輩の志望動機 - みん就(みんなの就職活動日記)

三井住友海上火災保険

所属する部活で先輩からの手厚い指導を受けたことにより、それまで達成できなかった挑戦を乗り越えることが出来ました。これらの経験からサポートすることの重要性を感じ、安心して挑戦できる環境を提供する損害保険業界に興味を持ちました。中でも国内最大手であり、世界において高いシェアを獲得している貴社でより多くの方のサポートをしていきたいと考えています。

▽三井住友海上火災保険のその他の実例はこちら
三井住友海上火災保険に内定した先輩の志望動機 - みん就(みんなの就職活動日記)

生命保険の仕事は、人々の生活をより豊かに安心できる世界を作る仕事

保険とは、一言でいえば「安心」を買う商品です。常に誠実で、お客様の立場に立つ心持ちがあればきっといい志望動機が書けるはずです。ぜひ先輩のESを参考にしながら、試行錯誤してみてください。

参考

http://gyokai-search.com/

関連リンク

生命保険/損害保険の就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

 

f:id:hito-contents:20170801113356p:plain

監修:小室直子

臨床発達心理士
中級教育カウンセラー
東北福祉大学大学院修士課程卒業後、専門学校専任講師、大学の非常勤講師として心理学系科目の講義を行うかたわら、のべ200名の就職支援の経験を持つ。