転職活動の面接前に要チェック!時間にまつわる常識や注意点を紹介

転職面接を受ける際に知っておきたいのが、面接を何時頃に設定すれば良いのか、面接に遅刻しそうなときはどうすべきかなどという時間絡みのマナーです。
社会人の常識が問われる時間絡みのマナーについて詳しく説明していきます。

転職活動での平均的な面接時間はどのくらい?

転職面接を受ける際に気になるのが、一般的にどれくらい面接に時間をかけているのか?ということではないでしょうか。面接にかかる時間を頭に入れていないと、最もアピールしたいことが結局話せず時間切れ!という事態になってしまう可能性もあります。面接時間を意識した上で話す内容を事前にシミュレーションしておくことは、面接を突破するために非常に重要なことです。

一般的に、転職面接の時間は30分から1時間程度であることが多いです。
採用担当者や面接官は、1日に何人も面接するケースが多く、1人1人にあまり多くの時間を割くことはできません。当然他の業務も抱えています。そのため、面接時間は長くても1時間と考えるべきでしょう。

「面接の目安時間は1時間と言われていたのに、30分で終わってしまった」など、当初の予定より面接時間が短くなることもよくあります。早く終わってしまうと、不採用になったのではと不安になりがちですが、単純に面接官に急遽打ち合わせが入るなどでスケジュールが変更になることもあるのです。

面接にかかる時間は、面接官の予定や、他の面接希望者の人数によって大きく変わることを頭に入れておくと良いでしょう。

f:id:hito-contents:20180702170335j:plain出典:fotolia

転職活動での面接時間帯は夜でも大丈夫?

夜間の面接でも失礼に当たらない?

面接を受ける企業と面接日時を調整する際に、定時を過ぎた夜間に設定しても良いのか悩む人も多いと思います。
企業によっては夜間の時間帯でも面接に対応してくれるところもあれば、昼間の時間帯にのみ面接時間を指定してくる場合もあるので、応募先企業がどういう方針なのかを確認する必要があるでしょう。
最近は、企業に在籍しながら転職活動をする人が増えているため、18時以降の夜の時間帯に面接を設定するケースも増えています。

面接時間を調整する際、一般的には企業側の採用担当者から「○時から○時の間で来社可能な時間を教えてください」と相談が来ることが多いです。こちらが対応できる時間帯の候補日をあげて日程を調整しましょう。
しかしこの際、企業側が指定してきた時間に夜間の時間帯が入っていない場合は、どうすれば良いのでしょうか。

こういう相談はNG!マナー違反になる言葉とは?

絶対にやってはいけないのが、「夜間か土日にしか面接時間を取れません」などと平気で言ってしまうことです。夜間や土日に面接をお願いするということは、採用担当者にも残業や土日出勤を強いることになるので、当たり前のようにお願いできることではありません。

夜間や土日に面接を設定してもらいたいときは、次のことを必ず心掛けてください。
・指定された時間に面接を受けられないことについて丁寧にお詫びをする
・代案を出す

「大変申し訳ありません。非常に有給休暇を取りづらい職場なため、○時から○時の間はどうしても面接にお伺いすることができません。〇時からでしたら可能なのですが、この時間は難しいでしょうか?」

面接を受ける企業の採用担当者の事情を考慮しつつ、自分も無理なくスケジューリングできるような面接日程の調整をすることが重要です。

転職活動で面接場所への到着時刻はどのくらい前が理想的?

面接当日は、その企業の受付に5分から10分程度前に到着できるよう準備しておきましょう。これは、あくまで受付に到着する時間であり、ビルに着く時間ではありません。エレベーター待ちなどの時間も考慮し、早めの到着を心がけましょう。

また、電車の遅延などの交通系トラブルにも要注意です。当日の電車や道路の経路はもちろん、面接が行われる場所の入り口やビルの階数、受付の場所などを確認しておきましょう。面接時間に遅れることは決してあってはなりませんから、事前に細かいところまで調べて準備しておくようにしましょう。

ちなみに早すぎる到着は、逆に相手側の迷惑になってしまうことがありますので、あくまで「受付に5~10分前」を目安にしましょう。到着が早すぎた場合に備えて、時間をつぶせる場所があるかどうかを事前に調べておくといいでしょう。

転職の面接時刻に遅刻しそうな場合の対処法

どれだけ事前に面接当日の準備をしていたとしても、事故による道路の渋滞、仕事での突発的なトラブルなどが生じて面接時間に遅刻してしまうこともあります。そんなときは、どのように対処すれば良いのでしょうか?

面接時刻に遅刻しそうになったら、その時点でできるだけ早く相手企業の担当者に伝えるのがマナーです。
その際の注意点をあげます。

・相手に確実に遅刻する旨を伝えられるように、必ず電話で連絡する
・遅刻の理由を手短に伝え、誠意をもってお詫びをする
・だいたいの到着予定時刻を伝える
・遅延の程度によっては、当日面接を受けることができるか担当者の判断を仰ぐ

例文

「本日○○時から面接を予定しております、○○と申します。誠に申し訳ありません。○○線が遅延しておりまして、○○分くらい遅れることになりそうです。○○時○○分頃には到着できる見込みです。」
「電車が止まってしまっており全く動けない状態です。このままでは大幅に予定時間を遅れてご迷惑をおかけしてしまいますので、面接日は後日に設定していただく方がよろしいでしょうか?」

遅れて面接を受けることができた場合や日を改めて面接を受ける場合は、改めてお詫びをすることを忘れないようにしましょう。

転職の面接に行けなくなった場合の対処法

転職面接の予定日より前に、仕事で外せない用事などが入って面接に行けなくなってしまった場合は、前日までに必ず相手企業の担当者に連絡をしましょう。やむを得ず面接当日になって面接に行けなくなることもありますが、その場合も誠意ある対応が求められます。
重要なのは、失礼のないように誠意ある対応をし、なおかつ、この人と面接しないともったいないと企業側に思わせるような粘り強いお願いをすることです。
行けなくなった理由を簡潔に話し理解を得ること、誠心誠意お詫びをすること、もう一度面接を受けたいという強い熱意を示すようにしましょう。

例文

「〇日の○○時から面接を予定しておりました、○○と申します。
誠に申し訳ありません。本日仕事で大きなトラブルが発生してしまい、数日間はトラブル対応が必要なため、どうしても面接に伺うことができなくなってしまいました。せっかくお時間を割いていただいたにも関わらず、大変申し訳ございません。
もし可能なら、後日そちらのご都合がよろしいときに、改めて面接日を設定いただけないでしょうか?御社でぜひお仕事をさせていただきたいと考えており、どうかもう一度チャンスをいただければ幸いです。」

転職の面接時間や到着時刻に関する疑問をスッキリ解決して面接に臨もう!

面接を受ける際に時間絡みの常識やマナーができていないと、面接の結果に関わらず不採用になってしまうこともあります。事前にマナーを正しく知っておけば当日の対処を正しく行うことができ、気持ちよく面接に臨むことができるでしょう。

関連リンク

転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180223110601j:plain

著者:宮内光

中堅転職エージェントにて5年間勤務。営業として400社以上の人事担当者と商談を行いました。登録人材の面接も担当していましたので、「雇う側」「仕事を探す側」どちらの立場からの記事も制作可能です。豊富な実務経験を活かして、ノウハウと具体的なアクション、問題解決策満載の記事制作を行っています。