キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

【総合職vs一般職】就活女子は人生の岐路に立たされている?

女性の就活は、人生設計も踏まえた大きな選択。その指標としてわかりやすいものの一つに、一般職と総合職があります。自分が何に価値を置き、幸せややりがいを感じるのか。ここで一度、本気で考えてみる必要がありそうです。今回はそんな就活で悩む女子就活生のために、一般職と総合職にフォーカスしてみたいと思います。

総合職と一般職の違いとは?

まずは、それぞれの違いをみていきましょう。

総合職とは

総合職とは将来的に管理職に就くを前提とし、採用される枠のこと。営業やエンジニアやマーケターなどほとんどの職が総合職に含まれます。実際に企業の売り上げを上げる人たち、と考えるとわかりやすいかもしれません。一般的な初任給は20万~30万ほどで、年に数回昇級のチャンスがあることがほとんど。職務時間はフルタイムが基本で、企業によってはフレックス制が導入されていることも。

一般職とは

一方の一般職とは、総合職の補佐業務がメインとなる職種です。仕事の範囲としては、定型的な業務をこなすのが一般的。転勤がなく、将来を見据えてあえて一般職を選ぶ女子学生も増えています。

【大きな違い】

  • 業務の責任の度合い
  • 転勤があるかどうか
  • 昇級のしやすさ(一般職は評価が難しく、昇級が少ない)

▽総合職志望の就活生のクチコミ
女性総合職として働いているのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

▽一般職志望の就活生のクチコミ
一般職志望のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20180326104819j:plain出典:pixta

総合職のメリット・デメリット

総合職のメリット

努力が評価されやすい環境の総合職は、バリバリと働きたい女子学生におすすめです。自分のキャリアを形成して成功したい、一旗揚げたいという意気込みのある人は総合職に向いています。目標を達成した時や、やり遂げた時の嬉しさはひとしおです。昇給昇進が望める且つ自分の努力次第で、どんどん上に上がっていくことができます。近年は性別で線引きされることもなく、女性にとっては働きやすい環境になってきています。能力次第で、将来部下を持ったり、チームマネジメントをしたりとやりがいのある仕事もできるでしょう。

総合職のデメリット

働く女性にとって悩ましいのが、転勤がある可能性があること。定時に帰れず、残業が求められるケースも多いです。家族を持つと家事や育児との両立が大変で、負担が増えるのは間違いありません。

一般職のメリット・デメリット

一般職のメリット

異動や転勤がない
異動や転勤がないことで、プライベートを守りやすいのが一般職の大きなメリットです。結婚したり、子供ができても仕事が両立しやすいのは嬉しいですね。

ほぼ定時に帰ることが可能
残業が少ないのも一般職の特徴です。アフターファイブを充実させたい人は一般職が向いているかも。

1つのことに打ち込める
サポート役である一般職は、同じ仕事を早くこなすことができる人には最適。スピード感の求められる職種でもあります。

一般職のデメリット

昇給昇進が少ない
サポート役なゆえに、評価がしにくいのがデメリット。それに伴って、昇給や昇進が少ない企業が多いです。

給与が総合職に比べ少ない
柔軟性を求めない仕事が多い分、総合職に比べ給与が安くなるのが特徴です。

定型的な仕事が多く飽きやすい
いつも決まったことをするのが苦手な人には不向きな職かもしれません。

ワークライフバランスを踏まえた人生設計を

よく女子学生にいわれるのが、「ワークライフバランスを考慮した選択」です。
人生のうちには、結婚・出産・育児・子育てなど女性にとって大きなライフイベントがたくさんあります。最近では男性の育児休暇や介護休暇なども話題に上がるようになってきてはいますが、それでもまだ女性に対する負担の方が大きいのが一般的。

まだ結婚の予定がない、結婚しても働き続けたいと思っていてもいざその時になると、体力的な問題や金銭面の問題から、女性が休暇をとるのが普通です。

  • バリバリのキャリアウーマンになりたい
  • 家族を支える素敵なお母さんになりたい
  • いつか仕事を辞めて、世界中を旅したい
  • 人の下でいつまでも働きたくない!夢は起業家

など、人によって目指す女性像は違います。

自分の求める将来像や、何に幸せを感じるのか。いつもは意識しないことかもしれませんが、就活を機に一度考えてみるといいでしょう。

先人の知恵を借りてみよう。先輩就活生の選択とは?

総合職と一般職を比較しながらご紹介してきました。改めて自分の人生設計について考える機会になったでしょうか?
記事を一つ読んだだけで、パッと道が開けるはずはありません。いろいろな人の意見を聞いて、自分が「これだ!」と思える道を探し当ててくださいね。先輩達の体験談もきっと役に立つはずですので、ぜひ関連リンクの掲示板も覗いてみてください。

関連リンク


www.nikki.ne.jp

www.nikki.ne.jp

f:id:hito-contents:20170726103808j:plain

監修:藤信 明憲(ふじのぶ あきのり)

GCDF-Japan キャリアカウンセラー資格所有
私立大学でキャリアカウンセラーとして勤務。大学在籍時は、就職相談の他、合同説明会の運営リーダーを担当し、各種就活対策セミナー講師としても年間50本以上の登壇を行う。リピート指名ナンバーワンの実績を誇り、何よりも傾聴を心がけている。
現在はフリーランスで、学生や社会人へのカウンセリング、次世代社長や大人向けの勉強会のファシリテーターや講師を行う。