【公務員の就活】日程の一覧から見る無駄のないスケジュール組みとは

公務員を志望する方にとって、対策の配分を決めるためにも、併願を検討する際にもとても重要になってくるのが、公務員試験のスケジュールです。公務員試験は一般的にどんな時期にどのような流れで進んでいくのかまとめてみました。

f:id:hito-contents:20180702162010j:plain出典:pixta

公務員試験の日程一覧を見てみよう

国家公務員・地方公務員の1次試験までの大まかな流れはおおよそ以下の通りです(年度により時期は変わることがあります)。

  • ~3月
    各機関の説明会・セミナー等の開催
  • 4月初旬~中旬
    国家総合職・一般職・専門職、東京都庁、特別区、国立大学法人等の試験申込
  • 4月下旬~
    道府県庁、政令指定都市等の試験申込
  • 4月最終週
    国家総合職1次試験
  • 5月初旬
    東京都庁、特別区1次試験
  • 5月中旬~6月中旬
    国家専門職等1次試験
  • 6月下旬
    国家一般職、市役所A日程、道府県庁、政令指定都市1次試験
  • 7月下旬 市役所B日程
  • 9月中旬 市役所C日程

これらの1次試験の後、通過の発表があり人物試験などの2次試験へと進むわけです。上記には主要な区分のみピックアップしましたが、公務員の区分は多岐にわたり、試験の日程もまた複雑に絡み合っているのがわかると思います。

▽公務員を目指す就活生のクチコミはこちら
公務員のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

公務員試験の流れ(1)出願まで

公務員試験を受けるには、まず、志望する職種を決める必要があります。公務員は大きく事務系、技術系、公安系、資格職系に分けることができ、各系統の中で更に細かく分かれています。
公務員試験では、前の項でもご覧いただいたように、細かい職種ごとに試験の内容や試験日程が異なります。中には、専攻分野の範囲が限定される職種もあります。早めに職種のリサーチをして志望職種を決め、試験日程を把握することが、試験の時期に合わせた適切な対策をするためのポイントとなります。

志望職種が決定したら、申込の締切日に間に合うように公式ホームページなどを通して当該機関に出願します。国家公務員の場合は管轄省庁、地方公務員の場合は管轄自治体が出願先です。

公務員試験の流れ(2)1次試験・2次試験

一次試験で行われるのは筆記試験です。志望職種によって内容は異なりますが、「一般教養」「専門分野」「教養記述」の3つの試験が実施されるのが一般的です。1次試験は、受験先の区分によって4月~9月頃までの間に順次行われます。受ける試験の日程をしっかりと確認して、記述試験対策の仕上がりを合わせていくことが大切です。
1次試験に合格すると2次試験に進むことになります。2次試験の内容で最も一般的なのは、「面接形式の試験」です。ただし、国家公務員総合職の試験においては、面接形式の試験のほかに「論述式の筆記試験」も実施され、難易度も非常に高いものとなっています。
公務員試験の2次試験のピークは、例年8月から9月にかけての時期です。公務員試験は筆記重視であるといわれていますが、人柄が全く無視されるわけではありません。むしろ何度も公務員試験に落ちるのは、面接でつまづいている可能性が高いです。最近は市民からのクレームを上手く処理できるだけの人当たりの良さも重視されつつあり、人当たりの良さが業務遂行に大きく影響するため、近年では面接を重視する自治体も増えています。

2次試験の実施時期に合わせた面接対策を行いましょう。

公務員試験の流れ(3)合格後

【地方公務員の場合】

公務員試験では、2次試験に合格すると、まず「採用候補者名簿」というリストに名前が登録されます。候補者名簿に登録された合格者には、各機関の採用担当者から“実際に就職する意思があるかどうか”の確認があり、就職の意思があると回答した人に最終的な「内定」が出されることとなります。

合格しても採用されないことも!?
各自治体は、内定辞退者が出ることを見越した合格人数を設定しています。想定よりも辞退者が少なければ、採用候補者名簿の筆記試験の点数が低い順に不採用とする場合があるのです。

【国家公務員の場合】

国家公務員の場合、公務員試験とは別に、各省庁が独自に行う「官庁訪問」という採用試験が実施されます。希望する省庁を訪問して面接を受け、合格をした人だけに内定が出されるシステムなのです。
一般職は一次試験合格後、総合職は二次試験合格後に官庁訪問を行うのが通例です。訪問できる省庁の数に制限はなく、複数の省庁で面接を受けることが可能です。

綿密なスケジュール調整で可能性が広がる

公務員になるためのチャンスを広げたい場合に有効なのが、公務員試験の併願です。試験日が異なる公務員試験であれば、回数の制限なく併願で受験をすることが可能。ただし、受験する地域で試験内容の特徴が異なることも多いため、日程をしっかりと確認して、受験先ごとの対策を行えるように学習のスケジュールを立てることが重要です。
併願を上手に活用すれば、仮に1回の試験で思うような結果を出すことができなかった場合でも、再度試験に挑戦することができるという大きなメリットが得られます。
大切なのは、早めに志望職種を絞り込み、申込期日から細かく確認して対策のためのスケジュール調整を万全に行うこと。自分の能力と相談をして、無理な日程の詰め込みは禁物です。試験ごとの対策を充分に取れるスケジューリングを心がけましょう。

日程を整理して念入りな計画を

公務員試験の日程は、区分や地域によって細かく分かれています。しっかりと計画を立てることで対策を念入りに行うことができますし、併願の幅も広がります。ぜひ、この記事で紹介したスケジュールを参考に、効率的な計画を立ててください。

関連リンク

公務員のクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

 

f:id:hito-contents:20170801113356p:plain

監修:小室直子

臨床発達心理士
中級教育カウンセラー
東北福祉大学大学院修士課程卒業後、専門学校専任講師、大学の非常勤講師として心理学系科目の講義を行うかたわら、のべ200名の就職支援の経験を持つ。