【業界研究】広告業界人気ランキング!TOP5から見る業界トレンド

みん就で発表している2019年卒 新卒就職人気企業ランキングでは、総合ランキングの他に19の業界別ランキングを掲載しています。ここでは、広告業界のトップ5を紹介し、その人気とランクインした理由を探っていきます。

f:id:hito-contents:20180629105636j:plain出典:fotolia

トップには電通がランクイン

広告業界の人気1位を獲得したのは電通です。

業界全体の動きとしては、リーマンショックや東日本大震災の影響で一時落ち込みを見せましたが、政権交代後の景気回復を機に徐々に上がり傾向になってきています。特にインターネット広告は好調です。現在では、新聞を抜いてテレビに次ぐ広告規模を誇り、1兆円市場とも言われています。スマートフォン利用者の増加に伴い、今後もより一層拡大していくと予想できます。さらにアドテク企業がどんどん乱立しているのを受け、広告業界全体としても今までの業界構造に変化が起き始めています。

第1位:電通

日本の広告市場で25.4%のシェアを誇る電通が今年も人気を集めました。近年では大手インターネット広告会社のオプトへ出資比率を引き上げ、さらにサイバー・コミュニケーションズを完全子会社化しました。
2015年には英国のイージスグループを買収し、総売上の51%が海外事業部が占めるなど海外展開も進んでいます。日本の広告代理店業界では絶対王者といっても過言ではない、電通。それはテレビ局との太いパイプが理由です。しかしテレビ離れが進む現代に合わせ、ネット配信やone to oneマーケティングにも積極的に取り組んでいる印象です。さらに2016年の広告産業ランキング(『アドバタイジング・エージ』誌発表)では世界5位。海外市場でもネットワークを構築しています。今後もこの業界を牽引していくことは間違いなさそうです。

電通の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

第2位:博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ

人気ランキング2位につけたのは、博報堂/博報堂DYメディアパートナーズです。業界内のシェアとしても、電通に次ぐ2位についています。
最近では、博報堂DYメディアパートナーズがネット広告大手のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアムを設立しました。インタラクティブメディアへの強さも博報堂の特徴の一つと言えるでしょう。さらに米国の広告代理店であるケッチャムと業務提携を結び、再編成を活発化させています。移り変わる広告業界に合わせ、ネット広告や海外展開を見据え今後も業界内で大きな存在感を見せそうです。
社風は業界1位の電通とは違い、個人主義が印象的。営業力よりも、緻密なロジカルシンキングと顧客データに基づいた堅実さが売りです。電通と博報堂を比較する際は業界シェアはもちろんですが、自分に合った社風を選ぶのも大切なポイントになりそうです。

博報堂/博報堂DYメディアパートナーズの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

第3位:ジェイアール東日本企画

駅ナカ広告のイメージがあるジェイアール東日本企画ですが、実は映画などにも事業進出しています。ポケモンの代理店でもあり、駅のスタンプラリーをはじめ、ポケモンパンやマクドナルドのハッピーセットの玩具企画などを行っていることでも有名です。
他の広告代理店とは一線を画し、電車という移動手段に関連した、独自のマーケティング手法を確立しています。電車も広告も好き、という人には願ったり叶ったりな企業でしょう。また地域活性に興味がある学生にも人気です。それに関連して、国内の地域産品を海外に売り込むプロデューサーの育成事業「ふるさとプロデューサー等育成支援事業(海外版)」を行うことを発表しました。ジェイアール東日本企画独自の「地域活性×海外」という取り組みに注目が集まっています。

ジェイアール東日本企画の掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

第4位:サイバーエージェント

大手老舗の広告企業を抑え、人気ランキング入りしたのがサイバーエージェントです。ゲームの印象が強いサイバーですが、実は売り上げの多くを広告事業が担っています。スマートフォンの普及が7割を超えている日本で、インターネット広告に携わる中で、サイバーはスマートフォン広告費は2017年には前年比124%、8,010億円と成長著しい、大きな影響力を誇っています。
FacebookやTwitter、InstagramといったSNSに組み込まれているインフィード広告が主力事業です。ネット広告・インフィード広告事業だけでみると、国内シェアNO.1です。少し前まではベンチャー企業と言われていましたが、今ではメガベンチャーもしくはベンチャーという枠組みを超えて大きく躍進が期待されている企業です。

サイバーエージェントの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

第5位:アサツー ディ・ケイ

業界3位のアサツー ディ・ケイが人気ランキング5位にランクインしました。電通・博報堂に次ぐ規模を誇り、アニメとラグジュアリーブランドの二本柱が特徴です。ドラえもん・ガンダムといった超人気アニメや、ルイヴィトンやChristian Diorといった超高級ブランドの広告を取り扱っています。
このように業界の内で明確に立ち位置を確立しているのが強い理由です。最近では「ブレーンタル」という取り組みを発表。広告業界ならではの知恵(ブレーン)を無料で貸します(レンタル)というもので、アサツー ディ・ケイ創業60周年を記念して行われます。「商店街のチャッチフレーズを考えて欲しい」「草野球チームの広報プランを練って欲しい」など、あらゆる要望に社員が知恵を貸すというもの。独特な取り組みが話題を呼んでいます。

アサツー ディ・ケイの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

広告の存在意義が問われる時代に

未だ根強い人気を誇る広告業界。しかしテレビのネット配信やSNSの普及、ビックデータ活用によりかつての広告業界とは違った風が吹きつつもあります。one to oneマーケティングが可能になった今、より一人一人の趣味嗜好に合わせた広告が求められるこの業界。しっかりとした業界分析と、自分が目指す将来像を明確にする必要がありそうです。

参考

会社四季報別冊 2016年 07月号

関連リンク

2019年卒 新卒就職人気企業ランキング│総合ランキング - みん就

f:id:hito-contents:20170728093458p:plain

監修:おくいはつね 

2006年より人材系企業にて、中途採用営業、営業支援、新規事業を経験。その後、東証一部上場企業などの採用コンサルティングや組織開発、研修プログラム開発、新卒採用ツール企画制作などに携わる。慶應大学などの教育機関でキャリア開発ワークショップを実施。また人材育成領域の事業立ち上げやマーケティングも行っている。