転職は何回までなら大丈夫?転職回数が多いと敬遠される理由と対策

「自分は転職回数が多いから不利かもしれない」。転職を前にこう悩む人も多いかと思います。実際、転職回数は何回なら許容範囲なのでしょうか?この記事では企業の本音や、転職回数が多い人はどのような対策をとれば良いかを紹介します。

転職回数は何回までならOK?転職回数が多いと本当に駄目なの?

転職回数は何回までなら許容範囲なのでしょうか? 一般的には「年代マイナス1」までと言われています。つまり20代なら1回。30代なら2回です。ただし業務スキルが高ければこの回数にプラス1回まで。20代で2回、30代で3回までは許容範囲だと言えるでしょう。これ以上に転職回数がある人は、残念ながら書類選考や面接で不利になりがちです。転職エージェントに登録しても紹介される案件に優良企業は少なくなり、中小企業やブラック企業の比率が高くなってきます。

しかし、もし20代で3回以上転職経験があっても必要以上に悲観的になることはありません。外資系企業やIT企業、業界問わずベンチャー企業などは、転職回数より能力・スキルを重視します。特にベンチャー企業は経営者の考え方次第であり、キャリアに一貫性・整合性があれば4~5回の転職経験があっても歓迎するケースは多々あります。ざっくりですが、保守的な社風の企業=転職回数重視、外資・IT・ベンチャー企業=能力重視だと知ったうえで、自分の志望業界や企業を決めていきましょう。

企業がほしいのはあくまで自社にとって優秀な人材。「この人は転職回数が多いが当社で活躍してくれる」と企業に思わせることができれば、転職活動は成功します。しっかりと対策を練り行動していきましょう。

f:id:hito-contents:20180625173222j:plain出典:pixta

転職回数が多いと転職が不利になると言われる理由

そもそも、なぜ企業は転職回数を気にするのでしょうか?単純な話、自社に入社してもすぐまた転職してしまう危惧があるからです。

 「少し嫌なことがあると辞めてしまうのでは?」
 「会社をキャリアアップの踏み台と考えているのでは?」
 「仕事はできても人間関係が上手くいかないタイプかもしれない…」
 「どの会社もすぐ辞めている。失敗から学ばないタイプか?」

など、採用担当者の心配の種はつきません。企業は入社した人材に長く働いてほしいと考えています。採用コスト・教育期間を考えれば、すぐ辞めてしまう人は企業にとって損失でしかないのです。

また、人事部の社員といえどもサラリーマン。上司や配属部署に対し客観的に見て「優秀な人材」を提案してこそ評価されます。同じ能力の応募者が2人いたら、転職回数の少ない人材を推薦したくなって当然なのです。もちろん配属部署の上司だって自分の片腕として長く働いてくれる人を好むでしょう。転職活動=ライバル候補者との競争。転職回数が多い人はスキル・人間性・期待度などで転職回数の少ない人に勝たなければならないのです。

ただ、書類選考で落ちることについては多少の割り切りも必要です。企業の採用現場は想像以上に煩雑なもの。「転職回数〇回まで」とフィルターをかけないと採用業務が回らない事情もあるのです。機械的に処理されるケースも多いので、落ちても気にせずすぐ新しい企業を探すのが転職活動を成功させるコツです。

転職回数が多くても選考で不利にならないための対策

ここで視点を変えてみましょう。多くの業界・企業の経験があるのはあなたの強みでもあるのです。転職回数が多い人は一度自分のスキルを箇条書きにしてみましょう。そのうえで、企業が求める人材像を研究し、そこに当てはまるように自分の経験やスキルを志望動機にまとめてください。そして面接では転職理由を必ずポジティブに語りましょう。

■転職理由の言い方例

×ネガティブな転職理由の言い方:
「やりたい仕事を担当させてもらえなかった」
「頑張っても給料を上げてもらえなかった」
「仕事に向いていなかった」

面接では相手側に非があるような表現は基本的にNGです。受け身で幼稚な印象を与えることはもちろん、仕事上の問題解決能力が低いように受け止められます。

〇ポジティブな転職理由の言い方:
「新しく挑戦したい仕事があった」
「自分の頑張りがはっきり成果としてわかる仕事をしたいと思った」
「自分の適性を活かせる仕事がわかったため転職した」

過去ではなく未来に視点を置いた言い方が好印象です。転職理由が前職のミスマッチにあったとしても、そこから得た学びを次の職場に活かしたいとポジティブに説明すると共感が得られやすくなります。

転職回数が多くてもポジティブに伝えることが大切!転職理由と志望動機の具体例を紹介!

では、転職回数が多いことを、実際にどのように伝えればよいのでしょうか。具体例を挙げてみます。

■具体例:27歳女性 転職回数2回 アカウントプランナーへ応募

【転職理由】
「新卒で入社し経営企画部門に配属されましたが、仕事をしていくうちに自分の現場経験のなさが気になるようになりました。現場を経験している先輩の企画はとても着眼点がよく説得力がありましたが、自分の企画は机上の空論という感じで自信が持てないでいました。上司に現場への異動を相談しこともありましたが『女性には無理』と却下されてしまいました。結局、仕事は伸び悩みこのままでは会社にも貢献できないと考え2年で退職しました。」

「次の会社では現場からスタートしようと営業職に応募しました。仕事はハードでしたが成果がはっきり出るためやりがいがありました。立ち位置が変わったためか経営企画時代に何が不足していたかも理解できました。転職2年目に当時取引先であったITベンチャー企業の社長から『新規事業部を立ち上げるのでうちにこないか』と誘われ転職しました。経験を活かせることや社長の理念に共感したことが理由です。」

【転職理由→志望動機】
「3社目ではコンサルティング営業を担当しました。ところが6ヵ月後に資金計画の問題が勃発。部署が解散となり退職を余儀なくされました。残念でしたがベンチャー企業で最新のIT知識に触れることができたのは良い経験だったと思っています。業界の成長性や仕事の面白さも肌で感じ、今後もIT関係の仕事をしたいと考えるようになりました。」

【志望動機】
「今回、御社が募集しているアカウントプランナーは、IT知識や各取引先企業とその業界について深い知識が必要な仕事だと思います。1社目で経験した経営企画部の視点、2社目、3社目の営業経験が役立つと考え応募いたしました。業界歴は短いのでWEB関連の知識はまだ不足していると思いますが、入社後は貪欲に学び売上を上げていきたいと考えます。将来的には新規プロジェクトを提案・実行できるくらいに成長し御社に貢献したいと思います。」

このように転職歴をポジティブに伝え、最後に入社後のキャリアプランを語ることで全体的に前向きな印象になります。

転職回数は正直に書く!転職回数のごまかしはバレたら内定取消しや解雇のリスクも

転職回数が多くてもきちんと対策を立てれば内定は得られるものです。そのため、転職回数は必ず正直に書きましょう。もしごまかして少なく書いても社会保険の記録から結局はバレてしまいます。そうなると、最悪内定取り消しや解雇される可能性も出てきます。そもそも、あなたが何回かの転職で学んだことはたくさんあるはずです。多くの職場で成功と失敗を経験したからこそ獲得できた自分の能力を正々堂々アピールし、内定を勝ち取ってください。

転職回数は変えることができないからこそ、「強み」として活かす

転職回数が多すぎると不利なのは現実です。ただ転職経験から得たスキル・経験はあなたの「強み」です。転職回数にこだわらず能力であなたを評価する企業も存在します。転職回数は変えることはできません。だからこそ転職で得たスキルや能力を自分の強みとして、採用担当者にアピールできるように対策をしていきましょう。

関連リンク

転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180305162144j:plain

著者:HRM

10年間、求人メディアの営業職として大手企業~中小企業まで数多くの企業の採用コンサルティングに携わる。独立後はライターとして、人事制度、メンタルヘルス、転職市場、採用手法、海外転職市場についてなど、人と仕事に関するテーマを中心に書いています。