「協力的実力主義」なメンバーが創り出す、バランスの取れた社風。

先進技術で業界をリードする独立系SIerのITの企業、コムチュア。個人の成長だけでなく、プロジェクトチームとしての結束にも重きを置き、どこにも偏らないスタイルが印象的な会社です。採用における想いや働き方について、お話を伺いました。

f:id:hito-contents:20180619163525j:plain
コムチュア株式会社
執行役員 経営統括本部 
人事本部長 兼 人事部長
山谷 明子 さん
採用サイト 採用情報 ::: コムチュア株式会社

新しい領域にこそ、若い人材を。

―― 数あるIT企業のなかで、貴社はどんな特徴をもっていますか?

事業領域が広く新しいというところです。新しい技術領域をいち早く取り入れてシフトしていくという形をとっているので、古いタイプのシステム開発案件は少なく、今でいうAIやビッグデータ、IoT、フィンテックなどがメインの領域になっています。エンジニアとして最先端の技術に触れながら、ほかの新しい領域にもどんどんチャレンジしていける環境です。
また、若手の社員を新しい領域の部門に配属していくスタンスも、ひとつの特徴です。新入社員は特に、会社の幅広い事業のなかで、自分はどこにいきたいのか、何ができるのかで悩むことが多いと思います。その場合は積極的に、新しい領域に挑戦してもらうようにしています。

スキルの向上は合理的に、協力的に。

―― 新入社員には、どんな姿勢を求めていますか?

自分に必要なものを判断して、積極的に学んでいく姿勢ですね。というのも、当社の研修は短期集中型だからです。研修のプログラムとしては、入社半年前から月に2回ほど時間を設けて、基礎の基礎を学ぶことからスタートします。それを経て、入社後に会社全体の研修が1ヵ月。その後すぐに部門配属があり、配属された部門ごとの研修を1ヵ月と、比較的短い期間で効率よく行っています。その後は、技術的なことについては定期的に行われている勉強会やセミナー、技術研究に有志で参加できます。またプレゼンの方法や資料作りなど、ビジネスパーソンとしての勉強は、当社が提供している100種類あまりの講座から選べるようになっています。
初めに最低限インプットして、あとは現場で仕事をしながら……というスタイルなので、当社でSEとして、また社会人として成長するには、受け身にならずに自分を高めていこうとする意欲の高さが大切だと思います。

――実力主義的な面があるのですね。

そうですね。ただ、だからといって全員が「自分ひとりで成果を出してやる!」という雰囲気かというと、そんなことはありません。たとえば技術力の向上に関して、ひとりでやるよりみんなで勉強したほうがいいと思えばみんなで協力して勉強会を開き、知識を共有する。というように、合理的に考える人が多いです。実力主義的な面もある一方で、協力的な雰囲気もあるんです。いろんな人のやり方を、会社で包容力をもって受け入れていく文化ですね。

選考基準はひとつだけ。

―― 採用面接時には、どのようなポイントを見ていますか?

共通の基準はひとつで「自分に必要な知識や技術のキャッチアップに、真面目に取り組む意欲があるか」ですね。そういうスタンスを基本としている人は、きっとなにごとにも前向きに取り組める人だと思うので、ここは重視しているポイントです。
そのほかの人物像というところでは、実は特に基準を定めていません。これには、開発の仕事はチームプレーのため、メンバーの特性に偏りがでないようにバランスを取ろうという狙いがあるんです。なので、対人において積極的なタイプや控えめなタイプ、コツコツと努力を重ねるタイプや要領よくこなすタイプなど、幅広いメンバーを採用しています。ただ、この業界を志す人は、全体的にコツコツと努力するタイプが多いように思います。だからあえて、ほかの特性をポイントとして見ることもありますね。それはたとえば、リーダーシップであったり、ストレスやプレッシャーへの耐性であったり、あとは問題分析能力や柔軟性、といったところでしょうか。このうちどれかに当てはまるものがあれば、選考の上でアピールポイントになるかもしれません。

これまでのやり方が、まさに「働き方改革」でした。

―― 「働き方」が話題となっている昨今ですが、貴社ではどのような働き方ができますか?

実は当社は、以前から日常的に業務管理や生産性向上に取り組んでいるんです。
基本的に残業も少ないですし、なにか気になる点があれば都度改善をしていって、日常的に経営管理をしていくのが会社の方針になっています。また、そうして決まったことが社内に浸透しやすい風土もあります。なのでこれまでのやり方に「働き方改革」という名前がついた感じですね。世に言う人事的な施策とか、働く環境への施策をわざわざ打たずとも、自然と日々の経営の中で改善していく環境ができあがっているんです。

―― そういった「自然に浸透していく」雰囲気は、女性の働き方に関してもよい影響を与えていそうですね。

そうですね、出産・育児を経てお休みから復帰される方も増えてきているし、無理なく仕事と家庭を両立できているようです。また、新卒採用という視点では、今後は女性の比率をもっと増やしていこうという計画を立てています。今はだいたい30~35%くらいの割合で採用しているので、会社全体の女性の割合も新卒を中心に徐々に増えていっているのが現状です。

自分が心から感じる「原動力」はなんですか?

―― 就活生に向けてのメッセージをお願いします。

就職活動の中で、「自分は何が向いているのか」とか「どういう業界がいいのか」といった自己分析をすると思います。その際にぜひ、就活に必要な自己分析ではなくて、もっとシンプルに、自分の原動力になるものってなんだろう?と考えてみてほしいです。何がモチベーションになるかは人によって違いますよね。たとえば、人の役に立ちたいとか、技術力を付けて他の人にはできないことをやりたいとか、単純に会社の雰囲気が好きだとか。一度、自分が心で望んでいることに素直になって受け止めてみると、選択肢の幅が広くなるんじゃないかと思います。とはいえ、長々と自分探しをしていると、仕事人生の中で重要な時期を逃してしまいます。20代こそ、たくさんのインプットといろんな経験を積む時期だから、怠けていてはもったいないです。
自分が進んだ先が、もしかしたら自分には合わないこともあるかもしれない。だけどそこで、やれるだけのことをやってインプットしていく。20代のうちにそれができた人が、30代以降で、より良い仕事、いいアウトプットができる人になると思います。
学生のみなさんは、就活のなかでいろんな迷いはあるでしょう。でも、そのときできる最大限のことをやる、というのを常に意識していれば、後々いい結果に結びつくんじゃないかなと思います。

関連リンク

 コムチュアの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20170928114208j:plain

今回インタビューを受けてくださった方

コムチュア株式会社
執行役員 経営統括本部 
人事本部長 兼 人事部長
山谷 明子 さん