【就パス~就活マイルールブック~】No.069 尾﨑大祐さん(早稲田大学)

就活に成功した学生たちの、“生の声”をお届けする就活パスポート、略して「就パス」!内定獲得者が就活中に独自定め、実行していたマイルールのほか、実際のエントリー数や内定をもらった会社についても聞いてみました。未来のあなたの姿が、ここにあるかも!?

f:id:epb0804:20170929171116j:plain

尾﨑大祐さん

生年 / Year of birth
1995

出身大学 / Graduated from
早稲田大学 基幹理工学部

内定先 / Prospective employer
楽天株式会社

発行日 / Date of issue
22 JUN 2018

就活中のマイルール、教えます!

1.周りの人に助けてもらう!

就活において自己分析はもちろん大切ですが、私は他己分析もかなり重要なポイントだと思います。他己分析により、自分が見えていない自分の一面を発見したり、面接で話す内容の説得力が増したりするからです。自分の長所・短所を友達に聞くのは当たり前ですが、他にも自分の書いたESを多くの人に見てもらったり、面接での受け答えに対するアドバイスを友達や先輩から頂いたりしていました。私はそれ程人脈が多いわけではないのですが、後輩・先輩・友人からバイト先の社員さんまで幅広く声をかけたため、助言を頂くことができ、とても助かりました。

2.とにかく頷く!

これはある企業の人事の方から教えて頂いたものです。説明会とグループディスカッションと面接、全てにおいてとにかく深く頷くことを意識していました。頷くことによって目立つことができ、説明会で人事の方に顔を覚えて貰うことが出来ます。また面接やグループディスカッションにおいては、頷くことによって「この人は話に興味を持ってくれているんだ」と相手に思わせ、自分の話もよく聞いてもらえるようになります。ただ、頷き過ぎもわざとらしくなってしまうためNGです。

3.語ることが出来るものを何でもいいから持っておく!

私が面接を受けた会社では「趣味はなんですか?」と聞かれるケースが多々ありました。そんなときに本心から楽しく語れるものを持っておくと、面接官との会話が盛り上がり、非常に有利だと思います。私はMr.Childrenが大好きなので、彼らのメロディや歌詞について、息抜きがてら改めて調べたり聴いたりして、面接でそのことについて話していました。

ここだけの話、教えます!

Q1:エントリーした業界は?また、その業界にエントリーした理由は?
A:業界は、広告やインターネットに絞っていました。私はもともと大学のサークルでイベント運営や雑誌制作を行っており、1からイベントや雑誌を作ることにやりがいを感じていました。そして社会人になっても、個人や社会に影響を与えることが出来るものを0から作りたいと考えていました。それに当てはまったのが広告やインターネット業界でした。

Q2:エントリーした会社の数は?
A:約25社です。

Q3:その会社にエントリーした理由は?
A:2つあります。1つは人々や社会に影響を与える仕事であるということです。もう1つは、新しいものを次々と生み出すことができる場所であるということです。なぜこの2つをエントリーの基準としていたかというと、私が大学でのサークルでイベントや雑誌制作をしており、新しい物を作ることや多くの人の心を動かすことにやりがいを感じたからです。

Q4:内定をもらった会社の数は?
A:2社です。

Q5:内定をもらった会社名は?
A:楽天株式会社と某ベンチャー企業です。

Q6:内定を承諾した会社名は?
A:楽天株式会社です。

Q7:内定をもらった時期は?
A:6月上旬です。

Q8:内定を承諾した理由は?
A:インターネットショッピング、旅行、銀行、携帯電話、保険など次々と新しい取り組みを生み出す会社なので、私も自らのアイデアで新しい事業を創り上げていけるのではないかと思ったからです。また、社内の環境にも魅力を感じました。デスクに仕切りがなかったり、思いついたアイデアを書き留めるための壁一面のホワイトボードがあったりと非常にクリエイティブな環境のようなので、そんな場所で働いてみたいと思いました。

Q9:インターンはやっていた?
A:やっていませんでした。

Q10:就活中のゲン担ぎはある?
A:面接の日は、移動中の電車内で必ずMr.Childrenの「終わりなき旅」を聴いていました。これは高校のときから勝負の前に必ず行ってきたことです。毎回この曲を聴くたびに、曲のメロディや歌詞に浸って緊張を抑え、面接に向けて気分を切り替えることができました。

Q11:就活をしていて辛かったことは?その乗り越え方は?
A:就活終盤に、まったく内定がもらえなかったことです。約25社も受けたにも関わらず、ほとんど落ち、この先全ての企業に受からなかった場合の事を考えた時が一番辛かったです。しかし、第1志望の会社がまだ残っていたので、そこに全てを出し切る勢いで準備をしておりました。その結果第1志望である楽天株式会社から内定を頂くことができました。

関連リンク

情報処理/システムの就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

 

f:id:epb0804:20170929171116j:plain

尾﨑大祐さん

生年 / Year of birth
1995

出身大学 / Graduated from
早稲田大学 基幹理工学部

内定先 / Prospective employer
楽天株式会社

発行日 / Date of issue
22 JUN 2018