転職で学歴は重視される?中途採用だからこそ企業が重視すること

一般的に新卒採用においては学歴フィルターなるものが存在するといわれていますが、中途採用においても「学歴」は重要なのでしょうか?
ここでは、企業が中途採用において重視していることについて解説していきます。

転職に学歴は必要?中途採用者にも学歴フィルターは存在するのか?

一般的に、新卒採用においては学歴である程度応募者の選別を行う「学歴フィルター」が存在するといわれています。新卒採用では学生のポテンシャルを重視するため、その判断材料として学歴を重視するのです。一部の大手・有名企業ではインターンシップを実質的な選考の場とし、その参加条件をMARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)以上に限定するなどしています。

では中途採用においても学歴フィルターは存在するのでしょうか?

結論は限りなくNOです。中途採用において企業が求めるのは、多くの場合は即戦力人材です。即戦力となり得るかどうかを見極めるポイントとなるのは、スキル・経験・実績・ビジョンなどであり、学歴はそれほど重要ではありません。

どれだけ高学歴であっても、社会人としての経験が浅く、目立ったスキル・実績がないという人では即戦力とはなり得ません。言い換えれば、新卒時に学歴の壁に阻まれチャレンジを諦めたという人にとっては、再チャレンジのチャンスといえます。一方で学歴には自信がある人にとっては、新卒時のように学歴で優位に立てないことになります。

f:id:hito-contents:20180621112113j:plain出典:fotolia

転職に企業が求めるスキルとは?中途採用で企業が重視しているポイント

中途採用において企業側が重視するポイントについて具体的に見ていきましょう。

(1)キャリア(職務経歴・経験)
応募者がこれまでにどのような経験をし、どんな実績を残してきたかという点から、企業は任せたい業務を遂行するのに必要な能力を有しているかどうかを判断します。また応募者が明確なキャリアビジョンを描いているかどうかも企業側は重要視します。

●応募者が将来何を実現したいのか
●転職理由・志望動機は将来ビジョンに即したものか
●それらはストーリーとして語れるものか

企業は単純に過去を問うているのではなく、応募者が未来をどう見ているのかを探っているのです。

(2)スキル
スキルにはビジネスパーソンとしての基本スキルと業務遂行のための専門スキルとがあります。企業側は「応募者のスキル」をどう捉えているかというと、あくまで判断材料のひとつであり、採用の決め手となるものではありません。スキルを前面に押し出したアピールはあまり有効とはいえないかもしれません。

実際の採用を見ても「スキルは多少劣ってもコミュケーション力の高い人物を優先する」という傾向があり、「スキル不足は入社後に補ってもらえればよい」とする企業も多いようです。ただし、高度な専門スキルが要求される職種においては、スキルはマスト要件となります。

(3)コミュニケーション能力
企業がもっとも重視するポイントのひとつです。他者との円滑な関係を構築できるかどうかはビジネスの基本であり、「この人と働きたい」と思わせる魅力につながるものです。社内外での人間関係の構築、顧客との折衝、組織マネジメントなど仕事のすべてがコミュニケーションによって成り立っています。

コミュニケーション力の高い人とは、相手の立場に立って考え他者への配慮ができる人のこと。対人スキルは応募書類だけで判断できるものではなく、面接の質疑応答と併せて見ていくことになります。質疑応答の主たる目的はコミュニケーション力の確認といってもいいかもしれません。

(4)モチベーション
仕事に対する熱量をどれだけ持っているかも重要なポイント。目標達成に向けてモチベーションを維持し、継続して努力し続けられ人でなければ仕事を任せることはできません。モチベーションの高さの裏付けとなるのは、応募者自身が明確な将来ビジョン・目標を持っているかであり、「過去から未来への自分ストーリー」を説得力を持って語れるかどうかがカギとなります。

転職は学歴よりもキャリア・スキル重視とはいえ例外もある

実力重視が中途採用の基本とは言え、一部には例外もあります。業務上、高度な問題抽出・解決力や論理的思考力が必須となる職種では中途採用においても、一定以上の学歴を採用要件とするケースがあります。総合商社・銀行・シンクタンク・コンサルティング会社・教育産業などにその傾向が強く、いわゆる「地頭のよさ」という部分を学歴で判断しているようです。

また社会人経験3年未満を対象とした、第二新卒採用でも学歴を重視する傾向が強いといえます。企業側から見た場合、「3年未満の実務経験では即戦力の対象とはならない」というのが一般的であり、新卒と同様にポテンシャル重視の将来性に期待した採用を行っています。

ここだけを見ると「やはり学歴こそが重要」と思われる方もいるかもしれませんが、仮に学歴の点で応募条件を満たしていない場合でも、豊富な実務経験とスキルを有し「即戦力として高い市場価値がある」と自信のある方ならば、応募する価値は十分あるといえます。

転職を成功させるために学歴に関係なく今からしておきたいこと

最後に学歴の有無に関わらず、転職するためにはやっておいたほうがよいことをご紹介します。

(1)志望先企業の採用要件を確認し、それに合わせた準備を行う
志望企業を絞り込む際には、その企業の求める人物像に自分が合致するかどうかを検討していくわけですが、その過程において「求めるスキルを持ち合わせているかどうか」は把握しやすいポイントです。企業によっては「より高いスキルを有する人を採りたい」とする場合もあり、事前に志望先企業がどんなスキルを求めているかを把握し、そこを磨いておくのはかなり有効だといえます。

(2)資格を取得する
業界・職種によっては、業務を遂行する上で資格が必要となる場合があります。たとえば不動産業界なら宅地建物取引主任者、経理の仕事なら簿記検定3級以上というように、応募資格として明確に記されている場合も。これらの業界・職種への転職を希望するなら、早い段階で資格を取得しておくとよいでしょう。「転職するかどうかは未定」という方でも、興味ある分野に関連する国家資格などを取得しておくのは決して損にはならないはずです。

転職する時はどれだけのキャリアやスキルがあるかが重要!

転職成功のためには、志望先企業が求める人物像に自分が合致するかの見極めが重要です。求めるスキル・経験などを把握し、それに合わせた自分磨きをしましょう。

関連リンク

転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180305160139j:plain

著者:平野輝樹

フリーランスライター
1989年リクルート入社。情報誌の企画・制作業務に携わる。
2001年フリーランスとして独立。現在は企業向けに人材採用・教育、広報関連のコンサルティング業務と各種メディアでのライティングを行う。
1965年生まれ・52歳 栃木県在住