アルバイトで巫女さんに!気になるお給料や仕事の魅力などをご紹介

女子学生に人気を集める巫女さんのアルバイトは、募集が少ないレアバイトのひとつです。そこで今回は、憧れの巫女さんになるために、どんな能力が必要なのか、巫女さんの仕事の魅力やお給料のこと、応募方法などをご紹介します。

アルバイトで憧れの「巫女」デビュー!仕事内容や勤務時間は?

巫女さんのアルバイトでは、真っ白な着物と赤の袴に千早の伝統的な巫女装束を着用して仕事に臨みます。そんな巫女さんの仕事内容や勤務時間をご紹介します。

巫女さんの仕事内容

巫女さんのアルバイトでは、「参拝者にお守りやお札・絵馬などをお授けする」「案内所での案内役の仕事」、「参拝客に甘酒をふるまう」、「神職のお手伝い」などを行います。スキルによっては、パソコンを使用した事務作業のお手伝いがあることも。
また、神社によってはお掃除を巫女さんもお手伝いするケースや、巫女舞を舞う神社もあります。
参拝者と直接触れ合う巫女さんは何かと忙しいものです。特に繁忙期である大晦日・初詣の年末年始には、昼夜問わず多くの参拝者の方が訪れます。一人ひとりの方に向き合う丁寧な対応が求められます。

冬季は底冷えする授与所も珍しくありません。イメージを損ねない程度に、防寒対策をしっかりとすることも大切なポイントです。

巫女さんの奉仕時間

巫女さんのお仕事は「勤務」ではなく「奉仕」と呼びます。奉仕時間は、朝8時くらいから18時くらいまでで、7~8時間が目安です。
先ほどお伝えしたように、神社は年末年始が繁忙期。アルバイトもそれに合わせた形で働くことになり、特に大晦日~元旦にかけては、深夜勤務になるケースも珍しくありません。そのため、アルバイトの応募を18歳以上としている神社が多くあります。
また、七五三の時期も繁忙期です。そして婚礼を扱っている場合には、婚礼シーズンも忙しくなります。

f:id:hito-contents:20180620141220j:plain出典:写真AC

アルバイトで憧れの「巫女」デビュー!お給料はどれくらいもらえるの?

先ほどお伝えしたように、巫女さんのアルバイトは、通常のアルバイトとは異なり、神様にお仕えする「ご奉仕」です。そのため、時給はあまり高くはなく、目安としては、時給700円~、日給8,000円~です。ただし、神社によっては時給1,000円以上の場合もあります。

時給は神社の規模や立地、婚礼の有無によっても異なります。しかし、巫女さんのアルバイトと学業を両立して生計を維持していくのはあまり現実的ではありません。実家暮らしの方や仕送りを受けている方が、土日や長期休暇のみのアルバイトをするなら、学業と両立しやすいのでピッタリです。
生活のために働く必要がある方は、巫女さんのアルバイトだけではなく時給の高いアルバイトと掛け持ちをしましょう。

気になる!巫女さんのアルバイトのメリット・デメリット

巫女さんのアルバイトのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

巫女さんのメリットはたくさんありますが、3つ選んでご紹介します。

(1)神社独特のお作法・伝統的な日本のお作法を身につけることができる
巫女さんのアルバイトでは、礼儀作法だけではなく、神社独特のお作法や伝統的な日本のお作法を身につけることができます。言葉遣いだけではなく、立ち振る舞いを身につけることができ、その上知識を深めることもできます。

(2)コミュニケーション能力が身につく
参拝者の方とのコミュニケーションは、巫女さんの重要な仕事のひとつ。また、巫女さんという職業柄、女性が多い職場であり、きめ細やかな気遣いを身につけることができます。

(3)神聖な衣装を着ることができる
神社以外ではあまり着ることのできない巫女装束を着用することができます。憧れの衣装に袖を通すと、神聖な気持ちになり、オンとオフの切り替えがしっかりとできるのも嬉しいポイントです。

デメリット

巫女さんのアルバイトの中でも特にデメリットに感じる3つをご紹介します。

(1)作法など覚えることが多い
一般的な礼儀作法だけではなく、神社独特のお作法を身につける必要があります。そのため、覚えることが多く、慣れないうちは大変かもしれません。

(2)身だしなみに注意が必要
巫女さんのアルバイトでは茶髪・アクセサリー禁止です。神社によりますが、パーマもストレート以外はそぐわないといえますし、巻き髪なども禁止されています。また、メイクもナチュラルメイクが基本で、巫女さんのイメージを大きく逸脱したもの注意されるケースがあります。
今風のメイクやオシャレは、プライベートで楽しんでくださいね。

(3)給料が決して高いとはいえない
先ほどご紹介したように、巫女さんのアルバイトは決して時給が高いとはいえません。その代わり、「お金では買うことのできない価値のある経験ができる」という魅力があります。

巫女さんのアルバイトの募集はいつ頃?面接で気をつけたいポイント

巫女さんのアルバイトは、「アルバイト」ではなく「助勤」や「助務」という呼び方がされていることもあります。アルバイトを探す際には注意してくださいね。

巫女さんのアルバイトの募集時期

巫女さんのアルバイトの募集は、8月~10月に開始されます。これは、年末年始の繁忙期に向けて、少し早めに採用をして仕事を覚えてもらうためです。
また、婚礼を執り行う神社や大規模な神社では、通年採用を行っているケースもあります。
とはいえ、巫女さんの求人は他の職業と比較して決して多いとはいえません。「求人をまめにチェックする」、「気になる神社があれば直接問い合わせをする」ように心がけてくださいね。

巫女さんのアルバイトの面接

「身だしなみ」と「受け答え」の2つのポイントをご紹介します。

・身だしなみ
面接で注意したいポイントは、「清潔感」です。メイクはナチュラルメイクを基本に、作りこみすぎずに自然を意識してくださいね。また、面接時に茶髪やパーマスタイルで行くとマイナスの印象になってしまう可能性もあります。ご奉仕の際には身につけることがない、ピアスやネックレスなどのアクセサリーも、着用しないほうが安心です。
服装は落ち着いたものをセレクトし、スカートは椅子や座布団に座ることを考慮し、膝下で少し長めのものがおすすめです。大きめのハンカチが1枚あると、正座をした際に万が一スカートが上がってしまっても慌てずに済みます。

・受け答え
挨拶をしっかりとするだけではなく、ゆっくりで構いませんので、落ち着いて話をしましょう。
丁寧な受け答えを心がけてくださいね。

憧れの巫女さんのアルバイトをするためには早めに動こう!

巫女さんは、覚えることが多くて大変で身だしなみが厳しい面もありますが、やりがいがあり礼儀作法が身につく素敵なアルバイトです。巫女さんになるためにも、情報はこまめにチェックして早めに動くように心がけてくださいね。

f:id:epb0804:20180219120534j:plain

著者:あおみ ゆうの

1980年生まれ。東京都在住。 漫画家のアシスタントやメイド喫茶のメイドさんなど、多彩なアルバイトを経てライター・編集者として活動中。 3児の母として、毎日楽しくそして忙しい日々を過ごしています。