営業から他職種への転職は可能?営業以外へのキャリアチェンジの方法

「営業を辞めたい」「営業の経験しかないが他の職種に転職したい」。この記事ではそんな方に向けて、営業から転職しやすい職種は何か、どう面接でアピールすれば好印象かなど、営業が他職種へ転職するためのノウハウを紹介します。

営業から他職種への転職はしやすい?

まず、営業から他職種への転職はしやすいのでしょうか?世の中には「営業はつぶしがきく」、「営業はつぶしがきかない」と正反対の説が飛びかっています。どちらが正しいのでしょうか?結論からいうと、営業はいろいろな職種に転職が可能な仕事です。

もちろん一口に営業といっても実にさまざま。法人営業か個人顧客向け営業か? 新規開拓営業かルートセールスか? 業界によってもそのビジネススタイルや必要な知識は全く違い、営業個人が持っているスキルも千差万別です。ただし共通して言えることは、高いコミュニケーション能力が必要な仕事であることです。

ところで、優秀なビジネスマンに必要な2大スキルをご存知でしょうか?それは「論理力」と「高いコミュニケーション能力」といわれています。つまり、どんな職種であれコミュニケーション能力のある人は歓迎されるのです。

営業経験で得た対人スキルは、あなたが思っている以上に強力な武器となります。自信を持って転職活動に臨んでください。もちろん同じ職種で転職するほうが有利です。でもどうしても営業以外の職種にチャレンジしたいなら、自分のコミュニケーションスキルを活かせる職種を選んでいきましょう。

営業経験者がアピールできるコミュニケーションスキル例

では、どのようなコミュニケーションスキルが転職の際に武器となるのか、一例を紹介します。求人職種によりアピール方法は異なりますが、いろいろな職場で応用可能なスキルです。

・基本コミュニケーション能力:相手と良好な人間関係を構築できる
・折衝能力:金額交渉もできる交渉力
・トラブル対応力:クレームやトラブルにもパニックにならず対応できる
・業務推進力:社内の他部門と協調しながら業務を遂行できる
・新規開拓能力:数多くの顧客にアプローチし一から信用を築ける

面接の際、営業経験者の明るく礼儀正しい振る舞いは相手に好印象を与えます。営業時代に相手との良好な関係を保ちつつ金額交渉した経験は、購買はじめ各間接部門での発注業務に活かせます。サービス系職種全般では「クレーム対応も経験している」ことは歓迎要素。
また、他部門と連携し業務を推進してきた経験を話すことで社内コミュニケーション力の高さをアピールできます。新規開拓営業経験は「1日200件の電話」など実数も提示し、タフさやチャレンジ精神をアピールしましょう。

f:id:hito-contents:20180618115844j:plain出典:fotolia

営業から他職種への転職を実現するために選びたい企業とは

ここでは、営業で培ったコミュニケーション能力を活かしやすい職種を紹介します。まず、最もスムーズにキャリアチェンジが可能なのは人と接するサービス系の職種だといえるでしょう。ホテルなどの華やかな業界から介護などの落ち着いた業界までいろいろな職場がありますが、いずれも「人の役に立つ」という喜びが味わえる仕事です。デパートやスーパーなど小売現場の販売職では、パート・派遣など非正規スタッフが接客業務を行うことが多いため、正社員で入社すると早々にマネジメントに携わるチャンスも出てくる可能性があります。

また、営業から業界問わず間接部門へ転職する人も珍しくありません。たとえば人事や購買職は外部の企業と接することが多くコミュニケーション能力が必須の仕事です。数字にも強い必要があり営業と似た面がかなりあります。そのほか、営業現場を理解しているという理由で営業事務へ転職できた人もいます。

■営業→サービス系職種の例
・販売職・店長職:パート・派遣スタッフが多いのでマネジメントに携われるチャンス大
・介護スタッフ:高齢者と接することが好きな人向き。社会的意義を感じることができる
・コンシェルジュ:ホテルや旅館などでお客様の要望に対応する接客のプロ
・ウエディングプランナー:結婚式のプランニング・プロデュース
・人材コーディネーター:人材派遣会社で登録者と企業とのマッチングを担当

▽サービス系の求人はこちらからチェック!
サービス関連の転職求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

■営業→間接部門の例
・人事採用担当
・仕入れ・購買職
・営業事務

なお、中小企業だと事務系職種に応募しても「営業も担当してほしい」と兼任を依頼されるケースがあります。こういった場合は営業メインではないため仕事もハードではないもの。ぜひ快諾しましょう。自分の営業スキルを発揮しつつ新しい仕事を覚えることができます。

▽事務の求人はこちらからチェック!
事務関連の転職求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

営業から他職種への転職ではポテンシャル採用を狙おう!

営業から他職種への転職では、ポテンシャル採用を狙うのがおすすめです。ポテンシャル採用とは実務経験ではなくその人の潜在能力を見込んで採用する手法であり、入社後一から教育することを前提としています。最近ではヤフージャパンやJR東日本など多くの大手企業、ベンチャー企業が積極的に行っています。また、最近は中小の外資系企業もポテンシャル採用に取り組んでいます。営業しか経験がなく資格を持っていない人にとっては大きなチャンスがある時代です。営業からのキャリアチェンジを目指すならぜひ応募してみましょう。

ポテンシャル採用で広がるキャリアプラン例

「営業から経理・会計部門に転職、将来は公認会計士を目指す」
「一からWEBディレクターを目指す」
「グローバル企業に入社し語学力を高め、将来海外拠点で働く」

営業職は適性があればやりがい溢れる仕事だといえます。しかし営業職の残念な点は、キャリアプランが営業管理職か営業専門職のふたつになりがちなところです。20代のうちに思い切ってキャリアチェンジすることで、将来公認会計士やグローバルに活躍するビジネスマンになることを目指す選択肢も手に入れることができます。ポテンシャル採用制度はあなたのキャリアの可能性を大きく広げるといえるでしょう。

営業から他職種への転職活動を成功させるためのアピールポイント

あなたが営業から他の職種に変わりたい理由は何でしょうか? 
「ノルマがきつかった」「毎日残業、土日祝日もメールや電話対応に追われた」などいわゆるネガティブな理由がある人も少なくないでしょう。しかし、面接で「営業がいやだから」という発言をしてはいけません。営業は企業の業績を伸ばすとても重要な部署。肉体的にも精神的にもハードな業務をこなす人がいるからこそ、企業は成長することができるのです。面接では営業経験を次の仕事に活かしたいとポジティブに伝えましょう。

■面接での良いアピール例
「営業を気持ちよくサポートできる事務になりたい」
「営業が現場に集中できるような仕組みを企画部門で作りたい」
「営業力を発揮して学校から優秀な人材を採用したい」
「営業時代の経験を活かし業者と金額交渉をしたい」

■資格をとればより有利
営業から全く未経験の職種に転職するなら、その分野に必要な資格を取得しておくことは大切です。もちろんポテンシャル採用であれば資格・経験は不問です。ただ、資格を取得していれば企業はよりあなたに可能性を感じてくれるでしょう。資格は意欲と能力の証明。語学を使う仕事であればTOEICのスコアもアップさせておきましょう。経理を目指すなら簿記検定を、WEB系の仕事を目指すならばWEB検定を受けることをおすすめします。

営業から他職種への転職はアピールや企業の選び方次第で可能!

営業から他職種への転職はアピールや企業の選び方が大切です。せっかく自分が身につけたコミュニケーション能力を活かすためにも、新しい仕事の内容を詳しく調べましょう。そして、その仕事に自分のスキルをどのように役立てたいかを堂々とPRし内定を獲得しましょう。

関連リンク

サービス関連の転職求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ
事務関連の転職求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:epb0804:20180305162144j:plain

著者:HRM

10年間、求人メディアの営業職として大手企業~中小企業まで数多くの企業の採用コンサルティングに携わる。独立後はライターとして、人事制度、メンタルヘルス、転職市場、採用手法、海外転職市場についてなど、人と仕事に関するテーマを中心に書いています。