マナーやコツをおさえたトーク例あり!アルバイトの電話応募の仕方

アルバイトの応募の電話は、多くの人が緊張してしまうもの。また、電話がつながったあと、どのようにトークを進めればよいのかも不安に感じることでしょう。そこで今回は、アルバイトの電話応募の仕方をトーク例をまじえてご紹介します。

【アルバイトに電話で応募】 電話をかける前に準備しておきたいこと

アルバイトの応募の電話をする前には、応募に必要なやりとりがスムーズに進められるように事前準備をしておくことが必要です。次のものを手元に準備しておきましょう。

アルバイト募集が掲載されていた媒体

アルバイトの募集内容や、担当者などの情報が記載されています。職種や時間帯、条件などを確認するためにも、募集媒体は手元に置いて応募の電話をしましょう。同時に、募集内容でわからないことがある場合には、質問を準備しておきます。

スケジュール帳と筆記用具、メモ

応募の電話のあとには面接がありますが、日程は先方から指定されることも、希望を聞かれることもあります。日時を提示されて返答に時間がかかる、希望を聞かれて戸惑ってしまう、といったことのないように、自分のスケジュールをすぐに確認できる状態にしておきましょう。また、面接当日に持参が必要なものを指示されることもあります。メモを取るために筆記用具も必要です。

自分の希望する条件や通勤までの手段の確認

応募先によっては、面接の前に電話であらかじめ簡単な条件の確認を行う場合もあります。いつアルバイトができるか、複数の職種が募集されている場合は希望の職種、アルバイト先までの通勤手段や通勤時間はよく尋ねられること。すぐに答えられるようにしておきましょう。

▽アルバイトを探すならここから!
アルバイト求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:hito-contents:20180613101540j:plain出典:ぱくたそ

【アルバイトに電話で応募】 電話をかけるのはいつの時間帯がよい?

応募の電話に適している時間帯は、アルバイト先の業種によって異なります。応募の要項に電話連絡の時間帯が指定されている場合は、それに従うことが基本ですが、時間の幅が広い場合やそもそも記載されていない場合もあります。そのときには、次のようなことを意識して電話をする時間を選びましょう。

繁忙時間帯は避ける

アルバイト先が業務で忙しいと思われる時間帯に応募の電話をかけることはよくありません。たとえば、飲食店であればランチタイムの11~14時やディナータイムの18~21時ごろは避けたいものです。一般企業では、朝礼や朝一の業務が立て込む10時ごろまでと、昼食で人が少なくなる12~13時を避けるとよいでしょう。

担当者がいると思われる時間を選択する

せっかくアルバイトの応募の電話をしても、アルバイト先に担当者がいない場合には連絡し直さなければなりません。コンビニやスーパーなど営業時間帯が長い業態の場合には、できるだけ担当者が在籍していると思われる日中の時間に連絡します。

【アルバイトに電話で応募】電話で大切にしたいポイントとは

応募の電話は、あなたの第一印象を左右します。大切にしたいポイントは次の3つです。

■明るく、元気のよい応対を心がける
電話では顔が見えないため、普段よりも明るくハキハキと。話すときには、相手の聞き取りやすさを意識して、早口になり過ぎないようにします。また、沈黙を作らないように、伝えることは事前に整理しておきましょう。

■話すときに棒読みにならないようにする
アルバイト応募の電話の前には、トークを練習しておくことがおすすめですが、原稿を読むように棒読みにならないように注意しましょう。緊張するとつい、「間違わないように」ということだけを考えてしまいがち。相手とコミュニケーションを取っているということを忘れずに話すように心がけましょう。

■電話をかける環境にも注意する
電話をかける際には、通話の妨げにならないような静かな環境を選びましょう。携帯電話からかける場合には、電波が安定している場所から。通話環境が悪いと、先方も気持ちがよいものではありませんし、声が聞こえづらくやりとりに困難が生じてしまいます。

【アルバイトに電話で応募】役に立つ電話応募でのトーク例

では、アルバイトの応募で電話する場合のトーク例とポイントをご紹介します。応募の際の参考にしてくださいね。

■電話の第一声
「お世話になります。○○(求人が掲載されていた媒体)でアルバイトの求人を拝見してお電話いたしました○○(自分の名前)と申します。恐れ入りますが、採用のご担当者さまはいらっしゃいますか?」

求人を見た媒体とアルバイトの求人を見たこと、自分の名前を名乗ることがポイントです。採用担当者の名前が記載されていた場合には、採用担当の○○さま、としてもよいでしょう。

■担当者とつながったら
「○○(求人が掲載されていた媒体)でアルバイトの求人を拝見してお電話いたしました○○(自分の名前)と申します。現在もアルバイトの募集は行っていらっしゃいますか?」

採用担当者とつながった際にも、再度求人情報を見た媒体と名前は名乗ります。そして、まずはアルバイトの募集がまだ行われているかどうかを確認します。

■担当者が不在の場合
「承知いたしました。またあらためさせていただきます。もし、お電話のご都合のよい時間帯などがございましたら、お教えいただけませんか?」

担当者不在の場合は、基本的に自分のほうからあらためて連絡する旨を伝えます。担当者が在籍する時間を尋ねてもよいでしょう。先方から連絡するといわれた場合には、連絡先のほか、連絡が取りすい時間帯も合わせて伝えておきます。

■指定された面接日時に調整が難しい場合
「申し訳ございません。あいにく当日は○○のため難しいです。○○時から、もしくは○○日などはいかがでしょうか?」

面接日時を指定された場合にどうしても調整がつかない場合には、理由を添えてお詫びをしたうえで、代替案を提案します。ただし、学校の予定などどうしても調整ができないものを除いては、できるだけ先方に合わせたいものです。

■電話の最後
「それでは、○月○日○時におうかがいいたします。当日はよろしくお願いいたします。本日はどうもありがとうございました」

電話を切る前には、面接の約束の日時を復唱し、お礼の言葉で締めます。また、先方が電話を切ったのを確認してから電話を切るようにします。

アルバイトに電話で応募するときは、一通り練習しておくと安心

アルバイトの応募の電話でよい印象を持ってもらうためには、事前の準備を整えたうえで、わかりやすく、ハキハキと話すことが大切です。電話をする前には、どのようなパターンの場合もきちんと話せるように、前もって一通り練習しておくと安心です。

関連リンク

アルバイト求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:epb0804:20180124162809p:plain

著者:みゅぜ

フリーライター。大手GMSでのアルバイトを中心に、空き時間には各種調査からテレアポ、イベントスタッフなどさまざまなアルバイトの経験を重ねる。ライターとして独立後は、就職支援サイトでのニュースや自己の経験を元にした多数の記事執筆を行っている。