【業界研究】飲料業界大手3社!サントリー・アサヒ・キリンを大解剖

業界研究は就活の準備段階の中でも重要な作業です。ここでは飲料業界の大まかな状況を解説するとともに、業界を代表するサントリーホールディングス・アサヒビール・キリン3社の動向と就活をする際のチェックポイントを見ておきましょう。

f:id:hito-contents:20180320145206j:plain出典:fotolia

縮小するビール市場、いかに活路を見出すかが勝負

飲料業界には大きく「ビール類」「アルコール飲料(ビール系除く)」「清涼飲料」の3つの領域があります。

ビール類

「ビール類」の出荷量は1994年をピークに減少傾向にあります。市場としては厳しい環境にあると言えるでしょう。

そんな中各社が力を入れるのはサントリーホールディングスの「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」を始めとするプレミアム系と、アサヒビールの「スタイルフリー プリン体ゼロ」などの機能系と呼ばれるラインです。また苦みを嫌う若年層に対してどのようにアピールするかもこの領域のポイントとなっています。

アルコール飲料

低迷が続くビール類に対して、若干の伸びを見せているのがビール類を除くアルコール飲料。市場拡大を引っ張っているのはウイスキーやワイン、RTDと呼ばれる缶チューハイなどの低アルコール飲料です。今後のカギはビールを嫌う顧客層をどう取り込むかとされています。

清涼飲料

3つ目の領域「清涼飲料」はアルコール分1%未満の飲み物を指します。消費増税と夏場の天候不順により自動販売機経由の売上が減少、2014年には生産量が5年ぶりに前年実績を下回りました。

2011年には大塚ホールディングスと伊藤園が提携開始、2013年にはカルピスとアサヒ飲料が国内飲料事業部を統合するなど、大手を中心に業界再編も進んでいます。

挫折・挑戦の経験をアピールしよう!「サントリー」

サントリーホールディングスはサントリー食品インターナショナルやビームサントリーなどの飲料事業会社のほか、外食事業会社などを傘下に持つ企業。「プレミアム・モルツ」や「金麦」などのヒットでビール類業界3位に定着しています。米国ジムビーム社の買収などによりウイスキーやワインなどにも事業拡大中です。

清涼飲料では2009年にフランス「オランジーナ・シュウエップス」を買収。自社でも「ボス」や「伊右衛門」などのブランド化に成功しています。2014年には創業家以外から初の経営者として元ローソンの新浪剛史氏が代表取締役社長に就任。「やってみなはれ(やってみなさい)」の精神で市場開拓や新製品開発に挑んでいます。

求める人物像は「自ら考え自ら動く主体的でチャレンジ精神溢れる人」。選考では志望動機や自己PRなどに重点を置いた人物重視の基準を設けています。挫折や挑戦の経験をいかに掘り下げておくかが選考を受けるにあたってはカギとなるでしょう。

サントリーホールディングスの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

一緒に世界一を目指せる人材募集中!「アサヒ」

アサヒビールは「三ツ矢サイダー」のアサヒ飲料やカルピスなどを傘下に持つアサヒグループホールディングスの中心的な企業です。ビール類出荷量国内首位であり、中でも「スーパードライ」は長年シェア首位を維持しています。さらに第三のビール「クリアアサヒ」を刷新し、売り上げを伸ばしています。グループとしては2001年にニッカウヰスキーを買収し、総合酒類化も推進中です。

また現在を第三創業期として捉え、「アサヒグループとして世界の食品企業トップ10に入り、グローバル企業と伍して戦っていける」をスローガンに海外事業拡大にも力を入れています。

そんなアサヒビールの求める人物像を「経営理念に共感し、『柔軟性・適応力』『独自の長所・個性』『国際感覚』を持ち合わせた人財」としています。面接の選考ポイントを「求める人物像に合っているかをこれまでの活動(行動)を通じて判断する」としているため、どのような質問が来ても的確に回答できるだけの自己分析が必要不可欠です。

「自分が第三創業期に入ったアサヒビールに対して何ができるのか」という視点で自分のビジョンを掘り下げておきましょう。

アサヒグループホールディングスの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

強いブランド力をどう生かす?「キリン」

グループの中心的存在・キリンビール、清涼飲料などを取り扱うキリンビバレッジ、ワインをメイン事業に据えるメルシャン。この3社が統合して誕生したのがキリンです。紅茶飲料における「午後の紅茶」の圧倒的シェアのほか、発泡酒でシェア7割の1位の「淡麗」など強いブランド力を持っていますが、ビール類では2010年以降アサヒビールに首位を奪われたままとなっています。

親会社のキリンホールディングスはオーストラリアやブラジルなどでM&Aを進め、国際事業化を推進しつつ、協和発酵キリンによる医薬・バイオケミカル分野への事業拡大も進行中です。

求める人物像は「高い志と前向きな姿勢、そして今の市場にない価値を提供するためのリーダーシップを持った人材」。面接でもいかに主体的かつ創造的なアプローチができる人間かを重視しています。

キリンや飲料業界全体の状況を踏まえ、そこにどんなアプローチができるかをじっくりと考えておく必要があるでしょう。

キリンホールディングスの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

「これから」を担うのは自分たち

業界研究は「いま」を知るだけでは完成しません。ここで挙げた情報を参考にしながら、業界もしくは企業の「これから」を考え、自分がそのために何をできるかを考える。そうして掘り下げていくことで自己分析と業界研究をリンクさせていきましょう。

参考

・日経業界地図
・四季報
・各社採用サイト
採用コンセプト 新卒採用情報 サントリー
新卒採用|アサヒビール

関連リンク

食品/水産/農林の就活情報・新卒採用クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20170801113356p:plain

監修:小室直子

臨床発達心理士
中級教育カウンセラー
東北福祉大学大学院修士課程卒業後、専門学校専任講師、大学の非常勤講師として心理学系科目の講義を行うかたわら、のべ200名の就職支援の経験を持つ。