不満はないが転職すべきか悩んでいる人必見!モヤモヤの解決法は?

はっきりした不満はないが転職したい気持ちはあり、このままでいいのかと不安を抱えている人は意外と多いものです。そんなモヤモヤした思いを一度整理して、転職すべきか残るべきか決断する方法について解説します。

解決法1:転職によって叶えたい希望・条件を整理する

転職するかどうかを決める前にまずは、転職したいという気持ちはどこから来たのかを探り、その後どうしたいのかということを具体的に考えてみる必要があります。頭の中でモヤモヤと考えているだけでは悩みの正体をはっきりつかむことができず、解決するのは難しいからです。ここでは、転職したいと考える理由を探り、このままでいいのか、どうすれば問題を解決できるのか順番に考えを整理していきたいと思います。

転職したいと考える理由は何か?現状の問題点を探る

まずは、転職したいと考える理由、つまり、今の仕事での問題点を明確にしていきましょう。なぜ転職したいと考えるのかを紙に書き出してみてください。転職の悩みを言語化することで悩みがはっきりしたものになり、解決の糸口を見つけやすくなります。紙に思いついたまま悩みをどんどん書いていき、その悩みを掘り下げていきましょう。
例えば、年収が上がらないと悩んでいたとします。その原因が何かをさらに掘り下げて考えてみましょう。
年収が上がらない⇒年収が挙がらない理由は昇進できないから⇒昇進できない理由は業務が忙しくて昇進試験の勉強時間がないから
こう整理して考えていくと、スキルアップするには難しい環境だということがわかります。

今の仕事にある問題を解決するためにはどうすれば良いか?

今の仕事の問題点を探り当てたら、次にその解決方法を考えましょう。問題を正しく認識できたのであれば、解決方法を考えることができるはずです。その際には、転職して解決する方法だけではなく、転職せずに今の職場で解決する方法も探ってみることが大事です。あらゆる方向で解決策を検討しておくことで転職してもしなくても納得することができます。
例えば、スキルアップできないために年収があがらないのが問題だったのであれば、今の職場で仕事をセーブしながらスキルアップのための時間を取れないか、異動して解決することはできないかなど転職せずに改善できる方法を考えてみます。転職して解決するのであれば、スキルアップできる時間を取れる、研修制度が充実している、昇進次第で年収アップできるなどという転職先の条件や希望を明確にすることができます。

このように、頭の中でモヤモヤしていた転職の悩みを明確にすることで解決策を探しやすくなり、転職すべきか転職せずに残るべきかの判断材料をそろえることができるでしょう。

f:id:hito-contents:20180605164244j:plain出典:fotolia

解決法2:転職のメリットとデメリットを比較検討する

現職を続けるか転職するかを判断する前にそれぞれのメリットとデメリットを十分理解しておく必要があります。現職を続ける道と転職する道のそれぞれのメリットとデメリットを比較することで、どちらの道に進んでも納得して前に進むことができるようになります。また、転職による失敗を回避できる可能性も高まります。どのような点でメリットとデメリットを比較すべきなのか、整理するための項目をいくつかご紹介します。

(1)やりたい仕事ができる可能性

やりたい仕事ができるということは、仕事をするうえでとても重要なことです。転職しなくてもそれが可能なのか、転職しないとやれないことなのかを考えてみましょう。具体的には、異動すればやりたいことができないか、異動届は受け入れてもらえる可能性が高いのかなどです。そして、転職する前提で取れる選択肢は何があるのかも調べます。例えば、やりたい仕事ができる転職先はあるのか、その企業に転職できる見込みはあるかなどです。このような判断材料を集めることでどちらがより自分のやりたい仕事ができる選択肢なのかを具体的に比較することができます。

(2)キャリアアップが望める可能性

年収を増やすためにも、仕事のやりがいを得るためにも、キャリアアップが望めるかどうかということも非常に重要です。今の職場が自分の描くキャリアアップができる環境かどうかを考えてみましょう。管理職になってキャリアアップしたいのか、スペシャリストとしてキャリアを高めていきたいのかを考え、それに応じて自分が望むキャリアプランに合う会社を模索する必要があるでしょう。

(3)給与面で満足できる可能性

今の職場で得られる給与に満足できているでしょうか?そして、今後も昇給していく可能性はあるのでしょうか。今働いている会社の業績と事業の将来性、給与の昇給制度などを考慮することで転職すべきかを考える判断材料の1つになります。

(4)ライフプランとの両立

いくら給与が高く、仕事のやりがいがあっても、仕事がライフプランに合っていなければ働きづらいものです。例えば、結婚して子供を持ち夫婦で子育てをしながら仕事を続ける場合、子育てに関わる時間を取れるのか、子供の学費や住宅費、老後資金などを賄えるくらいの給料をもらえるのかなどを考えなければなりません。自分の今後のライフプランと今の職場が合っているのかを十分考える必要があります。もし合っていなければ、どのような条件の職場が望ましいのかを検討する必要があるでしょう。

解決法3:転職時にアピールできるスキルの棚卸をする

転職したいと考える理由を見つけ出し、現職に残る道と転職する道それぞれのメリットとデメリットを比較して転職に対する考え方が固まったら、実際に転職活動をした場合、どれくらいの勝算があるのかを考えてみましょう。転職の勝算を把握するためには、自分がどのようなスキルを持っているのかを棚卸し、転職時にどれくらいのアピールができるかを客観的に把握することが重要です。自分が持つスキルや経験を棚卸するための方法についてご紹介します。

自分の得意分野をチェック項目に沿って棚卸する

まずは、仕事における自分の得意分野を棚卸していきますが、それぞれの業界で仕事の実力を評価するチェック項目に沿ってあげていくと、取りこぼしなくスムーズに棚卸することができます。例えば、営業職なら販売実績、販売スキル、得意な分野・エリアなどとなり、ITエンジニアなら得意なプログラミング言語やシステム開発環境、開発工程、開発規模などです。
また、どのような業界でも必要とされる能力を評価するチェック項目として、管理者経験や社員教育経験の有無、パソコンスキル、危機管理能力などがあります。これらのチェック項目に沿って自分のスキルや実績をあげていくことでスムーズな棚卸をすることができます。

仕事の実績を数字で把握しておく

転職時に自分のスキルや仕事の実績を客観的にアピールするためには、数字で把握しておくことが重要です。営業実績の豊富さをいくらアピールしても、売上金額や受注件数などの具体的な数字がなければ説得力がないからです。もちろんその数字による実績は、企業が納得できるような数字でなければなりません。上記で棚卸した内容に沿ってアピールできそうな仕事実績を表す数字を出しておきましょう。

転職を考えるなら、まずは慎重に行動を起こそう!

転職は、人生において重要な決断の一つです。そのような大事な選択をする前には、現職を続けたらどうなるのか、自分にはどれくらいのスキルがあるのか、転職したらどのような結果を生むかなどを正しく把握ししっかりと考えたうえで行動を起こすことが重要です。

関連リンク

転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180223110601j:plain

著者:宮内光

中堅転職エージェントにて5年間勤務。営業として400社以上の人事担当者と商談を行いました。登録人材の面接も担当していましたので、「雇う側」「仕事を探す側」どちらの立場からの記事も制作可能です。豊富な実務経験を活かして、ノウハウと具体的なアクション、問題解決策満載の記事制作を行っています。