有給インターンシップで高額お小遣いも内定もゲットしよう!

今や就活生の7割以上が参加するほど当たり前になったインターンですが、学生にとっては痛い面もあるのが事実です。インターン中はもちろんバイトはできないので、その分稼ぎが減り、交通費など色々と出費が増える就活中はどうしても苦しい生活を強いられます。そんな学生に嬉しいのが、有給インターンです!

f:id:hito-contents:20180606102832j:plain出典:pixta

日当1.5万円越え!高給インターンが多い業界ってどこ?

数多くあるインターンの中でも有給かつ高給なインターンといえば、外資系コンサル・IT系・人材系が有名です。

特に外資系コンサルは日当1.5万円を超える企業が多く見られます。学生に日当1.5万円以上を出しても優秀な人材を集めたい、というコンサル系の熱意が伝わってきます。また外資系はインターンが一般的なので報酬が高くなる傾向にあります。高給な分インターンの内容も実に内容が濃く、グループ課題解決ワークに取り組むインターンが多い傾向にあります。座学はほとんどないのが特徴です。

次に高給インターンが多いのは、IT系です。その中でもベンチャーのIT企業がこぞって高給インターンを開催しています。その裏にはIT業界が求める「高いITリテラシーと実力を兼ね備えた学生エンジニア」の絶対数が極端に少ないことが原因としてあります。そのため高い報酬を払ってでも優秀なエンジニアを早い段階で囲っておきたいという真意が見られます。IT系はエンジニアは有給インターンだが、ビジネス職は無給インターンということも少なくないので注意が必要です。

最近人材業界の伸びが目まぐるしく、それに伴ってインターンで払われる報酬も上昇傾向にあります。AIの発達によって、「最適な人材を最適な企業に配属する」ことが可能になり始め人材業界は益々盛り上がりを見せています。IT業界との区別が難しい部分がありますが、IT技術を駆使して人材業界に特化している企業が人材系企業といえます。まだまだ市場拡大が続くため、インターンの報酬を釣り上げてでも優秀な学生が欲しいのがこの業界の特徴です。

コンサル業界の高給インターンシップ例

※下記は2016年7月時点の情報です。

ドリームインキュベータ

日当:20,000円(去年度の情報を基に算出)
期間:2日間
内容:実際の企業・テーマを題材に、情報収集・分析・戦略策定といったコンサルが行う一般的な業務を体験できます。第一線で働くビジネスプロデューサーたちの助言を基に、2日間に渡るプロジェクトに参加し、最後にはプレゼンテーションを行います。優秀者は本選考への招待も準備されています。

ボストンコンサルティング グループ

日当:16,666円(去年度の情報を基に算出)
期間:3日間
内容:実務経験があり、国内外の大学院で学んでいる学生向けインターンです。実際のプロジェクトにアサインされ、コンサルタント業務を経験できます。さらに、コンサルティングという職業について深く考えることを目的としたオリエンテーションや各種トレーニングも準備されています。

ブーズ・アンド・カンパニー(Strategy&)

日当:15,000円
期間:2日間
内容:現実に生じている経営課題から作られた擬似問題に対し、具体的な市場分析や競争環境を判断し、課題解決に導くプログラムです。先輩のコンサルタントと活発な議論を交わしたり、更には様々なコンサルティングツールを通して、より実際的な戦略コンサルティングを体験することが可能です。将来的には「世界を飛び回るグローバル人材になりたい」「トップマネジメントに関わりたい」という人向けです。参加者のうちで優秀な成績を出した方は本選考への優先案内があります。

コンサルは他の業界に比べても平均して高給なのが特徴です。これは就職してからの給料額に比例していると考えられます。また日系のコンサル企業に比べ、外資系のコンサルの方がインターンの日当は高いのが特徴です。ランキングには登場しませんでしたが、日本を代表するコンサルティング企業:野村総合研究所は日当8000円です。

IT業界の高給インターンシップ例

ワークスアプリケーションズ

日当:8,000~25,000円(※個人の成績によって報酬が大きく異なります)
期間:20日間
「後輩にお勧めしたいインターンシップ」、6年連続No.1を獲得する伝説のインターン。20日間のインターンの中で、明確にAから順に成績がつけられます。優秀者は賞金と内定パスを獲得することができ、インターンの成績によって報酬が変動します。

LINE

日当:20,000円
期間:1ヶ月
エンジニアとプランナー(総合職)に別れたインターンが実施される。エンジニアの報酬は1ヶ月でおよそ40万円と学生インターンでは破格の報酬です。ハッカソン型やビジコン型など様々なインターンが用意されているのが特徴です。

ディー・エヌ・エー(DeNA)

日当:16,666円
期間:3日間
総額:5万円
ビジネス・エンジニア・デザイン・ゲームプランナー職に別れて実施されます。どのプログラムもDeNA選りすぐりのメンター達のフィードバックを受けながら、ビジネスを肌で感じられるインターンです。

コンサル業界の次に高給インターンが多いのがこのIT業界です。冒頭でも紹介した通りエンジニアの報酬が多く、情報系や高専出身の理系学生にはとても嬉しいインターンが満載です。

人材系の高給インターンシップ例

※下記は2016年7月時点の情報です。

レバレジーズ

日当:2万円
期間:1日
「2020年までに100億円を投資できる企業になる」という課題にチームで取り組みます。事業部長として活躍する若手エース社員がメンターとなり、マーケットリサーチやデータ分析、仮説構築やビジネスプラン策定、収支シミュレーションといった経営戦略のキーポイントを学べるインターンです。

ビズリーチ

日当:6500円~1.5万円(去年度の実績から計算)
期間:3日間
前回のインターンでのお題は「本来あるべきインターンシッププログラムのゼロからの企画立案」でした。優勝チームには20万円が送られ、かつ次のインターンのお題に採用されるという特典がありました。

今注目度・人気、共に高い人材業界のインターンも高報酬で有名です。実際にプログラムを通してマーケティングを学ぶインターンが多いのが特徴です。

関連リンク

さらにお小遣いゲット。指定企業の投稿でQUOカードをプレゼント!インターン体験記募集中

f:id:hito-contents:20170801113356p:plain

監修:小室直子

臨床発達心理士
中級教育カウンセラー
東北福祉大学大学院修士課程卒業後、専門学校専任講師、大学の非常勤講師として心理学系科目の講義を行うかたわら、のべ200名の就職支援の経験を持つ。