キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

30代で未経験の業界に転職するには?成功の秘訣と注意点まとめ

30代から未経験の業界に転職するのは不利と言われることも多いですが、本当にそうなのでしょうか?未経験者がスムーズに転職する方法も実はあるのです。30代から未経験の分野に転職するための、成功のコツと注意点をお伝えします。

30代で未経験の業界への転職は不利って本当?

30代になってから未経験の業界へ転職するのは不利と考えられていますが、必ずしもそうではありません。30代になるまでに得た社会経験や仕事の知識、経験を活かすことで、場合によっては、むしろ20代の転職者より有利に転職を進めることも可能です。30代の未経験での転職が不利と言われる最も大きな理由は、やはりその業界で働いた経験や業務知識がないということでしょう。企業側からすれば未経験者を採用すると、ある程度の教育期間を取らなければならず、できれば最初から業務知識を備えている人を採用したいと考えます。

しかし、30代まで他の業界で仕事をしてきた人であれば、今までに培ってきた社会経験や仕事の知識、経験を活かすことができるはずです。例えば、営業職などで必要になるお客様とのコミュニケーションスキルは業界が変わっても通用します。パソコンスキルはどの業界でもだいたい必要とされますし、事務作業を効率よくこなす能力も同様です。
社会経験や基本的な仕事能力を備えている30代の転職者は、たとえ未経験であっても即戦力として活躍できるチャンスがあるのです。

f:id:hito-contents:20180604104714j:plain出典:fotolia

30代未経験でも転職しやすい業界は?

30代から未経験でも転職しやすい業界とは、次のような業界であると考えられます。

  • 高度な専門スキルは特に必要とされない業界
  • 業績が好調な業界
  • 人手不足が進む業界

医療や法律の知識など、高度な専門的スキルが必要な業界は未経験者には入りづらいですが、販売や接客などの高いコミュニケーション能力が重視される小売業界やアパレル業界などは未経験者向きです。特に、30代が過去の仕事経験の中で得たコミュニケーション能力を活かして未経験からでも活躍しているケースは多くなっています。また、業績が伸びている業界やもともと人手が不足している業界も未経験者にチャンスがあります。それでは、30代の未経験者が転職しやすい業界について具体的に見ていきましょう。

(1)未経験者が従事しやすい小売業・販売業界

アパレル業界などの販売業界における接客業は、顧客にどれだけ商品を売ることができるかで業務成績が決まります。高いコミュニケーション能力を持ち、顧客をつなぎとめられる魅力的なトークを展開できれば、高い売上を出すことができるでしょう。30代までに培った高いコミュニケーションスキルを活かすことができれば、十分可能です。また、新規出店の際に大量の人員が必要になることもあり、未経験者が歓迎されやすい業界です。

(2)ホテル・旅行業界・飲食業界

海外からの訪日観光客が急増しており、ホテルや旅行業界、飲食業界では人手不足になっているため、未経験者が入りやすい状況です。基本的な英語や中国語を習得できれば、コミュニケーション能力次第で活躍しやすい業界です。

(3)介護業界

人手不足の業界と言えば、介護業界です。高齢化が進む中で介護福祉士をはじめとした介護業界の人材不足は深刻化しています。高齢者を介護するという難しい職務ですが、社会経験が豊富で人との基本的なコミュニケーション能力を備えている30代なら、資格が取得できれば未経験からでも活躍しやすいでしょう。

30代未経験での転職が不利となる業界は?

では反対に、30代未経験で転職が不利なのはどのような業界なのでしょうか?

転職者の受け入れが少ない業界

もともと、転職者をあまり受け入れない業界があります。例えば、銀行などの金融業界です。銀行や証券会社などは高学歴の新卒者を採用し、辞める人はあまりいません。特に銀行は、信用が第一の職務なので未経験の転職者を採用するようなことはほとんどないのです。転職者を受け入れるとすれば、高度な金融知識などのハイレベルなスキルを持つ人に限られるケースがほとんどですので、残念ながら未経験者が受け入れられる余地はほとんどないと考えるべきでしょう。

高度な専門知識が求められる業界

業界特有の専門知識や資格が必要な業界は、未経験では入社が難しくなります。例えば、プログラミング知識やシステム開発スキルなどのIT知識が必要なIT・通信業界や、高度な医療知識や看護知識が必要な医療業界などです。
ただし、このような専門知識が必要な業界の中にも、未経験から技術や知識を習得することで入れる業界もあります。例えば、IT業界には勉強さえすれば未経験からでも取得可能な資格が数多くあり、それらの資格を取得していくことでIT知識が身につきます。テキストを買ったり、IT系専門学校に通ったりして勉強することで、資格を取得していくのも専門知識を身につけるための手段として有効です。

30代で未経験の業界に転職する場合の成功の秘訣と注意点は?

30代が未経験の分野へ転職する場合、実際にどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。成功の秘訣と注意点についてまとめてみました。

(1)転職の目的と優先条件を明確に決める

30歳を過ぎ、今の仕事の実績や会社での地位を捨てて転職するのは、必ず何か目的があってのことだと思います。年収を上げたい、やりたい仕事がしたい、今の仕事がきついなどいろいろな転職理由があると思いますが、転職して何を得たいのかという目的を明確にしておきましょう。さらに、年収アップが目的なら仕事内容には目をつぶる、やりたい仕事に向かって資格取得を優先させるなど、転職の優先順位も明確にしましょう。転職活動を始める前に、転職の目的と条件を明確に決めておくことが重要と言えるでしょう。

(2)自分のスキル、経験を活かせる業界・業種を選ぶ

30代で未経験の分野に進む場合は、自分がすでに持っているスキルや経験を活かせる分野に進むことも重要です。例えば、前職で医療系の分野で働いていた場合、その知識や経験が役立つ介護分野に転職する、IT業界で得たスキルを活かしてexcelやwordの使用が必須である事務系の分野に転職するなどです。自分が持つスキルや経験をあらかじめ棚卸ししておくと良いでしょう。

(3)面接で即戦力として活躍できることを適切にアピールする

30代を超えてから転職する場合、20代の時とは異なり即戦力になることが重視されると言われます。もし、自分が即戦力になれることをアピールしたいのであれば、自分にどのようなスキルや経験があるか、そしてそれが転職先でどのように役立つかを正しく認識したうえでアピールすべきです。そうしなければ採用されることも難しく、採用されたとしてもアピールした通りに仕事ができないかもしれません。

(4)転職コンサルタントなど専門家の意見も参考とする

未経験の業界に転職する場合、その業界についての知識や業界の最新事情について知識がない状態で転職活動をする場合がほとんどでしょう。そこで、頼りたいのが転職コンサルタントなどの転職に関する専門家です。その業界の企業情報を提供してくれ、どの企業が未経験者におすすめか、どのようなアピールが有効かなど転職に役立つアドバイスもしてくれるでしょう。未経験者にとって転職コンサルタントは、非常に頼りになる存在です。

(5)時間的・経済的に余裕を持って転職活動に臨む

未経験ということもあり、なかなか思うように転職活動が進まないケースも多いと思います。時には、資格を取得してから転職活動を進めた方が有利というケースもあるでしょう。転職活動が長引いても問題ないように、転職活動の時間をあらかじめ多めに確保し、多めに貯金をしておくことが重要です。特に、退職してから転職活動を行う際には、経済的に厳しくなる可能性もありますので注意が必要です。

コツを押さえれば30代で未経験の業界の転職にもチャレンジ可能!

30代から未経験の業界に転職できなくはありません。むしろ、それぞれの業界の事情と自分が持つスキルや経験を正しく把握することで転職を有利に進められる可能性もあります。転職したい業界の情報を収集し、自己分析を進め、しっかりと転職活動の準備をしましょう。

関連リンク

転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180223110601j:plain

著者:宮内光

中堅転職エージェントにて5年間勤務。営業として400社以上の人事担当者と商談を行いました。登録人材の面接も担当していましたので、「雇う側」「仕事を探す側」どちらの立場からの記事も制作可能です。豊富な実務経験を活かして、ノウハウと具体的なアクション、問題解決策満載の記事制作を行っています。