アルバイトのお悩み解決!年上の後輩との付き合い方【性格別に解説】

アルバイト先の人間関係は、できれば良好に保っておきたいもの。しかし後輩が自分よりも年上だと、どんなふうに接すればいいのか悩んでしまいがちです。今回はアルバイト先の年上の後輩との接し方について、後輩の性格別にご紹介します。

アルバイト先の年上の後輩には敬語を使うべき?

まずアルバイト先の年上の後輩には、親しくなるまでは敬語や丁寧語を使うことをおすすめします。理由は、あくまで年齢的には相手が年上にあたるためです。ため口や、偉そうな態度を取ってしまうと、「年下のくせに生意気だ」と相手に思われてしまう可能性があります。アルバイト先の立場では自分が先輩でも、年齢的には相手が上であるという意識を持って、丁寧に接するようにしましょう。

ただし年上の後輩の中には、あまり年齢には触れられたくないと感じる人もいます。人によっては年下のスタッフから過剰に敬語を使われることで「年寄り扱いされている」「年上だから壁を作られている」と気分を害してしまう人も…。相手が親しみやすい人である場合は、仲良くなったタイミングで「ため口でいいですか?」ときくなどして、接し方を変えていくようにしてみてはいかがでしょうか。

▽駅や地名など豊富な検索条件から、あなたにぴったりのバイトを探そう!
アルバイト求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:hito-contents:20180604091613j:plain出典:pixta

アルバイトの年上の後輩との付き合い方の基本【共通】

年上の後輩との接し方の基本は、まず敬意を持つことです。アルバイト先では後輩になるとはいえ、相手はあくまでも年上。自分よりも多くの経験を積んでいる人生の先輩にあたります。よって、基本の接し方は「礼儀正しく」がベター。お互いに親しくなるまでは丁寧語を使い、人生の先輩として敬意を払っていることが伝わる態度をこころがけましょう。

ミスを注意する際に気をつけたいこと

年上の後輩のミスを指摘する際は、頭ごなしに叱らないことがポイントです。すぐに「違います」「ダメです」と叱ると、相手の経験や人格まで否定したと捉えられてしまう可能性があります。年上の後輩のミスを指摘する際のコツは、マニュアルや上司の指示などを引き合いに出しながら、「このようなルールになっているので、今度から気をつけてもらってもいいですか」とお願いすること。相手を「ダメだ」と否定するのではなく、既存のルールにあわせてもらえるよう誘導してみることがポイントです。

なお、ミスを指摘する際はできるだけ人気がない場所を選びましょう。年上の後輩は「自分の方が年上なのに、周りより経験が浅い」と気にしているケースも多いので、多くの人の前でミスを指摘すると傷ついてしまう可能性があります。仕事の指導をする際は相手の立場をふまえたうえで、聞き入れてもらいやすいシチュエーションを整えてみてください。

【性格別】アルバイトの年上の後輩との付き合い方(1)プライド高めの年上の後輩の場合

では次に、プライドが少し高い年上後輩の特徴や付き合い方について見てみましょう。プライドが高めの年上後輩の特徴は、主に3つあります。1つめはいろいろなアルバイトを経験しており、自分に自信を持っていること。もちろん中には「アルバイトがはじめて」という人もいますが、その場合はサークルで精力的に活動していることや、何らかの得意分野を持っている人が多いです。2つめはリーダーシップを発揮したがること。自分のこれまでの経験や経歴などに自信があるため、積極的に周囲をリードしようとする傾向があります。最後の3つめは、物事をハッキリ言うこと。不満があれば直接反論することも多いタイプです。

プライド高めの年上後輩との付き合い方

プライド高めの年上後輩と付き合う際は、相手をやや持ち上げる姿勢で接する方法がおすすめです。相手はリーダーシップを取りたがる傾向にあるため、「これをやってください」と上から押しつけるのではなく、「○○さんならできると思って」「○○さんは頼りになりますから」と、相手が気持ちよく動けるように誘導すると良いでしょう。一度仲良くなると親身になってくれるタイプでもあるので、最初は強いて上に立とうとするよりは良きアドバイザーに徹し、相手を褒めて伸ばすようにしてみてください。

【性格別】アルバイトの年上の後輩との付き合い方(2)甘えすぎる年上の後輩の場合

次に、年上にも関わらず周囲に頼ろうとする「甘えたがりな年上後輩」の特徴と付き合い方を見てみましょう。甘えたがりな年上後輩の特徴は主に2つあります。1つめは、仕事に対して消極的であること。なかなか仕事を覚えようとせず、周りの手を借りて乗り切ろうとする傾向にあります。2つめは、できないことに対して言い訳をすること。場合によっては何らかの仕事を頼んだ際に、「○○をやらないといけないので」とはぐらかされることも…。一見職場で浮いてしまいそうなタイプですが、天然な愛されキャラとしてなんとなく職場になじむスキルも持ち合わせている人が多いです。

甘えたがりな年上後輩との付き合い方

甘えたがりな年上後輩との付き合い方のポイントは、「一緒にやりましょう」と連帯感を出すことです。どうしても相手が仕事をぐずる場合は「○○さんの方が年上なんですから甘えさせてくださいよ」と、あえて甘え返してみるのもいいかもしれません。年下から甘えることで相手も仕事に前向きになりやすいほか、「この人はなかなか甘えさせてくれない」とやんわり気づかせることも可能です。なお、冷たい態度を取ると一気に反抗的になるリスクがあります。できるだけ根気強く付き合うか、ビジネスライクな距離を保ちながら指導にあたるようにしてみてください。

【性格別】アルバイトの年上の後輩との付き合い方(3)大人しい年上の後輩の場合

最後に、大人しい年上後輩の特徴や付き合い方のポイントについてご紹介します。大人しい年上後輩の特徴は2つです。1つめは、こちらから話しかけても反応が薄くなりやすいこと。仕事の指示をしても反応が薄いため、「相手が把握できたのか否か」を判断しにくいところが特徴です。2つめは、物静かであること。どちらかと言うと黙々とした作業を好み、自分から積極的にコミュニケーションを取らない傾向にあります。ただ、趣味や得意分野の話題が合う人が見つかると一気に饒舌になることも。話題のきっかけが見つかれば仲良くなりやすい人と言えます。

大人しい年上後輩との付き合い方

大人しい年上後輩との付き合い方のポイントは、「丁寧にフォローするよ」という姿勢を見せることです。仕事の指示を出したら、都度「わからないことがあったら私が忙しそうに見えたときでもいいので言ってください」と、一言伝えておきましょう。大人しい人は自分から積極的に質問できないために、なかなか仕事が覚えられない人もいます。相手は大人しい初心者だという認識を忘れないようにしつつ、こちらから歩み寄る姿勢を見せてあげてください。また、穏やかな態度で接することもポイントです。温和な姿勢でコミュニケーションを取り、相手の信頼を得られるよう働きかけてみましょう。

アルバイトでの年上の後輩と上手に付き合って気持ちよく働ける職場を!

「年上の後輩」と言うとつい身構えてしまいがちですが、同じ職場で働くスタッフとして敬意を忘れないようにすれば、自然とコミュニケーションも取りやすくなります。職場にどんなスタッフが入ってきても気持ちよく仕事ができるように、年上の後輩との接し方を身につけてみてくださいね。

関連リンク

アルバイト求人検索 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:epb0804:20180124162803p:plain

著者:ritfiles

音楽と映画の世界を経て、ライター職へ。ビジネス系を中心にオールジャンルで活動しているフリーライターです。飲食店・映画制作会社・税務署・イベントホールなどでのアルバイト経験あり。