【大企業とベンチャーの違い】メリットとデメリットは?徹底比較!

近年ぞくぞくと数を増やしているベンチャー企業。教育体制を作りきれないことから新卒採用をしている企業は多くありませんが、最近では立ち上げから時間が経ち、中規模・大規模ベンチャーへと成長し、新卒採用を行うところも増えてきました。今回はそんなベンチャー企業と大企業と言われる会社を比較し、それぞれの特色をご紹介します。

f:id:hito-contents:20180319144113j:plain出典:fotolia

【大企業】【ベンチャー企業】と呼ばれる会社の定義は?

就活生になると大企業やベンチャーといった言葉を頻繁に使いますが、実際の定義をちゃんと理解している人は少ないのではないでしょうか。大企業とベンチャーの判断基準となるのは中小企業者や小規模企業者です。大企業とは一般的に中小企業者や小規模企業者に属さない企業のことを指します。中小企業者や小規模企業者とは、従業員数や資本金が基準で定められています。例えば、IT業界でいえば、中小企業は資本金が3億円以下もしくは従業員数300人以下の企業を指します。つまりこれ以上の企業であればIT業界では大企業といえます。

一方でベンチャー企業とは、中小企業に属します。かつ新しい技術や高度な知識を基に既存の大企業では進出しにくい分野で活躍する企業を指します。最近ではこの分野に属しながら資本金3億円以上従業員数300人以上の企業も増えています。そういった企業をメガベンチャーという括りで呼んだりします。また、時価総額1250億円以上で非上場の企業を特別にユニコーン企業と呼びます。最近では日本の巨大ユニコーンであったLINEが上場を表明しましたが、今でもまだ上場せずにユニコーン企業として有名なのが、メルカリ・DMMの2社です。この2つがいつ上場するのかはとても今注目が集まっています。

ベンチャーを新卒の就職先に選ぶ人の特徴とは?

ベンチャー起業に新卒で入る人達に共通するのは、圧倒的な成長意欲です。短期間で自分の可能性を伸ばしたい、裁量権のある仕事をしたい。企業から与えられるキャリアパスではなく自ら未来を切り開きたいという熱量の多い学生が多いのが特徴的です。 またプログラミングやデザイン統計やマーケティングといった自分個人のスキルを学生時代に既に確立している学生が多いことも事実です。リソースが少なく、即戦力が求められるベンチャー企業では、早い段階から社員同様に働ける新入社員はとても重宝されます。

しかしここが陥りがちなポイントです。学生は自分のスキルを評価され、企業側に必要な人材だと認められれば無条件で嬉しいものです。しかしその企業がやっていることが本当に自身のやりたいことなのかをちゃんと判断する必要があります。
学生の時点では視野が狭く、受け入れてくれるベンチャー企業にそのまま就職を決意する学生も少なくありません。しかし自分が本当に作り上げたいもの、成し遂げたいことが実現可能な土壌なのかを見極めることが必要です。これは、ベンチャー企業に関わらず大企業にも言えることです。ネームバリューに憧れて大企業に就職するのも一種の思考停止といえるかもしれません。

▽ベンチャー企業に関する就活生のクチコミはこちら
ベンチャーで働くのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

大企業で得られるスキルとは?

新卒の時点での大企業、ベンチャー企業の仕事の内容には大きな違いがあると考えていいでしょう。大企業の場合、大きなプロジェクトや組織の一員として働くことになります。そのなかで得られるスキルは、スピードとコンセンサスの取り方でしょう。 大きな組織の中では、多くの決断がされています。その中で新入社員に裁量権がある仕事というのはごく限られたものです。新人のうちは、なるべく早く決定権を持っている人に情報を共有することが大切です。スピード感をもって2倍の速さで処理すれば、同じ時間内に普通の人の2倍フィードバックを得ることができます。それを通してより精度の高いアウトプットを出すことができます。

またコンセンサスの取り方というのは、大きな仕事を細分化することから始まります。やらなくてはいけないことが大きすぎると一体どこから手をつけたら良いのかもわかりません。そういった場合は大きなプロセスを細分化し、何人からの合意を取ればいいのかをまず明確に把握することが大切です。そうすることで時間的にも仕事量的にも明確になり、大きな組織も動かしやすくなります。

上記2点に加え、社内関係者との調整能力も大企業において必要不可欠な能力の一つです。コンセンサスを取るのも重要ですが、一筋縄ではいかないのが、大企業の特徴です。関係部署や関係する人が多くなればなるほど、それぞれの人の利害関係が発生してきます。また、仕事が細分化されており、自分の仕事の都合を最優先する人が多く(部分最適の考え)、社員がみんな全体最適を考えやすい環境とは言い難いです。その影響から、自分がしたい事があったとして、他部署や関係者に協力を要請しても、自分の仕事が増えるからと言って消極的な姿勢を取られることも多々見受けられます。その様な状況下、「いかにして関係者の協力を得られるか?」「関係者にどの様なメリットが与えられるか?」を考え、行動できる能力が問われています。

これが大企業で新入社員が得られる基本的スキルです。

ベンチャーで求められる能力

ベンチャーで求められる能力、それは自ら課題を生み出す能力です。成長が止まることがベンチャー企業にとっても最も悪であり、危惧していることです。では成長が止まらないためにはどうしたら良いのでしょうか。 それは、課題を発見し続けるしか方法はありません。もともと大企業が手を出さないような領域で成功を収めるのがベンチャー企業のやり方です。その中でもベンチャー企業であり続けるためには新たな課題を掘り出し続け、付加価値を世の中に提供し続けることが必要です。

企業自体にもそういったマインドが必要ですが、もちろんその中で働く社員一人一人にも課題発見の意識が常に求められます。 課題発見とは社内・社外に関係なく必要です。社内の既存システムに問題を感じ、より効率的な働き方を提案することも企業の成長に貢献しています。 またお客様の課題を深堀りしていくことも大切です。顧客自身が自分で認識している課題が本質的な課題かどうかは怪しいことがあります。そこで第三者の目から潜在ニーズを言語化することで、新たな付加価値を提供することができます。これは企業にとっても新しい発見となり、新規市場開拓へとつながります。これがベンチャー企業で働く人にとって大切なマインドだといえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。大企業・ベンチャー企業とひとくくりにしても様々な企業があります。大企業でも成長過程にある企業であれば、ベンチャー気質な企業である事も少なくありません。自分が本当にやりたい仕事と、自分にあったワークスタイルを考慮して就職先を考える事をお勧めします。

関連リンク

ベンチャーで働くのクチコミ・掲示板 - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:hito-contents:20170727142104p:plain

監修:YAN

・東証一部上場メーカー(従業員数:2万人以上)にて新卒・中途採用の採用業務を担当。新卒・中途採用では、高校・大学・就職活動イベントでの会社プレゼン、書類選考、面接官(1000人以上の学生と面談)を経験。
・会社以外では大学在籍時、就職活動支援サークルにて後輩の就職活動を支援。就職後も学生の就職活動を支援中。