キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

大学の人間関係は難しい?大学生活の人間関係でトラブルを避ける方法

大学は勉強をする場所ですが、友人との出会いや交流も大きな魅力のひとつです。ただし、時には大学での人間関係に悩んで疲れてしまうこともあります。今回は、大学生活での人間関係をこじらせないためのコツについてご紹介します。

大学の人間関係はなぜ難しい?高校までとはどう違う?

「大学の人間関係は難しい」とよくいわれますが、この難しさには2つの種類があります。1つめは、「人間関係の構築の難しさ」。2つめは、「人間関係の維持の難しさ」です。

■人間関係の構築の難しさ
大学は高校とは異なり、周囲との人間関係が生まれないことさえある環境です。高校までは年間を通して同じ教室で同じ授業を受けることが多く、友達作りもしやすい環境にありますが、大学は違います。大学では学生が自由に授業を選択できるため、同じ教室、同じメンバーで毎日を過ごすことはないので、ほとんどの同期とは一度も話さないまま卒業することになります。自分から周囲と交流を持とうとしない限り、卒業までぼっちという可能性も…。ぼっちがいやだという人は、サークルに入ったり、新歓コンパに行ったりなどして、周囲と積極的に関わっていくようにしましょう。

■人間関係の維持の難しさ
大学で友人ができたとしても、関係性を長期的に維持するのもなかなか大変です。先述したとおり、大学では学生が自由に授業を選択できるため、同じ大学内の同期であっても、総合的なカリキュラムは一人ひとり異なります。
そのため、最初は仲がよくてもだんだん話題が合わなくなっていったり、お互いの忙しさの度合いが異なるためにすれ違いが増えたりなどして、友人と疎遠になることもあります。昨今は大学への入学前にSNSで友人を作る人もいますが、事前に友人を作っていた場合であっても同様の理由で交友関係がフェードアウトすることも珍しくありません。

このように大学は、周囲との人間関係の構築と維持が難しい環境です。「1人のほうが好き」という人にとっては過ごしやすい環境ですが、「1人はイヤ!」「友達が欲しい!」という場合は、小中高時代以上に積極性が求められるといえるでしょう。

▽大学別!授業やサークルの情報交換はこちら
講義情報 授業評価 大学別の掲示板 サークル情報 みんなのキャンパス

f:id:hito-contents:20180530172437j:plain出典:pixta

大学生活の人間関係でトラブルを避ける方法 ・サークル内には異性関係を持ち込まない

「友達が欲しい」「趣味の合う人と出会いたい」という人にとってサークルは、交流と知見をひろげられる絶好の場所です。活動が活発なサークルであれば、同じメンバーと毎日顔をあわせることになるので、小・中・高校時代と似た親密な交友関係を築きやすいところも魅力といえます。ただ、親密になりやすいということは、その分、摩擦も起きやすいリスクもあります。特によくあるのが、サークル内恋愛に代表される異性関係のトラブルです。

トラブルの例としては「サークルメンバーのカップルがケンカをしているせいで、全員の雰囲気まで悪くなった」「メンバーの三角関係のせいでサークルが崩壊した」などのとばっちりがあげられます。また、自分自身がサークル内恋愛をした場合にも注意が必要です。いくら恋人が可愛いからといって人目を気にせずにイチャついてしまうと「鬱陶しい」という理由からメンバーとの関係が悪くなってしまうことも珍しくありません。最悪の場合、「サークル内で恋人と仲良くしていたらメンバーとの仲が悪化し、最終的には恋人とも別れてしまった」なんて悲劇も…。サークル内にはできるだけ恋愛を持ち込まないのがベターですが、万が一恋人ができた場合は、メンバーとの友情も大切にするようにしましょう。

大学生活の人間関係でトラブルを避ける方法 ・大学の仲良しグループ内の友達1人とどうしても合わない場合の対処法

これは大学に限った話しではありませんが、親しくしている友達グループの中に「この人とはちょっと合わないなあ」と思う人が混ざっていることがあります。大学で仲良くなった友達グループ内の友達1人とどうしても合わないと、人間関係に疲れたと感じてしまうことも。もし友達とあわないと思った時には、2つのポイントを気をつけてみましょう。

1つめのポイントは、苦手な人とはまず距離をとることです。大学生活は小・中・高校時代と異なり、「合わない」と思った人とすぐに距離をとれるメリットがあります。相手から理不尽な悪口や暴力を受けた際に抗議するのは問題ありませんが、「なんとなく性格が合わない」という感性のみで相手を攻撃するのはできるだけ避けましょう。どうしてもイライラしてしまう人とは自分から距離をとり、気持ちが落ち着くのを待ってみてください。余裕があればサークルやアルバイトを見つけて、新しい交流を持つことも大切です。

2つめのポイントは、相手に対する文句を同じ大学内の人に愚痴らないこと。愚痴る相手が問題の当事者と関わりがない場合でもできるだけやめましょう。「関わりを持っていない人だから話しても平気だろう」と思っていても、噂はどこから回るかわかりません。最悪の場合、人づてに相手に批判が届いてしまうこともありえます。どうしても人に愚痴を聞いてほしいときは大学外の友人か、親族などに留めるようにしましょう。なお、愚痴が多すぎると周囲に悪印象を持たれる可能性があります。大学外の友人や親族に愚痴を言うときも、ほどほどに留めることをおすすめします。

どうしても大学内での人間関係に疲れた場合は大学内に友達を無理に作らなくてもOK

友達ができないと悩んだり、大学内での人間関係に疲れた時は、「大学は勉強するところ」と割り切ることもひとつの方法といえます。大学は義務教育や高校とは異なり、毎日同じクラスメイトと顔をあわせる環境ではありません。友達がいない場合や、何らかの理由で大学内の友人との関係が気まずくなった場合でも、長時間同じメンツ・同じ空間で過ごすことが少ないので比較的気は楽といえるでしょう。

どうしても友達を作りたい場合は、大学の外にも目を向けてみましょう。インカレサークル(大学内外の学生が一緒になって活動するサークル)に入ったり、アルバイトをはじめたりすることで、自身の交流の幅もひろがりやすくなります。同じ趣味を持つ友人が見つかれば、その友人からまた交流がひろがることもあるので、積極的に周囲と話していきましょう。

また、大学内の友達と気まずくなってしまった場合は、一時的に距離を置いてみるのもよいでしょう。もちろん、距離を置くといっても「同じ講義をとっている」などの理由で会うことはありますが、1日中一緒にいるわけではないほか、授業だけ受けてさっさと帰ることもできます。無理につながろうとするとストレスになるので、「チャンスがあれば付き合う」くらいの緩い気持ちで構えるようにしましょう。

但し、大学の友人との交流を控えめにすると、大学生活や就活での情報に疎くなってしまうリスクはあります。大学からの配布物やお知らせにはよく目を通し、提出物の期限などはスケジュール帳にメモをとるようにしましょう。

大学の人間関係でトラブルを避け、楽しいキャンパスライフを送ろう!

人付き合いには楽しさもある反面、時に衝突したり、気まずくなったりすることもあります。ただ、こういったトラブルも人付き合いのうちです。人間関係のトラブルにおける自分なりの対処法を身につけておくことで、今後の社会生活も楽になります。楽しいキャンパスライフを送ってみてくださいね。

関連リンク

講義情報 授業評価 大学別の掲示板 サークル情報 みんなのキャンパス

f:id:epb0804:20180124162803p:plain

著者:ritfiles

音楽と映画の世界を経て、ライター職へ。ビジネス系を中心にオールジャンルで活動しているフリーライターです。飲食店・映画制作会社・税務署・イベントホールなどでのアルバイト経験あり。