治験のアルバイトは高時給って本当?危なくない?バイト内容を解説

新しい薬を開発、認可を受けるために、人体て薬をテストする治験。この治験を受ける人は、一般の人から募集がなされており、比較的高収入が得られることでも人気です。今回は、治験のアルバイトについてくわしくご紹介します。

治験のアルバイトに興味を持ったら知っておこう!治験とは?

治験とは、厚生労働省から薬として認可を受けるために必要な、人体で薬の安全性や有効性を確認するために行われる臨床試験のこと。動物実験のあとになされるもので、実際に薬を服用して身体に対する作用を調べるもので、薬の開発には欠かせません。治験は、厚生労働省が定めた治験を実施の際に守るべきルール・GCP(Good Clinical Practice)という基準をもとに医師の監督により、以下のようなステップで実施されます。

■治験の対象と内容
治験は3つのステップで行われます。まずは、健康な人を対象として行われる第1相。薬の安全性について試験を行います。おもに薬の吸収や排泄について調べることが目的で、比較的長期にわたる案件が多いことが特徴です。続く第2相では、効果や安全性を調査します。薬の作用があらわれる疾患のある人を対象に、用量や用法を決定するために行われます。そして、さらに多数の疾患のある人を対象に、効果や安全性の確認をする試験が第3相。治験の最終段階であり、類似薬や疑似薬との比較も行われます。

■治験のほかに臨床試験のアルバイトも
薬のほかには、健康食品や化粧品でも商品開発の過程で臨床試験が行われます。治験と同じように、人体で実際に被検物を使用し、どのような作用があらわれるか調査がされており、こちらもアルバイトが可能です。

▽治験のアルバイト情報はこちら
治験関連のアルバイト求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:hito-contents:20180528135324j:plain出典:fotolia

治験のアルバイトの仕事内容と給料は?

では、実際に治験のアルバイトとはどのようなことをするのでしょうか。仕事の内容と給料についてみていきましょう。

■治験のアルバイトの仕事内容
治験のアルバイトの内容は、決められた条件で薬などを服用し、血液検査などの検査や測定、診察を受けることです。特別な技能などは必要ありませんが、薬の作用を正しく調べなければならないため、薬を飲むだけでなく、食事や行動についても管理される点に注意。また、万一薬の副作用が出た場合には、責任を持って対処を受けられるようになっています。
アルバイトの時間は、治験の目的や薬の種類によって異なり、通院で可能なものや、入院が必要なもの、通院と入院を組み合わせたものなどさまざま。また、期間についても短いものでは1日で終了するものから、長いものでは数ヵ月を要するものなどがあります。

■給料の目安
治験のアルバイトは、心身の負担に対する協力費が設定されているボランティアという形になっており、もらえる額は1回の通院で7,000円~1万円、入院の場合は1泊1万円~2万円程度が相場です。健康食品や化粧品の臨床試験の場合は、試験内容が簡単なこともあり、協力費は一般的に治験よりも安価になります。

治験のアルバイトに向いている人とは?

治験のアルバイトは、その治験が募集している条件に合致している必要があります。健康な人を対象とした治験の場合、痩せすぎや太り過ぎの場合や、血圧に異常がある場合、持病がある場合などは参加ができません。健康で標準的な体型の人に向いているアルバイトといえますが、逆に、アレルギーや高血圧、高血糖など、特定の症状がある人を対象とした治験も。案件を探す場合には、よく条件を確認しましょう。
また、治験は入院や長期にわたる協力が必要な場合もあります。その点では、以下にあてはまる人が向いているといえるでしょう。

■十分な時間が取れる人
入院をともなう治験の場合、指定された一定の日数の間は入院しなければなりません。また、通院タイプの場合も、治験計画に沿って通院スケジュールが決められています。十分な時間が取れる人に向いているアルバイトといえます。

■たばこを吸わない人
多くの治験で、参加条件として非喫煙者であることや、試験参加中は禁煙できることが定められています。そのため、たばこを吸わない人のほうが向いているでしょう。

■集団生活が苦にならない人
入院の治験の場合には、基本的に大部屋での生活となります。また、決められた時間どおりに生活しなければならないなどの制約もあるので、集団生活が苦にならない人に向いています。

治験のアルバイトのメリット・デメリット

条件が合えば可能な治験のアルバイトですが、ほかのアルバイトと比較してどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

■治験のアルバイトのメリット
治験のアルバイトのメリットといえば、一般のアルバイトよりも多くの収入が得られること。しかし、そのほかにもメリットはたくさんあります。
ひとつは、健康状態をチェックできること。治験に参加するにあたっては、身体的条件を満たしているかどうか、事前の健康診断が必要ですが、これを無料もしくは謝礼をもらって受けることができます。もうひとつは、治験に参加することで生活リズムを整えられることです。治験に参加する場合、入院する場合では規則正しい生活を送らなければなりません。通院の場合でも、試験期間中は食事や生活について記録する必要があったり、指導されたりすることもありますので、自然に健康的な生活が送れるようになります。

■治験のアルバイトのデメリット
治験に参加している間は、禁煙や禁酒が必要であったり、食事規定や激しい運動の禁止が禁止されたりなど、生活に制限を受けることがあります。入院が必要な場合には、これに加え、長い拘束時間が発生します。入院中、検査以外の時間は、読書や勉強など自由にできますが、外出はできませんし、スマートフォンの使用については制限を受ける場合もあるので注意しましょう。また、治験の薬については十分に研究されているものですが、体質などでまれに副作用が出ることも。治験中はもちろん、治験終了後も対処や補償がありますが、リスクのひとつとして頭に入れておきましょう。

治験のアルバイトの注意点

大学生が治験のアルバイトを行う場合、一番注意しないといけないことは、時間のやりくりです。治験のアルバイトは、シフト制のアルバイトのように自分の予定に合わせてスケジュールを変更することは原則できないので、学校の試験や行事と被らない範囲のものを選択しましょう。また、治験の内容によっては、一度参加したあとは数ヵ月から半年程度は次の治験に参加することはできない点にも注意が必要です。それは、以前の治験が次の治験に影響を与えないようにするために、投薬期間をあけなければならないからです。加えて、希望したからといって必ずしも被験者に選ばれるわけでもないので、安定したアルバイト収入がほしいという人には向いていないかもしれません。

条件が合えば治験のアルバイトはおすすめ!

新薬開発の過程で、薬の人体への作用を測定する治験のアルバイトは、高収入で社会貢献にも役立ちます。参加条件があるため、誰でもできるアルバイトではありませんが、条件が合う場合には検討してみてはいかがでしょうか。

関連リンク

治験関連のアルバイト求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ
臨床試験関連のアルバイト求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:epb0804:20180124162809p:plain

著者:みゅぜ

フリーライター。大手GMSでのアルバイトを中心に、空き時間には各種調査からテレアポ、イベントスタッフなどさまざまなアルバイトの経験を重ねる。ライターとして独立後は、就職支援サイトでのニュースや自己の経験を元にした多数の記事執筆を行っている。