インターン選びで失敗しない!探し方のポイントと注意すべきこと

今学生の間で人気のインターンですが、巷ではインターンで給料がもらえなかった、ブラックすぎて大学の授業に支障がでた。といった声を聞くことも少なくありません。インターンという言葉に流され、自分が本当にやりたいこと以外に時間をかけるのはせっかくの学生時代にとても勿体ないことです。そこで本当に自分の働きたいと思えるインターン先を見つけるポイントをご紹介していきます。

インターンに行く目的を明確にしよう

心から行きたい!頑張れる!と思うインターン先を見つけるには、まず自分の中でインターンに行く理由を明確にしましょう。
その目的によって企業を選ぶ基準が変わってきます。
お金を稼ぎたい・プログラミングを学びたい・営業力をつけたい・ライティング能力を上げたいなど、目的は色々とあるはずです。もしくは企業に憧れて、そのまま就職することも考えているという人もいるかもしれません。
そういった自分が最初にインターンに参加したいと思った理由に立ち返ることが大切です。

期間別インターンの内容

インターンと一言でいても様々です。期間という視点でみると、1日、3~5日間程度、2週間、1ヵ月、1ヵ月以上に分けられます。
1日のインターンは、企業の紹介や簡単なグループワークが中心です。これは企業側の宣伝や選考が目的なのでインターンから何か学びたいと思っている人には非効率な選択肢でしょう。ただしその企業に入りたいと考えている人にとっては、企業研究の大きな一歩となるので、是非参加してみましょう。
3~5日程度のインターンになると、グループワークでの成果が求められるようになります。これもまた選考が中心です。自分で何か得るというよりはアウトプットが中心になります。成果を出せれば選考に招待されると考えてよいでしょう。
2週間以上のインターンになってはじめて、インプットする機会が生まれます。例えば1ヶ月の就業体験で社員さんと一緒に働くことで、社会人としての心持ちや基本的なビジネスマナーを身につけることが出来ます。本格的にインターンで成長したいと思うのなら、長期インターンをお勧めします。実際、コードの書き方や営業など実務を身につけるためには1ヵ月以上の長期インターンがお勧めです。

就職サイトを活用しよう

自分のインターンに行く目的を明確にできたら、早速インターン先を見つけていきましょう。まずは王道の就職サイトの活用です。
有名就活サイトには多くの企業がインターン募集を掲載していますから、必ず自分の行きたいと思える企業を見つけることができるはずです。また、こういった大手の就活サイトには大抵「スカウト機能」が準備されています。
一つ一つ企業をチェックしていくのは大変ですが、スカウト機能を活用することでオファーをが来れば効率的に企業をチェックすることができます。そのためは自分のプロフィールを充実させることがポイントです。興味のある分野や身に付けたいスキルなど、細かく書くことでオファーが来る確率がアップします。是非活用してみてください。
また就活サイトには多くの先輩たちの体験談が載っています。企業の人による説明も参考になりますが、実際に行った人の体験談ほど参考にできるものはありません。いろいろな就活サイトの体験談をもとに、自分が求めているものが得られるインターンかどうかをきちんと見定めることがとても大切です。
またそういったサイトにはインターン選考の内容も書いてあるので同時に選考の対策を練ることができてとても便利です。

f:id:hito-contents:20180130154612j:plain出典:pixta

SNSを活用しよう

スタートアップやベンチャー企業のインターンを探すにはSNS活用も欠かせません。Twitterやfacebookに企業のインターン情報が記載されていることは少なくありません。18年卒の就活情報アカウントを積極的にフォローすれば、リツイートであらゆる企業のインターン情報を手に入れることが可能です。また、気になる企業の広報の方やCEOアカウントをフォローすればインターン情報に関わらず様々な情報を入手することができます。情報戦と呼ばれる現代の就活を攻略するにはSNSは欠かせない情報ツールです。
またOB・OGを活用するのも一つの手です。大学のつながりというのはすごいものです。知り合いの先輩の紹介で、目的の企業の人事に会わせていただけることも少なくありません。人脈ばかりにたよるのも問題ですが、使える人脈は有効活用しない 手はありません。
大学の就職課に行くと、企業別にOB・OGの名簿が作られています。そこで直接連絡をとって企業訪問にこぎつけるのも手です。そこから他企業の方を紹介していただきインターン情報を入手していければ効率的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。いろんな企業でインターンが行われている中で自分にあったインターンを探すのはとても大変なことです。
しかしここでチャンスをつかむことができれば、就活に大きなアドバンテージになることは間違いありません。
是非自分のインターンへの目的をしっかりと見つめなおすことから始めてみてくださいね。

関連リンク

指定企業の投稿でQUOカードをプレゼント!インターン体験記募集中

f:id:hito-contents:20170801113356p:plain

監修:小室直子

臨床発達心理士
中級教育カウンセラー
東北福祉大学大学院修士課程卒業後、専門学校専任講師、大学の非常勤講師として心理学系科目の講義を行うかたわら、のべ200名の就職支援の経験を持つ。