キャリマガ
就活ノウハウ満載!
キャリアを広げるウェブマガジン

【40歳からの転職の注意点】面接官が年下だった時の対応こそ慎重に

40歳以降での転職活動の場合、面接に明らかに自分よりも年下の面接官が出てくる場合があります。面接の場面では当然マナーある態度を取る必要がありますので、そのようなケースでの態度や言動についての注意点を紹介します。

40歳からの転職者は要注意!面接官が年下だからと横柄な態度になっていないか

面接官が年下の場合、自分でも気がつかないうちに無意識的に横暴な態度を取ってしまうことがあり、面接での評価を下げてしまっているケースもあります。そうならないためにも、自分よりも明らかに年下の面接官が出てきても落ち着いて堂々とアピールをしつつ、面接官に悪い印象を与えないようにする必要があります。

特に40歳以降の経験を豊富に持っている人の転職活動の場合、面接の場面ではその保有している豊富な実務経験や実績などをしっかりと自信を持ってアピールをしていく必要があります。ただし、そのように自分の実績などに自信がある転職者の場合、面接官が自分より年下に見えた場合に、無意識で態度や発言が横柄になってしまっているケースがあるのです。特に、自身に面接官と同じ年代の部下などがいるような場合には、つい面接で話が盛りあがったときに馴れ馴れしく話をしてしまうことも…。経験や実績については堂々とアピールする一方で、面接の中で横柄さや馴れ馴れしさなどが出ないように配慮し、面接官に与える印象を最大限意識する必要があります。

f:id:hito-contents:20180522110200j:plain出典:fotolia

40歳からの転職者が注意したい年下面接官への対応【NGな態度】

次に、面接官が自分より明らかに年下だと分かった場合に無意識に出やすい態度を具体的な事例をもとに解説します。

まず気をつけなければならない点としては、「挨拶でおじぎをしない」「おじぎの角度が浅い」「面接官が座ってもよいと指示される前に椅子に座る」など。面接が始まったばかりのタイミングで、面接官が明らかに自分よりも年下であると分かると気を抜いてしまい、このような初歩的なビジネスのマナーを忘れてしまいがちになるためです。
しかし、面接では第一印象は非常に重要です。この第一印象で面接官に対して悪い印象を与えてしまうと、その後に挽回をするのが難しくなるので、最初の印象については特に気をつけるようにしましょう。

また、面接中にも態度にも注意が必要です。特に面接では話す内容の方に意識がいってしまうため、つい「座り方」や「態度」などが無意識にNGな態度を取ってしまいがちです。具体的には、「椅子の背もたれによりかかって座る」、「足を大きく開く」「肘掛けに腕を乗せる」など。普段しているような面接の場面で出てしまうと、横暴な印象を与えかねません。

そのほかにも、「腕を組みながら話を聞く」や「面接官を指差してしまう」「椅子を直さずそのまま退席してしまう」など、自分ではなかなか気づかない無意識で出てしまう態度もあるので注意しましょう。

このような無意識な態度は、少し気をつけただけでは面接という非日常的な場面だとすぐに出てしまいがち。無意識に出てしまう態度だからこそ気をつけたいところです。また、面接に出てくる面接官は、その会社に入社後には貴方と一緒に働く人かもしれません。そのように入社後も関係性が続いていく場合、面接官は「この人と一緒に仕事をできるだろうか」「この人はいい人だろうか」と転職者を気にしています。

そのため、面接の場面で横暴な印象を面接官に与えてしまうと、面接官から「この人とうまくやっていくことは難しそう」という思いを抱かせてしまい、面接で落ちてしまう要因となってしまいますので、注意しましょう。

40歳からの転職者が注意したい年下面接官への対応【NGな発言・返答】

次に、年下面接官へのNGな発言や返答についてを具体的な事例をもとに解説します。
面接の場面で出てしまいがちなのが、「面接官の話を遮る」「自己主張の話ばかりとなる」といった面接官の話を聞かないような返答をしてしまうこと。特に相手の面接官が明らかに年下で、面接官も敬語で接してきたり、腰の低い対応をされたりする場合には、つい面接官の質問を最後まで聞かずに答えてしまったり、自分の話ばかりが中心となってしまうことがあります。

また、面接官の話を聞くように気をつけたとしても、語尾や発言の癖などが出てしまうこともよくあります。
例えば、面接の中で「フランクな口調になる」や「相槌が『うん、うん』と上司のような口調になる」など普段の癖があげられます。特に面接が話しやすい雰囲気になってしまうと、普段通りの話し方になってしまいますので、NG発言に注意しましょう。

中でも、最も面接で注意しないといけない点としては、マネージャーとしての心構えや仕事に向き合う姿勢などを聞かれた際の発言です。特に40歳からの転職だと、転職先でマネージャー職のように部下を抱えるポジションに就くケースも少なくありません。しかし、例えば「部下や仕事ができない人へ厳しい発言をする」や「マネージャーとして部下に厳しい要求をする」というような話をすると、面接官の印象が悪くなってしまう恐れがあります。それは、面接官が将来的に自身の部下になる人かもしれないからです。応募者がマネージャーとして部下に厳しい発言や要求をするような人の場合、面接官から「この転職者の部下としてはやっていけない」と思われ、落ちてしまう可能性が高くなります。面接中は、面接官が「将来的に部下になるかもしれない」と意識をした発言を行うように意識をしましょう。

このように、面接官がどんなに年下であっても相手に配慮し、礼儀・謙虚さをしっかりともって面接で対応をする必要があります。しかし、面接の場だけで意識をしたとしても、ここで紹介をしたようなNGな発言や返答、癖などは思いがけず出てしまうことも。そこで、40歳以降で転職活動をしようとしている方の場合は、面接が決まる前の普段から同僚や部下に対しての接し方なども常日頃から意識していくことで、実際の面接の場面でしっかりと対応することができます。

40歳からの転職は面接官が年下でも対応は謙虚・丁寧を基本に

ここでは、年下の面接官に対する発言や態度に関する注意しないといけない点についてを解説してきました。態度や言葉遣いでマイナスの印象になってしまうのはもったいないものです。面接官が年下でも、社会人としての立ち振る舞いを常に意識して、好印象を抱いてもらえるような面接につなげていきましょう。

関連リンク

転職・仕事探しの掲示板・クチコミ - みん就(みんなの就職活動日記)

f:id:epb0804:20180223110542j:plain

著者:三宅雄太

-キャリアアドバイザー
-ファイナンシャルプランナー
-宅建士
株式会社インテリジェンスにて5年間、キャリアコンサルタント職に従事。延べ1000人以上にキャリアカウンセリングを実施、約250名の転職成功を実現。 その後、ファイナンシャルプランナー・宅建士の資格も取得することによって、人生における三大テーマである「仕事」「お金」「家」の全ての領域でのプロフェッショナルとなる。 現在は、これら3つの領域を分かりやすく伝えるため不動産や転職・求人領域のメディア編集長として活動中。