遊園地やテーマパークでアルバイト!仕事の内容や魅力を解説

遊園地やテーマパークでのアルバイトには、働いている側も自然と笑顔になってしまう不思議な魅力があります。今回は遊園地やテーマパークでのアルバイトの具体的な仕事内容や魅力、やりがいなどについて詳しくご紹介しましょう。

遊園地やテーマパークのアルバイトの内容とは?

遊園地やテーマパークでのアルバイトには、アトラクションスタッフ、チケット売場の販売スタッフ、物販スタッフ、清掃員、フードコートスタッフなどの仕事があります。たとえばアトラクションスタッフは、アトラクションの操作やお客様の誘導を行うスタッフのことです。アトラクションの雰囲気にあったテンションで場を盛り上げたり、アトラクションの運転操作をしたり、乗り物の安全バーの確認をしたりなど、お客様の笑顔と安全を守る仕事といえます。「遊園地でのアルバイト」といえば真っ先にイメージされやすい仕事です。

また、チケット売り場や物販コーナーでは販売スタッフが活躍します。たとえばチケット売り場の販売スタッフは文字どおり入園チケットを販売することが仕事ですが、とにかく求められやすいのが「笑顔」です。また、遊園地の中には園内の世界観を守るために、スタッフ全員の言葉遣いを統一する職場もあります。園のルールに則りつつ、来園されたお客様を笑顔で「いってらっしゃい」と送り出しましょう。

フードコートスタッフや清掃員は飲食系の仕事や清掃のアルバイトと仕事内容がほぼ同じですが、やはり遊園地の世界観にあったふるまいが求められることや、時としてお客様の案内も頼まれるところが大きな違いといえます。「このアトラクションにはどうやって行けばいいの?」「一番近いトイレはどこ?」「このお土産が欲しいんだけど、どこに売ってる?」など、お客様の疑問のパターンは決まっていることが多いので、事前に予習しておくと安心です。

▽遊園地やテーマパークでアルバイトをしたい人は必見!
遊園地・テーマパーク関連のアルバイト求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:hito-contents:20180523153746j:plain出典:fotolia

遊園地やテーマパークのアルバイトのやりがいやメリット

遊園地やテーマパークでのアルバイトには、主に2つのメリットがあります。ひとつ目のメリットは、お客様が楽しんでいる様子が見られることです。遊園地を訪れるお客様の多くは、「これから遊べるんだ」という楽しい気分で来園します。園内で楽しいイベントやアトラクションに出会えた場合は、表情もさらに和やかに、楽しそうになります。直接お客様からお礼をいただくことも多いので、働く側としては魅力的な職場といえるでしょう。ただし、遊園地は混雑しやすいことや、天候の影響を受けやすいことから、逆にストレスを溜めてしまうお客様も出てきます。お客様のニーズに応じて、臨機応変にフォローしていきましょう。

2つめのメリットは、施設利用の優待が受けられる可能性があることです。遊園地によってはスタッフにフリーパスが配られることや、提携先の宿泊施設の優待を受けられることもあります。「その遊園地が好きでたまらない」という人には特に嬉しい特典といえるでしょう。優待の内容についてはアルバイトの求人情報に記載されていることも多いので、事前にぜひチェックしてみてくださいね。

なお、「遊園地でのアルバイト」とひとくちにいっても、担当するポジションによって仕事内容が大きく変わります。遊園地のアルバイトでは、求人に応募する時点で「アトラクション係」「販売スタッフ」「清掃員」というように役割がわかれていることが多いので、あらかじめ希望のポジションを決めてから応募するようにしましょう。

遊園地やテーマパークのアルバイトのデメリットや注意点

遊園地やテーマパークでのアルバイトには魅力もたくさんありますが、事前に知っておきたいポイントが3つあります。ひとつ目のポイントは、労働する際の環境についてです。テーマパークや遊園地での仕事の中には、野外で行うものも多くあります。場合によっては悪天候の中で仕事をする必要があるほか、お客様の体調不良や怪我にも冷静に対処しなければなりません。また、真夏や真冬は厳しい気温の中で仕事をするため、熱中症や風邪にかからない体力が求められます。自己管理能力が問われやすい仕事といえるでしょう。

2つめのポイントは、遊園地の繁忙期にシフトが多く入りやすい点です。遊園地の繁忙期としては、土日祝日や大型連休、年末年始などがあげられます。多くの人が休暇を取りやすい時期は遊園地やテーマパークへの来園者も増加しやすいので、必然的にアルバイトのシフトも増える傾向にあります。「土日祝日やゴールデンウィークはしっかり遊びたい」という人には不向きの仕事といえるでしょう。

3つめのポイントは、身だしなみや言葉遣いなどが厳しい職場もある点です。たとえば話し方ひとつとっても、「話す時は笑顔で」「『お会計』や『いらっしゃいませ』というワードは世界観を壊すのでいってはいけない」などのルールが課せられたりします。また、身だしなみに関しては、髪の色や長さを指定される、ネイルなどを禁止されることも。遊園地やテーマパークの多くは、その園独特の世界観を大切にしているため、雰囲気にあわない言葉遣いや服装は注意される傾向にあります。「アルバイトの服装や言葉遣いは緩めのほうがいい」という人は、別のアルバイトを探したほうがよいかもしれませんね。

遊園地やテーマパークでのアルバイトに向いている人・必要なスキル

遊園地やテーマパークでのアルバイトに向いているのは、コミュニケーション能力が高い人や、子ども好きな人、体力がある人、周りを喜ばせるのが好きな人などです。まずコミュニケーション能力が求められやすい理由は、テーマパークでのアルバイトの主な仕事が接客だからといえます。テーマパークの仕事にはアトラクションのスタッフや飲食のホール、清掃員、パーキングでの誘導など、実にさまざまな役目がありますが、どの仕事においてもお客様に笑顔で接する姿勢や、相手の疑問にわかりやすく答えるスキルが必要です。小さな子に話しかけることも多いので、子どもが好きな人や、あやし上手な人などは特に働きやすい環境といえるでしょう。

また、体力がある人にもぴったりのアルバイトといえます。遊園地やテーマパークでのアルバイトは、基本的に立ち仕事です。加えて、パーキングでの誘導やアトラクションの案内人など、屋外での仕事を任されるケースも珍しくありません。飲食のホールスタッフや屋内のアトラクションの担当になれば冷暖房がきいた環境で働けますが、仕事の担当については必ず要望が通るわけではないので、どうしても屋内で働きたいという人は別のアルバイトを探すことをおすすめします。

なお、遊園地やテーマパークでのアルバイトは、スタッフ同士の連携が仕事の効率化のカギとなります。お客様とのコミュニケーションだけでなく、スタッフとの交流や連携があまり苦でない人におすすめの仕事です。

遊園地やテーマパークのアルバイトは好きな人こそチャレンジ

遊園地やテーマパークでのアルバイトには体力的に厳しい面も多くありますが、周囲を笑顔にするのが好きな人にはぴったりの仕事でもあります。テーマパークが好きな人はぜひアルバイトに応募してみてはいかがでしょうか。

関連リンク

遊園地・テーマパーク関連のアルバイト求人検索結果 - 楽天みん就 求人サーチ

f:id:epb0804:20180124162803p:plain

著者:ritfiles

音楽と映画の世界を経て、ライター職へ。ビジネス系を中心にオールジャンルで活動しているフリーライターです。飲食店・映画制作会社・税務署・イベントホールなどでのアルバイト経験あり。